春日大神/日本の神々の話

20150730

狭山市入間川の八幡神社の主祭神は応神天皇 (誉田別命)だが、この神を合祀神としている。
「武蔵国式内社めぐり」で参拝した東京都蒲田に鎮座する、式内社薭田神社も同様に応神天皇 (誉田別命)を主祭神としているが、、この神を合祀神としていた。
春日大社から勧請を受けた神のことであり、神社の祭神を示すときに主祭神と並んで春日大神などと書かれる。

八幡神社の祭神は応神天皇 (誉田別命)ですが、戦の神として信仰されているのは、母の神功皇后が三韓征伐をしたときに身ごもっており、応神天皇は「胎中天皇」として、三韓征伐をしたことが大きいと思います。
その際に、神功皇后に対し、春日大神がお告げを出されたという伝承があるため、一緒に祀られているのでしょう。

普通、春日大神は春日明神または春日権現とも称される。
春日神を祀る神社は春日神社などという社名になっており、日本全国に約1000社ある。

春日大社の祭神は、武甕槌(タケミカヅチ)命、経津主(フツヌシ)命、天児屋根命、比売神の四柱の神である。
藤原氏(中臣氏)の守護神である武甕槌命(鹿島神宮)と経津主命(香取神宮)、祖神である天児屋根命と比売神を祀る。四神をもって春日神と総称されます。



日本の神々記事一覧に飛ぶ

スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

読ませていただいて、どうもよくわからなかったのですが、

春日大神=春日明神=春日権現=武甕槌命+経津主命+天児屋根命+比売神

と言う理解でよいのでしょうか。

それにしても、春日大社と言えば、奈良のものしか思い浮かべませんが、春日神社と言うのもあるのですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
春日大神というのが、春日大社とか春日神社を
代表するというか総称する神ですね。
春日明神と春日権現は神仏混合時代に
生まれたものですね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop