小生瀬の地蔵桜(こなませのじぞうざくら)/茨城県久慈郡大子町

20160411

所在地:茨城県久慈郡大子町大字小生瀬4050
枝垂桜(江戸彼岸桜)、樹齢約500年(推定)。
撮影日:2016年4月9日

毎年、樹齢何百年という「名桜」を訪ねるのを楽しみにしていますが、今年訪れる予定にしているうちの一つで、この日、同じ大子町にある外大野のしだれ桜を訪ねた後、そこから車で10分ほどでこの桜を訪ねて来ました。

あちこちに設けられた「小生瀬地蔵桜」の案内に従って進み、駐車場に車を停めましたが、そこから小さい丘を上がって下ったところに目的の桜はあった。

案内
160411namase01.jpg


丘を降りていくと、地蔵堂の向こうに桜があった。
160411namase02.jpg


地蔵桜全景
160411namase03.jpg


説明
160411namase04.jpg


私たちが越えて来た、小高い丘に広大な寺屋敷があり、竜骨が秘蔵されたという伝説があるようです。八竜山地福寺の寺跡があります。現在、寺跡に地域有志により子安地蔵堂が祀ってあります。
シダレザクラは、幹周り約4m、推定樹齢500有余年、樹高約15m、幹周りは中央部が朽ち果て無惨な姿でありますが、四方に伸びる枝は隆々とたくましく、地域の有志が支柱を施して管理しているそうです。

中央の幹
160411namase05.jpg


見ると、地蔵堂参道の石段があったのでそこを下りて、下から桜を眺めながら上がりました。
160411namase06.jpg


石段の中間点から。
160411namase07.jpg


参道を左に外れて桜を撮る。
160411namase08.jpg


石段を上がりきる直前に、振り仰ぐ。
160411namase09.jpg


こっち側からの幹。
160411namase10.jpg


石段を上がりきると、桜越しに地蔵堂が見える。
160411namase11.jpg


改めて、桜を撮る。
160411namase12.jpg


160411namase13.jpg


160411namase14.jpg


160411namase15.jpg


160411namase16.jpg


160411namase17.jpg


160411namase18.jpg


160411namase19.jpg


160411namase20.jpg


160411namase21.jpg


伝承に出てくる「竜骨」とは、やはり龍の骨ということだろうか・・・・・・・・・

なんだか聞いたことがあるような気がしたので、家に帰ってから調べると、漢方薬の材料で「竜骨」は存在する。
基原(素材):古代哺乳動物(象・犀・牛など)の骨の化石。中国の北部および四川省に産する。
薬効:鎮静作用、収斂作用、止血作用 
薬理作用:臍(へそ)下の動悸を鎮め、不眠を治す薬として用いられる。
禁 忌:収斂の効能が強いので、湿熱・実邪には禁忌。

材料の「竜骨」の写真もあった。
160411namase22.jpg


秘蔵品の伝承が、「龍の骨」だというほうが、ロマンがあって私は好きだが。

この桜を見てから、続いて「袋田の滝」にカミさんを案内した。


櫻行脚トップページ(桜の一覧)に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

福島県まで遠征ですか、すると、「三春・滝桜」にも行かれるのですね。

地蔵桜、人がいなくていいですね! これだけ、人がいなければ、いらいらしないで撮影できますし。それにしても、樹齢500年ですか、染井吉野の寿命は60年と言われているので、その8倍以上ですね。

そう言えば、六義園の紅枝垂れ桜は5.6年前だったか、勢いが衰えたので、根の保護のために奥側の道を廃止、肥料等を与える等で、元に戻ってきたのだそうです。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
桜は、本来長生きは難しい植物なので、
100年くらいと云われています。
それが、日本で最長齢の桜は2000年と
いいますから、これは人間が大切にしてきた賜物
と思います。
そんなわけで、毎年樹齢何百年という桜を
できるだけ見ようと思っています。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop