防衛省市ヶ谷台見学

20151009

10月6日(火)に、歴史クラブ行事「市ヶ谷探訪ツアー」に参加しました。
探訪したのは「防衛省市ヶ谷台」、「市谷亀ヶ岡八幡宮」、「新宿歴史博物館」です。

現在の地図
151009ichigaya01.jpg


明治17年測量地図
151009ichigaya02.jpg


外堀以外は、道もあまり変わっていません。
明治17年の地図は測量地図なだけあって、地形もかなり分かります。

今日の目玉は、なんといっても「防衛省市ヶ谷台」です。
旧大本営跡ということで、歴史的なものが偲ばれる場所です。
ここの見学は人気があり、幹事は予約を取るのに苦労したようです。

防衛省のガイドマップによると、ここの庁舎群は全体として「平等院鳳凰堂」をイメージとした、左右対称、大回廊を採用している。
151009ichigaya03.jpg


全体図
151009ichigaya04.jpg


入り口は、やはりものものしい警戒です。
151009ichigaya05.jpg


受付を待つ。
151009ichigaya06.jpg


前の道から、グワッとせり上がった高台に位置するので、受付から入ると建物が堂々と聳えている感じ。
151009ichigaya07.jpg


A棟のヘリポートから、ヘリが飛び立っていった。
151009ichigaya08.jpg


庁舎のある高台に上がるのに、まずエスカレーターで(笑)
151009ichigaya09.jpg


A棟の前で、防衛省のガイドさんから説明、注意を受ける。
151009ichigaya10.jpg


庁舎の前にある回廊を進んでいき、ちょうど玄関に差しかかった時に、一台の車がつき降りて来たのが中谷防衛大臣。
政治家らしく「どこからいらしたんですか・・・・・」など笑顔で会話してくださった。

○市ヶ谷記念館
旧陸軍士官学校本部だった陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地1号館の一部を同敷地内に移築・復元し開設したものです。
昭和21年(1946)極東国際軍事裁判が開かれた大講堂などを公開している。
151009ichigaya11.jpg


151009ichigaya12.jpg


白いバルコニーがまず目に入りますね。
作家の三島由紀夫が、昭和45年11月25日に一号館で東部方面総監部の総監を人質にして立てこもり、バルコニーで演説したあと割腹自決しました。

きれいな建物ですね。
151009ichigaya13.jpg


記念撮影をしました。
151009ichigaya14.jpg


玄関
151009ichigaya15.jpg


玄関を入ると、「桜」と「時計」が左手に置いてありました。旧一号館のシンボルでした。
151009ichigaya16.jpg


市ヶ谷記念館1階の大講堂。
ここは、昭和9年に陸軍士官学校の大講堂として作られました。
151009ichigaya17.jpg


151009ichigaya18.jpg


151009ichigaya19.jpg


戦後昭和21年5月から昭和23年11月まで、東京裁判(極東国際軍事裁判)の法廷として使われた歴史的な場所でもあります。

天井のライトは、大講堂建設当時(昭和9年)に作られたもので、電球以外は当時のものをそのまま使っているそうです。

ビデオで説明を受けました。
151009ichigaya20.jpg


大講堂の正面の、天皇の玉座。
151009ichigaya21.jpg


151009ichigaya22.jpg


壁紙が美しい。
151009ichigaya23.jpg


玉座のあるステージから見た全景。
正面の二階に、三島事件のあった部屋などがあります。
151009ichigaya24.jpg


ステージ脇の階段。右側が天皇陛下専用の階段。陛下が歩きやすいよう、こまごまとした工夫がなされている。
151009ichigaya25.jpg


大講堂の壁沿いに、色々と陳列されていた。

夏用軍服
151009ichigaya26.jpg


陸軍中将正装
151009ichigaya27.jpg


コート
151009ichigaya28.jpg


儀礼用軍服
151009ichigaya29.jpg


軍刀の陳列
151009ichigaya30.jpg


荒木大将愛用の軍刀
151009ichigaya31.jpg


大講堂の菊のレリーフ
151009ichigaya32.jpg


ここで行われた東京裁判の写真を載せておきます。
全景
151009ichigaya33.jpg


裁判官席
151009ichigaya34.jpg


被告席
151009ichigaya35.jpg


二階に上がり、「旧陸軍大臣室」
三島事件のあった場所。
151009ichigaya36.jpg


151009ichigaya37.jpg


151009ichigaya38.jpg


部屋の中央には、旧1号館の50分の1の復元模型があります。
151009ichigaya39.jpg


151009ichigaya40.jpg


玄関に置いてあった「桜の紋章」がある。
151009ichigaya41.jpg


部屋は三島由紀夫が演説をしたというバルコニーにつながっている。
151009ichigaya42.jpg


この部屋は三島由紀夫が刀をふるった部屋ということで、その際の刀傷が扉になまなましく残っていた。
151009ichigaya43.jpg


151009ichigaya44.jpg


その隣には、便殿(びんでん)の間があり、士官学校時代、陛下のご休憩所として使われた部屋です。
その後は、陸上自衛隊幹部学校長室として使われました。
151009ichigaya45.jpg


151009ichigaya46.jpg


便殿の間は壁がやたらに厚く、50センチくらいはあったようですが、中は空洞になっています。
これは、冷房などがなかった時代に、地下から冷たい空気を上らせて、 部屋を涼しくし、陛下が過ごしやすいようにするための工夫なのだそうです。
151009ichigaya47.jpg


151009ichigaya48.jpg


重厚なデザイン。
151009ichigaya49.jpg


窓際にも、空調の吹き出し口が。
151009ichigaya50.jpg


昭和9年の群馬県の特別演習の写真がありました。
151009ichigaya51.jpg


中央に昭和天皇陛下。
後ろに鈴木貫太郎氏が付き添っています。
侍従長、枢密顧問官も兼任。二・二六事件の際は襲撃されるが一命を取り留めた。陛下の信認が厚く終戦間際、陛下の要請で首相を引き受け、陸軍の反対を押し切って大東亜戦争を終戦に導いた。
151009ichigaya52.jpg


右から5人目が山本五十六大将。
151009ichigaya53.jpg


二階ロビーからの大講堂。
遠近法を利用しているのがよくわかる。
151009ichigaya54.jpg


二階廊下に飾られた歴代校長。
大山巌の顔があり。
151009ichigaya55.jpg


これで、市ヶ谷記念館を後にしたが、今年がツアー15周年とのことでした。
151009ichigaya56.jpg


そこから、厚生棟にいき休憩。
ここで、色々なお土産を購入できる。
私は好きな「海軍カレー」を購入。やはり美味しかった。

○屋外ヘリ展示場。
陸上自衛隊で実際に使用されていた多用途ヘリ「UH-1H(ひよどり)」が展示されています。
151009ichigaya57.jpg


151009ichigaya58.jpg


151009ichigaya59.jpg


今日お世話になったガイドさん。
151009ichigaya60.jpg


○メモリアルゾーン
自衛隊殉職者慰霊塔、雄健(おたけび)神社跡、市ヶ谷台の各所に点在していた記念碑等を移設してあります。
ちょうど、大規模な修復中で、近くには入れませんでした。
151009ichigaya61.jpg


儀仗広場に戻ってきて、解散前のあいさつ。
151009ichigaya62.jpg


目の前で、何かの訓練をしていた。
151009ichigaya63.jpg


ガイドさん、案内ありがとうございました。
151009ichigaya64.jpg


「市谷亀ヶ岡八幡宮」の記事に飛ぶ



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ


四季歩のお気に入りの場所一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

なるほど、あそこは見学できるのですね。三島由紀夫の恰幅場所、やはり、説明があるのでしょうか。そもそも、刀等を持って入れたのですから、その頃は、今より、楽に入れたのでしょうね。

実は、防衛庁のそばにジャンクカメラ店「我楽多屋」さんがあるので、新宿御苑に行った時の帰りに、我楽多屋に寄り、そして、防衛庁の脇を通って、家まで歩いて帰っています。脇ではなく、正門の前を通って、皇居の方に向かうこともあります。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
この記事に載せた、三島由紀夫がつけた
刀傷は、案内のガイドさんが教えてくれなければ、
わかりません。
ただ、詳細な説明はありませんでした。
今のように、防衛省の本部になったのは、
最近ですから、あの頃はもっと入り易かったと
思います。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop