信濃國一之宮・諏訪大社/上社本宮

20150721

鎮座地:長野県諏訪市中洲宮山1番地

境内図
150721suwa01.jpg


この日、尖石縄文考古館、上社前宮に続き、参拝しました。
駐車場から正門にまわり、参道に沿って参拝しました。

まず神橋があり、それを渡ると鳥居です。
150721suwa02.jpg


神橋の手前右側に手水舎があり。
手水舎の建物は天保2年(1831)の建立です。脇を流れる小川は御手洗川で、古くはこの川で身心を清めてお参りしました。諏訪大社の七不思講の一つに「元朝の蛙狩り」と言うのがあり。毎年正月元旦に行われる「蛙狩り神事」に、この御手洗川の神橋の上の一段高い所で氷を砕いて川底を堀り、二匹の赤蛙を捕え、神前で柳の弓を以って射通し、矢串のまゝお供えしますが、附近に川が少ない為か、どんなに寒い年でも蛙が取れ、七不思議の一つとされている。
150721suwa03.jpg


150721suwa04.jpg


神橋
150721suwa05.jpg


社名板
150721suwa06.jpg


諏訪大社(すわたいしゃ)は、長野県の諏訪湖の周辺に4箇所の境内地をもつ神社です。
信濃國一之宮。神位は正一位。全国各地にある諏訪神社総本社であり、 国内にある最も古い神社の一つとされています。
諏訪大社の歴史は大変古く古事記の中では出雲を舞台に国譲りに反対して諏訪までやってきて、そこに国を築いたとあり、また日本書紀には持統天皇が勅使を派遣したと書かれています。

諏訪大社には本殿と呼ばれる建物がありません。代りに秋宮は一位の木を春宮は杉の木を御神木とし、上社は御山を御神体として拝しています。

古代の神社には社殿がなかったとも言われて、諏訪大社はその古くからの姿を残しています。

諏訪明神は古くは風・水の守護神で五穀豊穣を祈る神。また武勇の神として広く信迎され、現在は生命の根源・生活の源を守る神として、多くの人が参拝に訪れます。

鎮座の年代、起源等の詳細については知るすべもないが、我国最古の神社の一つに数えられています。延喜式神名帳には南方刀美神社(みなかたとみのかみのやしろ)と記され、信濃国四十八座の第一にあり、当時既に信濃國一之宮として信仰されていたことがわかります。

明治四年に国幣中社に列格、同二十九年に官幣中社、大正五年に官幣大社に昇格し、終戦を迎え昭和二十三年に諏訪大社と改称致しました。

全国に分布する分社は一万有余社を数え、お諏訪さま、諏訪大明神と親しまれ、敬まわれつつ巾広い信仰を有し、古くからある信仰には風と水を司る竜神の信仰や、風や水に直接関係のある農業の守護神としての信仰が著名です。また水の信仰が海の守り神となり、古くからある港の近くには必ずと言っても良い程にお諏訪さまがお祀りされています。

神功皇后の三韓出兵や坂上田村麿の東夷平定にも神助ありと伝えられ、東関第一の軍さ神、武家の守護神とも尊ばれて来ました。

鳥居をくぐります。
150721suwa07.jpg


○出早社
左手に、まずあるのが「出早社(いずはやしゃ)」
上社の地主神、お諏訪様の門番の神様と伝えられますが、祭神は諏訪大神の御子神「出早雄命」です。古くからイボ神様として敬まわれ、小石を捧げてイボの全快を祈る風習があります。
150721suwa08.jpg


150721suwa09.jpg


○駒形屋
神馬舎とも言い、諏訪大神の御神馬の屋形で、諏訪湖におみわたりが出来た朝御神馬の身体中が汗で濡れており、附近の人々はお諏訪さまが御神馬で湖上を渡られるのだと驚き懼れたと中世の記録にあります。明治以後は現在のように木製の御神馬を祀っておりますが、明治27年7月に大風で近くの欅の大木が倒れ、この神馬舎が倒壊した時、御神馬は十米程前に跳び出た為少しも被害がなかったと、伝えられている。
150721suwa10.jpg


「駒形屋」と「布橋」の間に大欅あり。
樹齢約千年。古くは贄(にえ)・御狩の獲物(お供物)を掛けて祈願をしたことから「贄掛けの欅」と呼ばれ。境内最古の樹木の一つである。
150721suwa11.jpg


150721suwa12.jpg


150721suwa13.jpg


反対側から
150721suwa14.jpg


布橋の前に、面白い石灯篭あり。
享保20年(1735)造立
150721suwa15.jpg


見事なハートが
150721suwa16.jpg


狭山市の廣瀬神社にも、大正11年奉納の石灯篭にやはりハートのマークがあり、気になっていたので調べてみると、ハートマークは約450年前1560年頃、ヨーロッパからトランプが伝わったときにハートやダイヤ、クラブとともに伝えられました。江戸時代初期にこれが服飾や靴、帽子の模様に取り入れられます。いわゆる『キリシタン文化』です。
加賀藩はキリシタン大名の高山右近が長く暮らした(高山南坊と称した)ことからもキリシタン文化と縁が深く、江戸時代のハートマークが残っているそうです。

○布橋
入口御門・布橋(ぬのばし)
御門は一八二九年文政十二年の建立で、地元の宮大工原五左衛門が棟領ですが、雄大な構とその彫刻は見事な出来ばえと称えられています。長廊は約70m、三十八間あり、明治維新迄は上社の大祝(おおほうり)のみ通った所でその時に布を敷いたことから布橋の名称が附いています。現在でも御柱祭の遷座祭には近郷の婦人連が自分の手で織り上げた布を持って釆て、神様(神輿)の通る道筋に敷くことを例としております。
150721suwa17.jpg


150721suwa18.jpg


150721suwa19.jpg


○額殿及御柱曳綱
文政年間の建立で、参詣者の祈願やその御礼として奉納された額や絵馬を納めた所で絵馬堂とも言います。戦前迄は廊下の上にも無数に掲げられていましたが整理されております。尚床の上にある太い綱は御柱を曳いた時の綱で、藤葛を使ったり、藁や縄を使って、村中の人々が総出で作ります。太いのは元綱と言い、柱につけ、順次細い網をつなぎます。柱に依っても違いますが、百二、三十米から二、三百米にも及び、それに小綱をつけて引き摺ります。
150721suwa20.jpg


150721suwa21.jpg


主な絵馬
150721suwa22.jpg


150721suwa23.jpg


150721suwa24.jpg


150721suwa25.jpg


150721suwa26.jpg


150721suwa27.jpg


○摂末社遥拝所
額殿に続く細長い建物でこれも文政年間の造営です。上社に特に関係の深い摂社や末社の神号殿で、上の十三所中の十三所、下の十三所で合計三十九杜の御名を掲げてあり昔は十三所遥拝所とも言いました。現在大社の摂末社は上社関係が四十二社、下社関係は二十七社あり、明治以後独立した関係摂末社迄合わせるとその数九十五社に及びます。上下四杜の境内を始め郡下に点在しておりますが、その摂末社を朝夕こちらで遥拝します。
150721suwa28.jpg


○大国主命社
遥拝所の隣の小さをお社は、大国主命社でお諏訪さまの御父神、大国さまをお祭りしている。
150721suwa29.jpg


○勅使殿と五間廊
大国主命社の前、廊下の反対側にある高低二つの建物で、高い方が勅使殿です。中世の記録には、御門戸屋又は帝屋とあります。朝廷から来られた勅使が着座をされたので、この名称が付いたと思われますが、色々な神事がこゝで行なわれました。低い方の建物は五間廊と言いますが、神長官以下の神職が着座したところだと伝えられ、勅使殿は元和年間(1620)頃、五間廊は安永2年(1773)に建てられたものですが、後に改築してあります。
150721suwa30.jpg


勅使殿
150721suwa31.jpg


五間廊
150721suwa32.jpg


○御宝殿(ごほうでん)
廊下の左側にある茅葺の建物で、本宮では一番大切な御殿です。二殿のうち左側を東御宝殿右側を西御宝殿と言い、御柱祭毎に交互に建替えをします。中にはお諏訪さまの御神輿をお納めしてあり、一般の神社の御本殿に相当します。この御宝殿の屋根からはどんなに干天の時でも最低三滴は水滴が落ちると言われ、宝殿の天滴と言って七不思議の一つに挙げられ、諏訪大神が水の守護神として広く崇敬される根元にもなっています。
150721suwa33.jpg


○四脚門
二つの御宝殿の聞にある建物で、天正十年(1582)に兵変に依り焼失したものを慶長十三年(1608)に徳川家康が家臣大久保石見守長安に命じて造営寄進し、国家の安泰を祈願しました。別名を勅使門と言います。
150721suwa34.jpg


150721suwa35.jpg


○神楽殿
文政十年(1827)の建立で、上社では一番大きな建物です。大々神楽や湯立神事が毎日行なわれていたようですが、現在は残念なことにその神楽は伝わっておりません。中に納めてある大太鼓は江戸時代のもので、直径が一米八十あり、当国随一の大きなものと言われ、唯今では元旦の朝だけ打つことにしております。
150721suwa36.jpg


150721suwa37.jpg


150721suwa38.jpg


150721suwa39.jpg


150721suwa40.jpg


神楽殿の横に相撲場あり。
150721suwa41.jpg


○天流水舎
神楽殿前の屋根にエントツのようなものがついた建物で、俗にお天水と言います。どんな晴天の日でも雫が入り、御宝殿の軒からの天滴と共に中の井戸に溜ると言われております。雨乞の折にこのお天水を青竹に頂いて帰り神事をすると必ず雨が降ると伝えられ、唯今でも近郷近県からの祈願があります。この時途中で休むとそこで雨
が降るので昔は若者達がリレー式に運んだそうです。又このお天水は天竜川の水源とも伝えられています。
150721suwa42.jpg


150721suwa43.jpg


150721suwa44.jpg


北参道側の大鳥居
150721suwa45.jpg


○狛犬
下社秋宮の大狛犬の原型で、作者清水氏の好意に依り、大社ゆかりの方が昭和四十九年十月に奉納されたもの。
150721suwa46.jpg


150721suwa47.jpg


150721suwa48.jpg


社号標
150721suwa49.jpg


手水舎
150721suwa50.jpg


○明神湯
往古より諏訪明神ゆかりの温泉とされ諏訪の温泉の源泉とも伝えられている。
ここでは、私は明神湯で手を浄めた。
150721suwa51.jpg


150721suwa52.jpg


○五穀の種池
清祓池の脇の小さな石の池で、毎年春になると種粒を浸してその浮き沈みに依って豊凶を占っており、現在でも近郷農家の人々に親しまれています。
150721suwa53.jpg


○雷電像
諏訪大神は昔から力の強い神様としても知られ、相撲とは関係が深く、神社でも年々相撲神事が行をわれており、多くの力士も参拝しています。この像は信州が生んだ江戸時代の大力士雷電の等身大のもので、お諏訪さまに対して拝礼の誠を捧げている姿です。
茅野市出身の矢崎虎夫氏が、文部大臣賞受賞を記念して昭和41年10月に奉納されたもので、横綱柏戸関(鏡山親方)がモデルだそうです。
150721suwa54.jpg


○塀重門
石段の上の門で、文政12年(1829)のものです。
150721suwa55.jpg


150721suwa56.jpg


塀重門から右にちょっと寄ったところから中に入ると、また手水盤があり。
向うに見えるのが参拝所。
150721suwa57.jpg


○御社殿
本宮の建物は「諏訪造り」の代表的なもので、一種独特の形式を備えています。
正面に拝殿と幣殿が続き、その奥には御本殿はありません。拝殿の左側を右片拝殿、右側は左片拝殿と山を背にした建物を脇片拝殿と言います。
この本宮の昔の建物は極彩色で結構ずくめの社殿でしたが、天正十年(1582)に織田信長の軍勢の兵火の為灰塵に帰し、天正十二年(1584)諏訪藩主諏訪頼忠が造営に着手し仮殿が作られ、更に年元和三年(1617)に諏訪頼水が地元の宮大工に命じ再建しましたが、この建物は、嘉永年間に郡内富士見町乙事の諏訪神社に移転しました。これは桃山時代の代表的建築物として国宝に指定されています。
現在の建物は江戸時代の末期天保二年から九年(1838)迄八年の歳月を要して、二代目立川和四郎富昌が次男の富種や地元神宮寺の宮大工原五左衛門親成と共に建立したもので、立川流の代表的建築物として知られ、殊に片拝殿の粟穂と鶉や笹に鶏の彫刻は富昌の代表作として、近代彫刻史に光彩を放つと言われ、又拝殿下の波と千鳥の彫刻は立川家の家紋の如き殊芸と言われています。

参拝所
150721suwa58.jpg


拝幣殿と左右に片拝殿
150721suwa59.jpg


幣殿
150721suwa60.jpg


片拝殿の粟穂と鶉の彫刻
150721suwa61.jpg


片拝殿の笹に鶏の彫刻
150721suwa62.jpg


ご祭神:建御名方神

神紋:諏訪梶
150721suwa63.jpg


諏訪大社の神紋は梶の棄で葉が三枚出ているので、三本梶とも言い、足の数をもって上下社の区別がをされ、上社は四本、下社は五本足になっています。また全国の御分社の大半は一本梶と言って、葉の部分のみで一本の社紋が使われています。

○勅願殿
昔は行事殿とも御祈祷所とも言って朝廷や諸侯の祈願を行った所とも伝えられます。現在の建物は元禄三年(1690)に諏訪高島藩によって建てられたものを、安政年間に修理しました。
150721suwa64.jpg


150721suwa65.jpg



○高島神社
武田信玄によって、諏訪頼重が討たれ諏訪家は滅びたが、頼重の弟頼忠は諏訪大社大祝として残った。
本能寺の変が起こって世が乱れたのに乗じ、諏訪頼忠は高嶋城を奪い、諏訪家を再興する。
諏訪家は徳川家配下となり、譜代大名として小田原遠征後武蔵国奈良梨に1万2千石の大名に。
諏訪頼水の代に諏訪に2万7千石を与えられ、高島藩を立藩。維新まで存続した。
150721suwa66.jpg


150721suwa67.jpg


○御沓石
一之御柱の奥の大きな石は諏訪七石の一つお沓石。真中のへこんだところが、お諏訪様のお沓の跡だとか、お諏訪様の召しておられた御神馬の足跡とか伝えられています。
150721suwa68.jpg


冬なら凹みがわかるかもしれませんが、この日はこのとおり。わかりません(泣)
150721suwa69.jpg


○蛙石
蓮池にあります。
手前の石。
150721suwa70.jpg


150721suwa71.jpg


蓮のつぼみに蜻蛉が。
150721suwa72.jpg


諏訪七石のうち、上社本宮境内に三つあります。
二つは確認しましたが、「硯石」を漏らしました。残念。

御柱ですが、ここ上社本宮では、三と四の御柱は立ち入れない神域にあり、近寄れません。
なんとか場所を探して遠くから撮るのが精いっぱいでした。

○本宮一之御柱
塀重門下の石段の横にあり。
150721suwa73.jpg


150721suwa74.jpg


150721suwa75.jpg


○本宮二之御柱
布橋門の脇にあり。
150721suwa76.jpg


150721suwa77.jpg


150721suwa78.jpg


○本宮三之御柱
これが一番苦労しました。
御手洗川から中は神域で入れません。
大体の位置を見当つけて、隣接するお寺側の御手洗川の土手を強引に入っていくと、お寺の住職と思しき人が作業をしていた。万事休すと思ったが、「三之御柱」を見たくて入ってきました、と言ったら通してくれた(嬉)
150721suwa79.jpg


150721suwa80.jpg


150721suwa81.jpg


○本宮四之御柱
勅願殿と宝物殿の間から、遠目に見ることになります。
ズームを効かせて撮りました。
150721suwa82.jpg


150721suwa83.jpg


帰ってきて、写真を整理してみると、まだまだ撮り残しているものがありました。
暑いし、疲れてきていて、宝物殿もパスしてしまったし。
最低もう一度は参拝しないといけません。


(上社本宮 了)


「神社巡拝」記事一覧に飛ぶ




スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

ここ、2つの下社よりいい感じですね。今年はちょっと行けそうもなかったのですが、来年辺りには行きたいです。

2つの下社の内、1つには、ここと同様に温泉が出る手水場があり、湯温は結構な熱さでした。

なお、御柱ですが、この諏訪大社以外でも、諏訪地方の方々の神社で見かけますね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
御柱を立てるのは、長野県、新潟県に多いですが、
遠いところでは能登半島にもあるそうです。
富山県には、日本三大巨木信仰の一つがありますし、
神の依り代としては、木は多いですよね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop