セミ・プレナ

20080927

3年前、イタリアのフィレンツェでウフィツィ美術館で「ビーナスの誕生」を見た。
(奥に見えているのがヴェッキオ宮殿、左右がウフィツィ美術館)

080927ufituii2.jpg

大きな絵で、ビーナスがほぼ等身大。
なんだか、すう~~っと絵の中に入り込めて、
見ていて幸せな気分になる絵だった。

080927vinus2.jpg


ビーナスに空から薔薇の花が降り注いでいる。

080927vinusup2.jpg


この薔薇が「セミ・プレナ」
アルバ(Alba)系。
イギリスのバラ戦争(AD.1455~1485 )のヨーク家の紋章となった白いバラです。
キリスト教では「純潔」のシンボルとされています。

080927semiprena3.jpg

080927semiprena4.jpg





スポンサーサイト

コメント

素敵ですね

イタリア行って見たいな、
薔薇とビーナスとても素晴らしいですね
美術館は旅をすると時々見に行きます、最近は大原美術館に行ってきました、館内の庭園が素敵でした。
キャンプ&温泉巡りの旅、無事帰ってきました、アルバム出来たので暇なとき見に来てください。

バラ戦争はヨーク家の紋章となった白いバラ・・・赤いバラはランカスター家の紋章ですね。

30年間も戦いが行われたとか解決策で両家の縁組・・・紅白のバラが紋章になっていますね(^^)

絵画の世界で薔薇がモチーフとして出てくる絵画とても多いですね・・どのぐらいあるのかな?

コメントありがとう

まみファミリー様
大原美術館は行ったことありませんが、
評判ではとても良さそうですね。
場所が良いですよね。
キャンプの写真、拝見しました。
見事な月と、早朝の高原の景色、
とてもうらやましくなりましたよ。
さぞや、楽しかったことと思います。

薔薇爺さま
バラ戦争というのは、とてもドラマティックな
感じがしますね。
一度じっくりと研究したいテーマです。
薔薇がモチーフの絵画ですね。
たくさんありそうですね。
手分けして調べてみましょうか?
楽しそうです(笑)

白い薔薇、素敵ですね。

拙ブログへの訪問&コメントをありがとうございました。

イタリアではローマとヴァチカンしか行ったことがありません。
フィレンツェもいいでしょうね。

この白い薔薇も素敵ですね。
飾らない魅力があります。

矢車草さま

薔薇のなかでは白が一番好きかなと
思います。
花びらがひらひらとした感じがとても
いいですね。

写真と記事がとても素敵なので、
楽しみにしてます。

これからも、よろしくです。

白いひらひらの花びら。
綺麗です。

四季歩さんは
たくさんの薔薇の写真を撮ってらっしゃるんですね。
薔薇と桜、どちらも大好きです。
どちらもドラマチック・ロマンティックで。。



いばら様

薔薇と櫻の写真は図鑑が出来るほど、
撮りましたね(笑)

おいおい、薔薇や櫻にまつわるお話を
紹介していきます。

音楽のほうも楽しんでくださいね。

コメント御礼♪

先日はブログにコメントを頂戴いたしまして、ありがとうございました。

「ヴィーナスの誕生」の薔薇はピンクなのに、セミ・プレナは真っ白・・・と言うのは面白いですよね。

花の女神フローラを抱いた西風の神ゼフュロスが吹き付ける、ヴィーナスの「愛の象徴」としてのバラ。

もうその頃には、薔薇は愛の象徴だったのですね~。

P-saphire さま

薔薇はねえ・・・・・
やっぱり愛の象徴でしょうね。

花のプレゼントといったら、圧倒的に薔薇ですよね。

薔薇にはいろいろな想い出がありますね。

たぶん、みなさんもね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop