イ・ジュスティ・エ・ザンツァ ネモリーノ・ビアンコ 2007

20090927

090927nemorino.jpg

伊勢丹で、イタリア・トスカーナのワインを漁っていたら、オペラ「愛の妙薬」の説明がついたワインがあった。
これは飲まねばいられまい。

家に帰ってから、ネットで調べてみると、赤、ロゼ、白にデュルカマーラとベルコーレ、ネモリーノと言う名前をそれぞれドニゼッティの歌劇『愛の妙薬』に登場する人物の名前からとられている。
で、買ってきたのは「ネモリーノ」、これは主人公の青年の名前で、「白」。

オペラ「愛の妙薬」では、彼女の愛を得たいがために「妙薬」に踊らされていくネモリーノの姿は滑稽ですが、一途なひたむきさがあって応援したくなります。最後、2人の愛は成就し、まさにハッピーエンド。縁起のいいワインかもしれない。

飲んでみると、スッキリ、シャッキリ、元気なワイン。
何とも清清しい爽やかな酸味と青リンゴのような香り。もぎたてのフルーツをかじったようなジューシーさ。
心地よい飲み口でした。

ワイナリーのイ・ジュスティ・エ・ザンツァについてネットで調べてみました。
1996年に建築エンジニアのパレオ・ジュスティ氏とワイン趣味を共有する電気技師の友人、ファビオ・ザンツァ氏が設立したカンティーナ。10haと小さな畑は砂質70%、粘土質30%の非常に水はけの良い土地。1haあたり1万本という驚異的な密植、畑を呼吸させるため常にふかふかした表面を保ち除草剤など化学薬品は極力使用しない。
収穫は全て手摘みで行い、全てセメントタンクで発酵。熟成にはフランス産オークと若干のアメリカンオークを使用します。現在エノテカ・ピンキオーリ、アイモ・エ・ナディア、ロイロ・アランチャーロなどイタリア国内の超一流レストランのワインリストに名を連ねているそうです。
スポンサーサイト

コメント

四季歩さん、こんにちは!ワイン大好きなたこです。

本当に美味しそうなワインですね。イタリアのワインって、どれも外れがないというか、親しみやすい味なのがうれしいです。オーク樽を使用ということは、このワインもやっぱりあの独特のオークの香りがするのでしょうか。

たこさん

コメントありがとうございます。

やはりワインが好きですか(嬉)
こっちでも、よろしくお願いします。
イタリアのワインは、はっきり言って
好きです(笑)

そうですね、やりとオークを使ったもの
多いですよね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop