柏原の歴史と文化を子供たちに語る/学校支援ボランティア

20151115

6日(金)、柏原小学校の6年生に「柏原の歴史・文化にふれよう-お話を聞く会」を実施しました。
5年前から始まった企画で、社会の時間2時限を使って行います。
学校支援コーディネーターの私が窓口になり、「狭山歴史ガイドの会」の協力で行っています。協力していただいた方は狭山歴史ガイドの会の会員ですが、この日参加したボランティアは私も含め7名中6名が歴史クラブの会員でした。

二部構成で、一部では生徒98人全員を対象に15分「柏原の歴史についての概要」を私が話しました。
城山砦を市からの委託で管理しているNPO法人ユーアイネット柏原が、今年子供向けパンフレットを作る際に説明文を担当したので、全員にそのパンフレットを配り、その説明もしました。
1115kashiwa01.jpg


「柏原の歴史についての概要」は、以下の話を子供向けにわかりやすく話しました。
1115kashiwa02.jpg


1.歴史から生き方を学ぶ。
「東日本大震災」での原発事故の放射能で、多くの人が被害。
関係者は「想定外」と云ったが、普段歴史に関心があった人は首をかしげた。
というのは、平安時代に発生した「貞観地震」というのが今回の場所に近く、やはり巨大な津波が発生していたから。しかし、原子力関係者は「具体的なデータが無いからよくわからない」として、その地震が無かったかのように無視してしまった。
一方で、こういう事もあった。
その昔の津波のときに、ここまで津波が来たと石碑を置いて、そこより下には家を建てなかった。
海岸から遠くなるけど高いところに住んで海辺に通って仕事したり漁に出たりしていた。
今回の津波のときには、大きな地震のあとには津波が来るぞと、子供たちも聞かされていたので、おじいちゃん、おばあちゃん逃げようと云って、子供たちがお年寄りを助けて避難して、死んだ人は一人も居なかったという地域があった。
とても、素晴らしいことです。
「伝承」といいますが、昔からの言い伝えを大事にして、暮らし方や生き方の参考にしていきましょう。
2.柏原の縄文時代
柏原には24もの遺跡が見つかっている。
柏原が住み易かった。
入間川という大きな川が近いので、そこで魚や貝が取れて、高台なので入間川が氾濫しても安全だった。
智光山公園のところで大量の湧水が出ていて、それが柏原のほうに流れてきていたので、生活するのに必要なきれいな水があった。
遺跡のへんの畑のわきを歩いていると、今でも縄文土器のかけらが拾える。
小さなカケラだが、5000年前の人が作って使っていたものだと思うと、とても不思議な気がする。
3.中世の「城山砦」に関する話
最初に出てくる名前は「柏原太郎」。
鎌倉幕府を開いた源頼朝の家来で「畠山重忠」という有名な人がいる。
源頼朝が東北を攻めたときに、畠山重忠の名前と一緒に「柏原太郎」の名前が書かれている。
この人が最初に城山砦を作ったと思われている。
それから、天文14年(1545年)、467年前、それまで関東を納めていた上杉氏と、小田原から勢力を広げてきた北条氏の勢力争いの戦があった。
川越城をめぐる戦いのときに、大将の上杉憲政(のりまさ)が城山砦に陣を敷いた。それで、ここを「上杉砦」とも言う。
残念ながら「川越夜戦」で上杉がたは敗れ、越後に落ちていった。
越後では上杉謙信が出て武田信玄と川中島の戦いなどをする。
上杉謙信の先祖が城山砦に陣を構えたことがあったというわけです。
4.この頃の柏原の産業
鉄を鍛えて主に武器を作っていた。槍や刀を作っていた。
大和郡山から、甲冑師の明珍家系の人が招聘されて槍鍛冶を始めたのがはじまり。
入間川で良質な砂鉄が採れた。
鋳物師といって鉄の鋳物でいろいろな製品を作る人もいた。
5.江戸時代の学び
江戸時代、柏原には、よみ・書き・そろばんを教える寺子屋という学校が3つありました。
「識字率」という数字があります。たとえば柏原に100人、人が居たとして、字が読める人はどのくらい居ただろう、という数字です。80人いたら80%ですね。江戸時代の日本は80%くらいで世界で一番だったと云われています。
あのイギリスのロンドンだと、同じ頃で10%だと云いますから、日本はすごかったんですよ。
今、毎年ノーベル賞をもらって日本はすごいと言われますが、昔からよく勉強をしていたんですね。

時間の関係で、このくらいにしますが、歴史を勉強すると、自分たちの生き方にとても参考になるので、ぜひ興味を持ってください。


二部は、体育館の中で7つの場所に分かれて、並行進行でお話をしました。
お話は、休憩を挟んで同じことを二回繰り返すので、子供たちは聞きたいテーマを二つ聞くことができます。

話は以下の7つのテーマでした。
私も一つ受け持ちました。
ア)上宿の庚申塔と下宿の馬頭観音について
イ)西浄寺のねずみの図と大六天の碑・大山灯篭
ウ)城山砦跡
エ)常楽寺の七観音と大水正金の槍および五百年碑
オ)永代寺の本尊、不動明王および霊場巡拝供養塔など
カ)影隠し地蔵と円光寺のお地蔵さん
キ)白髭神社の子返しの図、御正体、韋駄天の図、柏原祇園囃子


【上宿の庚申塔と下宿の馬頭観音について】
1115kashiwa03.jpg


上宿の庚申塔
1115kashiwa04.jpg


下宿の馬頭観音
1115kashiwa05.jpg


【西浄寺のねずみの図と大六天の碑・大山灯篭】
1115kashiwa06.jpg


ねずみの図/河鍋暁斎
1115kashiwa07.jpg


【城山砦跡】
1115kashiwa08.jpg


城山砦
1115kashiwa09.jpg


1115kashiwa10.jpg


1115kashiwa11.jpg


【常楽寺の七観音と大水正金の槍および五百年碑】
1115kashiwa12.jpg


七観音
1115kashiwa13.jpg


大水正金五百年碑
1115kashiwa14.jpg


【永代寺の本尊、不動明王および霊場巡拝供養塔など】
1115kashiwa15.jpg


不動明王
1115kashiwa16.jpg


霊場巡拝供養塔など
1115kashiwa17.jpg


【影隠し地蔵と円光寺のお地蔵さん】
1115kashiwa18.jpg


影隠し地蔵
1115kashiwa19.jpg


円光寺のお地蔵さん
1115kashiwa20.jpg


【白髭神社の子返しの図、御正体、韋駄天の図、柏原祇園囃子】
1115kashiwa21.jpg


子返しの図
1115kashiwa22.jpg


御正体
1115kashiwa23.jpg


韋駄天の図
1115kashiwa24.jpg


生徒の皆さんは、とても熱心に聴いてくれました。
質問も活発に出ました。
これから、郷土柏原を大事にしてくれると思います。

(了)


歴史クラブ行事一覧を見る



「狭山市の歴史を訪ねる」に飛ぶ




スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

おお、ご苦労様です! 他の所でも説明されていらっしゃるので、随分、慣れて、あがることもないのではと思います。

6年生が98名ですか。私が小学生の頃は、1組50名で2組あったので、同じくらいの規模ですね。

縄文時代、魚や貝も食べていたとのことですが、貝で食用と言うことだと、思い浮かぶのはシジミとカラスガイですが、そのあたりでしょうか。あるいは別のものでしょうか。

それにしても、歴史と言うと、すぐに戦い、それに関係したことがどうしても多くなってしまいますね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
子供向の場合は、大人のように常識がまだ
無いので大変な面はあります。
時代を説明するのに、頼朝とか織田信長などを
知っていればいいですが、知らない場合は
大変です(笑)
地元の史跡の場合は、どうしても寺社や路傍の
石仏がメインになりますね。

城山砦のパンフ?

たまたま飛んで拝見しました。
高齢化社会なのを痛感…

四半世紀前までは、柏原小・中学校の1学年は1クラス45人程度で230人程いたのにネ。

このNPO法人は、色々と活動をしてるそうで城山砦の清掃もしてる様です。
ただ、城山砦のパンフを1000部作ったとされていますが、全く目にしないのは学校に配布してるからでしょうか?

ゴン隊長♂さま

コメントありがとうございます。
柏原小、ご存知ですか。
私の娘たちが通っていたころは
やはり多いときでしたね。

パンフレットですが、城山砦には
適当な置き場所がありませんね。
だから何かイベントのときにだけ
配っているようです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop