柏原太郎/吾妻鏡

20150923

9月18日(金)に、国立公文書館で『吾妻鏡』と『延喜式』のうち「祝詞」を閲覧しました。
『延喜式』のうち「祝詞」を閲覧したのは、いま梅原猛の「神々の流竄」を読んでいますが、その中で延喜式の「祝詞」を引用しているので、この際原本を手に入れておこうと思ったので。

『吾妻鏡』については、最近狭山市の「城山砦」の子供向けパンフレット作製に携わった際に、手持ちデータの整備もしました。
その中で、「柏原太郎」の名前が出てくる『吾妻鏡』については、いままで活字にされた翻訳本のコピーしか持っていなかったので、原本のコピーを手に入れよう、というわけです。

狭山市の史跡「城山砦」の歴史で、一番古い話として、柏原を本拠地とした武蔵武士の柏原太郎の館(やかた)跡ではないかという説があります。
柏原太郎の名は、『吾妻鏡』に源頼朝の奥州藤原氏征伐の先陣として従った畠山重忠の従軍5騎のうちの1人として名が載っています。

閲覧は、巻別に出来るようになっていましたが、不勉強で『吾妻鏡』の構成もわかっていなかったので、全冊閲覧としました。
全部で51冊となり、一度には30冊までというルールなので、二回に分けての閲覧でした。

国立公文書館に蔵書されているのは、以下の経歴のものです。
室町時代写本⇒紅葉山文庫(江戸城将軍の文庫)⇒明治期皇居内文庫⇒内閣文庫⇒国立公文書館

表紙
150923azuma01.jpg


原本(写本)の表紙画像
原本は重要文化財なので、画像で製本されたものとなります。
150923azuma02.jpg


150923azuma03.jpg


このように、二枚を並べて1ページとしています。
150923azuma04.jpg


で、源頼朝の奥州藤原氏征伐は文治5年(1189)と判っていますから、目録から九巻であることがわかる。
150923azuma05.jpg


その該当する部分の記事がこれです。
150923azuma06.jpg


先陣の畠山重忠だけ特別扱いで、従軍五騎の名前まで書かれているため、結果として「柏原太郎」の名が確認できた。

その後は、鎌倉から進発した武将の名が、そうそうたる名前が続いています。
150923azuma07.jpg


150923azuma08.jpg


どういうことが書かれているかというと、翻訳本の写しを載せましょう。
150923azuma09.jpg


150923azuma10.jpg



その後、柏原太郎はどうなったかというと、従軍五騎のうち他の四騎については、畠山重忠と一緒に二俣川で討死にしたとか、記録は残っていますが、柏原太郎については記録がありません。

柏原太郎についての記録がありませんが、柏原郷については、寛喜2年(1230)に作成された「長沼宗政譲状」がある。
これは小山一族の有力御家人長沼宗政が嫡子の時宗に所領を譲るという内容だが、これに「武蔵国柏原郷」が載っている。

それで推理されるのが、柏原太郎は畠山重忠と一緒に滅び、有力御家人の長沼宗政が領地としてもらった、ということでしょう。
ちなみに、そのゆかりの子孫「小山氏」が柏原に現在も住んでおられ、そこには「小山判官朝政」にからむ「薬師縁起」の話も残っており、その宅地にあった不動堂を譲り受けて入間川の福徳院の不動堂としています。
(現在のお堂は新築されたもので、それ以前のお堂の話です。)

さきほどの、『吾妻鏡』の記事で、畠山重忠従軍五騎のあと、「鎌倉出御よりお供の輩」の中に「長沼宗政」の名も載っています。
赤の四角で囲った名前がそうです。
150923azuma11.jpg


(了)


「狭山市の歴史を訪ねる」に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

吾妻鏡は名前は聞いたことがありますが、本文、あるいは、翻訳は読んだことがありませんが、上記の写真を見させていただいた限りでは、漢文と言っても、そのままで結構、読める感じですね。と言っても、鎌倉末期に書かれたものを、室町時代に写した写本だそうですから、助字を含めて、どこまで正確に筆写されたのかと言う問題はありますが。

それにしても、原本まで遡ると言う姿勢はすごいですね!!

matsumoさん

コメントありがとうございます。
最近、目覚めまして、他人に説明する資料を作る際には、
出来るだけ元資料を自分で確保するようにしています。
やはり、原本を見て、はじめて納得できることが、
多々あることがわかりました。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop