狭山市の新編武蔵風土記稿を訪ねる/奥富村(含柏原新田)

20151119

11月10日に実施した「新編武蔵風土記稿を訪ねる」です。
『新編武蔵風土記稿』に載っている地元狭山市に関する記述を読み解き、現地を訪ねて現在の姿と比較しようという活動です。併せて、歴史講座の史跡巡りの際に訪れなかった史跡も訪ねています。
今回の説明役は村越さんと池田さん。

大正12年の地図で、赤線で囲っているのが奥富村。
緑で塗っているのが水田(陸田)です。
151119okutomi01.jpg


今回の探訪ルート
151119okutomi02.jpg


訪ねたのは:
前田稲荷神社・前田公民館(元観音寺・金毘羅神社)・弁財天坐像・水神宮・浮彫像塔・九頭龍大権現・文字塔・くずはき橋への道十字路・戸隠神社石祠・柏井公民館(堂跡)・亀井神社・大膳堀・元常円寺墓地・八雲神社・富森稲荷神社

大きな史跡として、梅宮神社、広福寺などがあるが、参加メンバーには周知として割愛している。

新狭山駅北口階段下に集合して、西武バスに乗り①「前田」で下車した。

②【前田稲荷神社】
151119okutomi03.jpg


由緒
151119okutomi04.jpg


堂内
151119okutomi05.jpg


「稲荷大明神安鎮之叓」という、京都伏見稲荷が発行した文書の写しが置かれていた。
最後の字を「古文」と最初読んでしまったが(笑)、それでは意味不明なのでよく見直すと「叓」であり、調べたら「事」の古字「叓(じ)」であり、「こと」と読むことがわかった。
151119okutomi06.jpg


現在「奥富十二支めぐり」というのがあり、ここは「亥」だった。
151119okutomi07.jpg


③【前田公民館】
151119okutomi08.jpg


鳥居があり、参道の左側に石仏や橋げたに使われていた石材が置かれている。
151119okutomi09.jpg


元観音寺
新編武蔵風土記稿の記事
151119okutomi10.jpg


金毘羅神社
狭山市の社寺誌に“廃社”とあるが、鳥居があり、手水鉢と賽銭箱が置かれている。
中はわからない。
151119okutomi11.jpg


151119okutomi12.jpg


石仏は宝暦14年(1764)造立のもの。
151119okutomi13.jpg


151119okutomi14.jpg


それから入間川にむかってすぐの橋のところに弁財天あり。
151119okutomi15.jpg


④【弁財天坐像】
享保7年(1722)、前田村己巳待講中
151119okutomi16.jpg


左側の上から二つ目の手に鍵を持っているので「弁財天」。
151119okutomi17.jpg


⑤【水神宮・浮彫像塔】
資料によれば、「文政12年(1829)造立。右手に剣を取り、左手に竜索を持って亀に乗る弁才天浮き彫り像が刻まれていたが、風化している。左手に十方助力 願主亀井純静と刻む」とある。弁才天は普通坐像であるが、珍しい立像である。

草を足で踏み分けてみたが、亀は確認できなかった。
151119okutomi18.jpg


151119okutomi19.jpg


151119okutomi20.jpg


⑥【九頭龍大権現・文字塔】
嘉永3年(1850)造立。
151119okutomi21.jpg


151119okutomi22.jpg


151119okutomi23.jpg


以前来たときには、ちゃんと立っていた「馬頭観音」の断片が今は倒れていた。
151119okutomi24.jpg


「奥富十二支めぐり」、ここは「戌」だった。
151119okutomi25.jpg


堤を歩いて柏原新田地区へ。

⑦【くずはき橋への道十字路】
くずはき橋というのは、平成17年2月に撤去されました冠水橋。
かってあった、くずはき橋に向かう道。
151119okutomi26.jpg


入間川まで行ってみたが、堤防を整備していて、痕跡は何もわからなかった。

ここは、明治14年の地図と現在の地図を比べてみると大改修をしたことが一目瞭然である。
151119okutomi27.jpg


そこから少し堤防を歩いていくと、戸隠神社石祠がある。

⑧【戸隠神社石祠】 
151119okutomi28.jpg


151119okutomi29.jpg


151119okutomi30.jpg


戸隠神社・九頭龍大神と彫られている。
大正8年(1919)建立
151119okutomi31.jpg


柏原新田とある。
151119okutomi32.jpg


さっきの、くずはき橋への道十字路に戻り、柏原新田に入る。
柏原新田は寛永年間(1624~)に開発。狭山市内で最古の新田である。
151119okutomi33.jpg


秋だ
151119okutomi34.jpg


農家の納屋
151119okutomi35.jpg


⑬【柏井公民館】 
石仏が残るので、堂跡と思われるが、不詳。
151119okutomi36.jpg


新編武蔵風土記稿の、柏原新田の記述はこうなっていて、最後の地蔵堂がどこか不明なため、ここがそうかもしれない。
151119okutomi37.jpg


151119okutomi38.jpg


151119okutomi39.jpg


151119okutomi40.jpg


151119okutomi41.jpg


入り口に、小さなお堂あり。
151119okutomi42.jpg


中には人物像が。お坊さんか、お大師さまか。
151119okutomi43.jpg


「奥富十二支めぐり」、ここは「子」だった。
151119okutomi44.jpg


⑪【亀井神社】
鎮座地:狭山市下奥富1465
もと産土神白髪神社と称した。創立:寛弘3年(1006)、広福寺の管理下にあった。
151119okutomi45.jpg


新編武蔵風土記稿の記述
151119okutomi46.jpg


社号標
亀の字がいい。
151119okutomi47.jpg


鳥居
151119okutomi48.jpg


拝殿
151119okutomi49.jpg


151119okutomi50.jpg


本殿覆い屋
151119okutomi51.jpg


八雲神社
151119okutomi52.jpg


石灯篭には、天保14年(1843)奉納とある。
151119okutomi53.jpg


社殿内部
151119okutomi54.jpg


奉納絵馬
151119okutomi55.jpg


「猿田彦大神」、「倉稲魂命」、「蚕影山大権現」の石祠。
151119okutomi56.jpg


二つの力石が無造作に置かれていた。
狭山市内では、当社にしかない。大事にしたい。
大きい方は「奉納 四十八〆目」と読めるが、小さい方の重量は判読できず。
151119okutomi57.jpg


「奥富十二支めぐり」、ここは「丑」だった。
151119okutomi58.jpg


亀井神社を去りながら、全景を。
151119okutomi59.jpg


⑬【大膳堀】
川越市藤倉村開拓の祖、藤倉大膳が構築した。

顕彰碑
151119okutomi60.jpg


大膳堀
151119okutomi61.jpg


その近くの墓地に、常円寺(?)開基の石碑がある。

⑭【元常円寺?墓地】
「慶安3年(1650)」の銘文がある常円寺開基の石碑あり。
151119okutomi62.jpg


151119okutomi63.jpg


151119okutomi64.jpg


更に、その墓地の隣に石仏群があり。
151119okutomi65.jpg


一番奥に立派な石仏あり。良い石を使用しているため、ほとんど風化していない綺麗なもの。
151119okutomi66.jpg


宝永4年(1707)造立の地蔵菩薩
151119okutomi67.jpg


慶安3年(1650)と寛永17年(1640)の墓碑
151119okutomi68.jpg


宝永5年(1708)の菩薩像
151119okutomi69.jpg


⑮【八雲神社】  
牛頭天王と称したが、明治になって八雲神社となった。
151119okutomi70.jpg


151119okutomi71.jpg


151119okutomi72.jpg


151119okutomi73.jpg


151119okutomi74.jpg


神紋は「織田木瓜」
151119okutomi75.jpg


隅に、文久2年奉納の手水鉢があり。
151119okutomi76.jpg


社殿裏に合祀した神社の石祠あり。
左から、三島神社、八幡神社、愛宕神社、厳島神社、浅間神社
151119okutomi77.jpg


「奥富十二支めぐり」、ここは「寅」だった。
151119okutomi78.jpg


⑬【富森稲荷神社】
ここにも前田稲荷神社と同じような由緒がある。
151119okutomi79.jpg


鳥居に寛政元年(1789)の奉納年記あり。
151119okutomi80.jpg


151119okutomi81.jpg


社殿
151119okutomi82.jpg


内部
151119okutomi83.jpg


神紋は、「鍵と宝珠」
151119okutomi84.jpg


「奥富十二支めぐり」、ここは「卯」だった。
151119okutomi85.jpg


これで、この日の予定はすべて終了し、参加者で昼食後解散となった。


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ


「狭山市の歴史を訪ねる」に飛ぶ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop