大麻止乃豆乃天神社(おおまとのつのあまつかみのやしろ、延喜式内論社)/東京都稲城市

20150727

鎮座地:東京都稲城市大丸847

参拝日:2015年7月26日(日)
この日は、個人的に取り組んでいる「武蔵国式内社めぐり」で、稲城市にある式内社、大麻止乃豆乃天神社、青渭神社、穴澤天神社の三社に参拝しました。
場所は、JR南武線南多摩駅の南、大丸にある。多摩川の南岸、川崎街道の南になる。
事前の調べで、川崎街道からの入り口は「星乃珈琲稲城店」の横とわかっていたので、迷わずに済んだ。
この神社が立地する稲城市大丸という地名も、「大きく丸い平地」という意味であるとされるが、この地は古代から多摩川の渡河点の一つ(府中街道と川崎街道がここで合流する)であり、津があったと考えるのは妥当であろう。

神社入り口
通称、天神山の中腹、鬱蒼とした林の中にある。
150727oomato01.jpg


社号標は自然石
式内社(武蔵國多摩郡八坐のうち大麻止乃豆乃天神社)、旧郷社
150727oomato02.jpg


ごく小さな社であり由緒ははっきりしないが、『式内社調査報告』では、『延喜式神名帳』に記載される武蔵国多摩郡「大麻止乃豆乃天神社」が当社であるとしている。しかし、式内・大麻止乃豆乃天神社については東京都青梅市・武蔵御嶽神社、府中市・大國魂神社、八王子市・天満社も論社となっている。

入り口からちょっと石段を上がったところに鳥居がある。
150727oomato03.jpg


150727oomato04.jpg


鳥居をくく゜ると手水舎
150727oomato05.jpg


150727oomato06.jpg


水盤には「無垢水」と。
150727oomato07.jpg


石段が真っ直ぐにあり。
150727oomato08.jpg


上りきると、ちょっとした広場で、そこから男坂(石段)と女坂があり。
150727oomato09.jpg


男坂(石段)の上り口には、天保12年造立の狛犬があり。
左右とも子犬を連れているのが特徴。
150727oomato10.jpg


150727oomato11.jpg


150727oomato12.jpg


150727oomato13.jpg


150727oomato14.jpg


男坂(石段)を上がります。
150727oomato15.jpg


石段を上がると、社殿、境内社が並ぶ。
150727oomato16.jpg


150727oomato17.jpg


拝殿
150727oomato18.jpg


150727oomato19.jpg


150727oomato20.jpg


向拝柱木鼻の彫刻は波で、向拝蟇股の彫刻は亀。
150727oomato21.jpg


150727oomato22.jpg


拝殿の奥に、本殿が見える。
150727oomato23.jpg


拝殿後方の覆殿の中に本殿があり。
150727oomato24.jpg


本殿には、凝った彫刻が施されている、という情報だったので期待していたが、なんと!
細かい金網とビニールで目隠しされている。まったく見せたくないらしい。
150727oomato25.jpg


拝殿から見える部分だけでも、彫刻が素晴らしいことがわかり、とても残念な気持ちだった。
150727oomato26.jpg


御祭神は櫛真智命。
もう一つの論社、武蔵御嶽神社も同じ祭神である。大和三山のひとつ天の香具山に鎮座する天香山神社も櫛真智神を祀る。そもそも櫛真知とは、卜占をつかさどる神でもある。

神紋は「右三つ巴」
150727oomato27.jpg


境内社で、わかっているものから。
三社合殿
150727oomato28.jpg


その内訳は、まず「白山神社(白山比賣命)」
150727oomato29.jpg


神明神社(天照大神)
150727oomato30.jpg


稲荷社
150727oomato31.jpg


その横に赤い鳥居と石碑もあり。
150727oomato32.jpg


150727oomato33.jpg


津島神社(建速須佐之男命)
150727oomato34.jpg


150727oomato35.jpg


後は不明な境内社。その一
150727oomato36.jpg


150727oomato37.jpg


その二
150727oomato38.jpg


150727oomato39.jpg


その三
150727oomato40.jpg


150727oomato41.jpg


境内から見下ろすと、まわりは開発されている。
150727oomato42.jpg


その中で、深い森が残っているのは嬉しい。
150727oomato43.jpg



神社巡拝記事一覧に飛ぶ




スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

おお、昨日の猛暑の日に四季歩さんも出かけられていらっしゃたのですね。前述のごとく、私は小川町と言う町中ですから、ものすごい暑さで、汗びっしょりで、町中で水1リットル、帰りの電車で1リットルと、計2リットルも飲んでしまいました。その点、神社は森の中にあるみたいですので、多少は涼しかったのではと思います。

上記の神社は山の中腹にあるせいか、わりとこじんまりとした感じですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、あの猛暑のなか出かける気に
なったのは、神社は木が多いので日陰があるから、
何とかなるだろうと(笑)

それでも、かなり水分はとりましたね。
気温が高いのでジワッときてました。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop