高野聖/泉鏡花

20150817

150817kouya.jpg


毎年恒例の富山・金沢帰省を、今年も8月1日~3日にしたが、その時に泉鏡花記念館に行った。
それで帰ってから、また泉鏡花のものを読みたくなって、とりあえず最初に読んだのが『高野聖』。

この作品を若いときに読んだ時にはのけぞったものだ。
妖しく幻想的な話に。

あらすじ(WIKPEDA):
若狭へ帰省する旅の車中で「私」は一人の中年の旅僧に出会い、越前から永平寺を訪ねる途中に敦賀に一泊するという旅僧と同行することとなった。旅僧の馴染みの宿に同宿した「私」は、夜の床で旅僧から不思議な怪奇譚を聞く。それはまだ旅僧(宗朝)が若い頃、行脚のため飛騨の山越えをしたときの体験談だった。……

若い修行僧の宗朝は、信州・松本へ向う飛騨天生峠で、先を追い越した富山の薬売りの男が危険な旧道へ進んでいったため、これを追った。怖ろしい蛇に出くわし、気味悪い山蛭の降ってくる森をなんとか切り抜けた宗朝は、馬の嘶きのする方角へ向い、妖しい美女の住む孤家へたどり着いた。その家には女の亭主だという白痴の肥った少年もいた。宗朝は傷ついて汚れた体を、親切な女に川で洗い流して癒してもらうが、女もいつの間にか全裸になっていた。猿やこうもりが女にまとわりつきつつ二人が家に戻ると、留守番をしていた馬引きの親仁(おやじ)が、変らずに戻ってきた宗朝を不思議そうに見た。その夜、ぐるりと家の周りで鳥獣の鳴き騒ぐ声を宗朝は寝床で聞き、一心不乱に陀羅尼経を呪した。

翌朝、女の家を発ち、宗朝は里へ向いながらも美しい女のことが忘れられず、僧侶の身を捨て女と共に暮らすことを考え、引き返そうとしていた。そこへ馬を売った帰りの親仁と出くわし、女の秘密を聞かされる。親仁が今売ってきた昨日の馬は、女の魔力で馬の姿に変えられた助平な富山の薬売りだった。女には、肉体関係を持った男たちを、息を吹きかけ獣の姿に変える妖力があるという。宗朝はそれを聞くと、魂が身に戻り、踵を返しあわてて里へ駆け下りていった。


鏡花の描写は、こんなである。
女の家を発って、里の近くまで降りてきて、滝の前で一休みする。
その滝が女夫(めおと)滝で、突き出た黒い大巌で二つに滝が分かれている。
「唯一筋でも巌を越して男滝に槌りつこうとする形、それでも中を隔てられて末までは雫も適わぬので、揉まれ、揺られて具(つぶ)さに辛苦を嘗めるという風情、この方は姿も窶(やつ)れ容も細って、流るる音さえ別様に、泣くか、怨むかとも思われるが、あわれにも優しい女滝じゃ。
男滝の方はうらはらで、石を砕き、地を貫く勢、堂々たる有様じゃ、これが二つ件の厳に当って左右に分れて二筋となって落ちるのが身に浸みて、女滝の心を砕く姿は、男の膝に取ついて美女が泣いて身を震わすようで、岸に居てさえ体がわななく、肉が跳(おど)る。況(ま)してこの水上は、昨日孤家(ひとつや)の婦人(おんな)と水を浴びた処と思うと、気の所為かその女瀧の中に絵のようなかの婦人の姿が歴々(ありあり)、と浮いて出ると巻込まれて、沈んだと思うと又浮いて、千筋に乱るる水とともにその膚(はだえ)が粉に砕けて、花片(はなびら)が散込むような。あなやと思うと更に、もとの顔も、胸も、乳も、手足も全き姿となって、浮いつ沈みつ、はッと刻まれ、あッと見る間に又あらわれる。私は耐(たま)らず真逆に滝の中へ飛込んで、女滝を確(しか)と抱いたとまで思った。気がつくと男滝の方はどうどうと地響打たせて、山彦を呼んで轟いて流れている。ああその力を以て何故救わぬ、儘よ!
滝に身を投げて死のうより、旧(もと)の孤家(ひとつや)へ引返せ。汚らわしい欲のあればこそこうなった上に躊躇するわ、その顔を見て声を聞けは、渠等(かれら)夫婦が同衾(ひとつね)するのに枕を並べて差支えぬ、それでも汗になって修行をして、坊主で果てるよりは余程の増じゃと、息切って戻ろうとして、石を放れて身を起した、」

そこに、例の親父が声をかけてきた。
そして手に持った見事な鯉は、あの馬を売った金で買ったこと。あの馬は、助平な富山の薬売りの成れの果てだと告げるのである。


「高野聖」を読みながら、頭に浮かぶ光景は、中学のときに山に入り込んで遊んでいた場所だ。
私の育った場所は信州の山村。
碓氷峠と内山峠の中間の位置くらい、私の家から15分も歩けば山に入りかける。
そのまま山に入っていくと、もう人里は無くて、けっこうな山越えして出たところは群馬県の村という事になる。
中学のときには、けっこう山で遊んだ。
夏休みの宿題というかノルマというか、「げんのしょうこ」をかなり持っていかなければならなかった。
それで学校は教材を賄うというわけだ。
キノコを採りに入ったし、兄と二人で岩魚を手づかみで獲りにいったり、山椒魚を採りにいったり。
道を外れて山に分け入って、好き勝手に歩き回った。
いまでも、何処にいても方向だけは見失わない、という能力はあのころ身に着いたに違いない。

そんなときに、やはり妖しい気配の場所というのがあるもので。
こちらも中学の、もう大人になりかけた、モヤモヤした気分を抱えてもいて、
なんだか切ない気分で、草むらにひっくりかえって空を眺めていた、とか。
そういう場所が記憶されている(笑)

同じ村の家でも、ぽつんと離れてずいぶん山奥にある一軒家もあった。

だから、「高野聖」は、わりとナマナマしく感じられる話である。



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

なるほど、四季歩さんにとっては、山は身近なものだったのですね。私の場合はずっと都会育ちですので、やはり、感じ方が異なっているのでしょうね。

ゲンノショウコを採取して持参するのですか。当時は今より貧乏な家庭が多かったと思いますので、素晴らしいアイディアですね。そう言えば、小学生の頃、一時期、ベルマークを集めた記憶があります。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
お金が無かったんじゃなくて、教育方針だったと思います。
田んぼで半日くらいの「落穂ひろい」もありましたから。
一方で、村営の発電所があって、村営パン工場もあって、
給食はパンでした。
私らの時代では珍しかったと思います。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop