金屋子神(かなやごかみ)/日本の神々の話

20150916

中国山地のたたら場では必ず金屋子(かなやご)神を祀っている。
金屋子神の本社は島根県安来市広瀬町西比田にあるが、金屋子神の信仰は中国地方を中心に九州、四国の一部から遠く関東、東北の一部まで広がっている。
現在、製鉄などに関する人たちが祀る神社の祭神は金屋子神ではなく、金山彦命、金山媛命になっていますが、本来は金屋子神である。
金山彦、金山媛が祀られたのは恐らく近世以降で、記紀神話で書かれた金山彦命、金山媛命の権威を高めるためだったと思われます。

金屋子神は安部氏によって代々祀られている。安部氏は神官としてのみならず、たたら技術の巡回指導も行ったとのことです。

宮崎アニメ「もののけ姫」の舞台がたたら製鉄の里でありましたが、まず登場する「エボシ御前」については、奥出雲菅谷たたらの中に祀られている金屋子(かなやこ)神が宿る岩が烏帽子岩である。
もののけ姫がモロの君に乗っている姿ですが、これは、奥出雲一帯で見られる絵図「金屋子神乗狐掛図」にそっくりです。メーキングビデオでも、そのことが説明されている。
この絵図は、旧暦の11月8日のふいご祭には、家の床の間に飾るのが習わしだそうです。
狐と犬神(あるいは狼)の違いはありますが、構図は全く同じです。
150916kana.jpg


金屋子神には、色々な面白い話がある。(以下Wikipediaによる)

中国地方を中心に、鍛冶屋に信仰される神。一般には女神であるとされるが、男神とする説もある。金山彦・金山媛や天目一箇神と同一、もしくは何らかの関係がある神とされるが、全く別神とする説もある。

金屋子神の総本社とされる島根県安来市広瀬町西比田にある金屋子神社には、以下の伝説がある。
高天原から、雨乞いをしている村人に応えて、播磨国志相郡岩鍋(現在の兵庫県宍粟市千種町岩野邊)にまず天降った。しかし、自ら、元々西方に縁のある神であるとの理由で、白鷺に乗って、西方の出雲国能義郡黒田奥比田(現 金屋子神社の社地)の山林に着き、桂の木にて羽を休めていたところを宮司の祖先である安倍正重が発見し、長田兵部朝日長者が桂の木の横に神殿を建立したという(途中、吉備国中山にも立寄ったとの伝説がある)。各地で金屋子神は自ら村下(むらげ:鍛冶の技師長)となり、鍛冶の指導を行ったとされる。

金屋子神の特徴としては:
自分あるいは部下の村下が、麻につまづいて転んで死んだので麻を嫌うと言う。また、犬に追いかけられ、蔦に取り付いて登って逃れようとしたが、蔦が切れたので、落ち、犬に咬まれて死んだので、犬と蔦は嫌いとも言う。さらに、犬に追いかけられた時、みかんの木に登って、あるいは藤に掴って助かったので、みかんと藤は好むらしい。桂は神木。

死の穢れには無頓着どころか、むしろ好むとされ、たたら炉の周囲の柱に死体を下げることを村下達に指導したと言う。また、死骸を下げると、大量に鉄が取れるようになったとも。
女性を極端に嫌う。自分が女性なので、嫉妬であると言われているが、この為、鍛冶関係の作業場には女性を入れない掟があったという。また、昔の村下は、折口信夫の様だが、女性が入った後のお湯を使ったりすることもしなかったと言われている。
上記は、伯耆国日野郡宮市の住人 下原重仲が著した『鉄山秘書』にも詳しく書かれている。

しかし一方では『街道をゆく』で司馬遼太郎等が述べているように、中世の悪文と『鉄山秘書』等を見なし、『島根県口碑伝説集』などにみられるような古事記との関連性をいうものもある。以下にその一例を示す。
比田村には、金屋子神社がある。伊邪那美命が、迦具土の命を生み給うてから、病に罹られ吐物から金山毘古神、金山毘売命を生み給い、遂に神避り給うたことを「古事記」に記され、「日本書紀」には金山の意味を、枯れ悩みこし、悶熱懊悩因為吐の文字があるが、金屋子神社は、社号其の物が己に枯れ悩み児の意義を現し、加之金山毘古、金山毘売の二柱の神を併せて祭って居るところを見ても、女神終焉の地たることを想像される。(東比田小学校長辻勝太郎氏報)

金屋子神の特徴の解釈としては、
陰陽五行説より、桂(土が2つ字の中にある)や死体は土性であり、土性は金性を生ずることから、鉱山・鍛冶の歩留まりが良くなるからではないか、との説がある。

金屋子神社より西方約40kmに石見銀山があり、当地に佐毘売山神社(さひめやまじんじゃ)があるが、この『佐毘売』は、金屋子神の別名ではないかと言われている。『さ』、『さひ』は鉄を意味していると推測されている。

尚、饒速日尊や物部氏と関係が深いとされる三瓶山は古来、佐比売山と呼ばれていた。また、三瓶山の西約5kmに、石見国一宮で、石上神宮と表裏一体であると言われる物部神社が鎮座する。

また、岡山県英田郡西粟倉村に伝わるタタラ唄に『金屋子神の生まれを問えば、元は葛城 安部が森』との言葉が残る。


日本の神々記事一覧に飛ぶ




スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

鍛冶の神様ですか、女性より男性の方が似合う感じですね。加えて、転んで死んだとか、犬に噛まれて死んだと言うのであれば、余計にそう思います。

たたら炉の周囲の柱に死体を吊り下げる話、ううん、干し肉を作っていたのでしょうか。あるいは風避けとか。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
たたら炉で製鉄をしていた、古代という時代は、
今とは倫理感が違うし、すべては神によって支配
されていた時代です。
洪水を鎮めるのに、人柱を供えるとかがあたりまえ
でしたからね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop