蘇我比咩(そがひめ)神社(延喜式内社)/千葉県千葉市中央区蘇我町

20160426

鎮座地:千葉県千葉市中央区蘇我町1丁目188
参拝日:2016年4月19日

歴史クラブの「関八州式内社めぐり」で、この日下総国の式内社11社のうち6社に参拝しましたが、最初に参拝したのが当社です。

下総国延書式内社の神名帳の写しを掲げておきます。
160426soga01.jpg


そのうち「千葉郡」二坐のうち一座が当社。
「蘇」の字が、当時は「蘓」と書かれていたようです。
160426soga02.jpg


入り口鳥居
武内社:下総国千葉郡 蘓我比呼神社、旧社格は郷社。
160426soga03.jpg


由緒:
創建の年代は不詳である。紀記神話によれば、日本武尊の東征の際、相模から総国に渡ろうと走水の海(浦賀水道)に出たところ、渡りの神が荒立って暴風が起こり、乗船していた船が危なくなる。それを鎮めるために日本武尊の后の弟橘姫が入水した。社伝によれば、そのとき弟橘姫に付き従ってきた5人の女性もー緒に水に入ったが、そのうちの一人、蘇我大臣の娘の蘇我比咩だけは浜に打ち上げられ、里人の看護により蘇生し、都に帰った。後に里人は、日本武辛が帰途に亡くなったことを聞き、その霊を慰めるために社を建てて祀った。
応神天皇はその行為に感激し、蘇我一族をこの周辺の国造として派遣した。蘇我氏は春日大社と比咩神社を信仰しており、両社を勧請して蘇我比咩神社を創建したという。

ただし、これには別の伝承もある。浜に打ち上げられ蘇生したのは弟橘姫であり、弟橘姫が「我、蘇(よみがえ)り」と言ったので「蘇我」という地名となったともいう。

手水舎
160426soga04.jpg


瑞垣の中、真っ直ぐに参道があり、瑞垣を入った所に狛犬があり。
160426soga05.jpg


大正15年奉納の狛犬。
160426soga06.jpg


160426soga07.jpg


160426soga08.jpg


拝殿前に石灯篭一組と、銀杏の巨木などが聳えている。
160426soga09.jpg


拝殿
160426soga10.jpg


160426soga11.jpg


160426soga12.jpg


拝殿内部
160426soga13.jpg


160426soga14.jpg


本殿は、社殿の横に入っていけないため、ほとんど見えない。
160426soga15.jpg


主祭神は、蘇我比呼大神(そがひめ)と千代春稲荷大神(せんだいはるいなり)。
合紀神は、天照皇大神、春日神(経津主神・建御雷神・天児屋根神・天児屋根比売神)及び八幡神(応神天皇・比呼大神・神功皇后)

中世には春日神が信仰の中心となっており、春日大明神と称していた。

神紋は、蘇我比呼大神が「五七の桐」、千代春稲荷大神が「包み抱き稲」。
160426soga16.jpg


160426soga17.jpg


境内社を参拝

「大山阿夫利神社・大三輪神社」
160426soga18.jpg


160426soga19.jpg


「浅間大神」
160426soga20.jpg


160426soga21.jpg


「手置帆負命」
160426soga22.jpg


近くにスズランが咲き始めていた。
160426soga23.jpg


160426soga24.jpg


荒垣の外に、かってはここも神域だったことを主張している三峰神社があり。

「三峯神社」
160426soga25.jpg


160426soga26.jpg


160426soga27.jpg


横の銀杏の巨木がすごかった。
160426soga28.jpg


160426soga29.jpg


これで当社の参拝を終え、続いて匝瑳市の「老尾神社」に向かいました。


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



神社巡拝記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

なるほど、「蘇我」と言う地名があの「蘇我氏」と関係あったと言う説なのですね。この時代の西暦って、よくわからないのですが、この伝承だと、ヤマトタケルの頃に蘇我氏が大和朝廷の大臣だったと言うことですね。私にとっては、蘇我氏って、蘇我稲目辺りから権力を持ってきたと言うイメージですので、意外でした。

それにしても、この神社の末社は大山阿夫利神社、大三輪神社、浅間大神、三峯神社と山に関係ある社が多いですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
古代の伝承というのは、どこまで信用できるかが
難しいですよね。
武内宿禰にしても、記紀に書かれていることを
全部つなぎ合わせると280年くらいに
なってしまいますから(笑)
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop