国立近代美術館/安田靫彦展

20160520

いつも私ばかりが出歩いている罪滅ぼしに、5月7日(土)にカミさんと出かけました。
都内に住んでいる娘も同行。

先に近くのKKRホテルで昼食を済ませてから、国立近代美術館に行きました。
竹橋を渡る。
160520kindai01.jpg


160520kindai02.jpg


国立近代美術館
160520kindai03.jpg


カミさんの希望で「安田靫彦」展にしたが、もちろん私もこの作家は大好きである。
160520kindai04.jpg


ポスター
160520kindai05.jpg


例によって、私の好きな作品だけ載せておきます。

「木曽義仲図」
1899年10月(16歳)  151.5×84.7
木曽義仲と巴御前
160520kindai06.jpg


「御夢」
1918年9月 210.3×100.6
後醍醐天皇が笠置山で、夢を見た場面。この夢から楠木正成を重用することになる。
160520kindai07.jpg


「居醒泉」
1928年9月 117.5×174.5
倭建命が伊吹山の神にはげしい氷雨を浴びせられ製紙の境をさまよい、泉の水で蘇生した場面
160520kindai08.jpg


「役優婆塞」
1936年2月 173.7×119.6
役行者だが、通常鬼を従えた痩躯の老人で表わされるが、ここでは身心ともに頑強に描かれている。
160520kindai09.jpg


「赤人」
1938年3月 55.4×71.7
160520kindai10.jpg


「天之八衢」
1939年9月 94.7×127.3
天孫降臨の場面で、猿田彦神と天宇受賣命の交渉の場面を描いている
160520kindai11.jpg


「布都御魂御太刀」
1940年2月 68.3×87.3
神武天皇東征において、熊野で神武天皇が正気を失ったとき、高倉下がこの剣を奉じると目を覚まし難を逃れた。
160520kindai12.jpg


「古事記」
1946年 44.0×59.5
稗田阿礼が暗誦し、太安万侶が書いている。
160520kindai13.jpg


「飛鳥の春の額田王」
1964年9月 131.1×80.2
160520kindai14.jpg


「吾妻はや」
1971年9月 79.7×129.0
倭建命が、走水海で身を投げ海神の怒りを鎮めた、弟橘比売命を偲んで嘆いた言葉。
160520kindai15.jpg


「富士朝暾(ふじちょうとん)」
1975年2月(92歳)  41.6×32.4
この作品が、最後の展覧会出品作品だそうです。
160520kindai16.jpg



「お気に入りの場所」に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

おっ、四季歩さんもこの展覧会、行かれたのですね! ここでは、ポスターでも使われている義経と頼朝の絵が最も好みでした。後は、秀吉を描いた2枚も素晴らしいと思いました。一方、女性を描いたものはほとんど私の趣味ではなかったのが残念でした。

そう言えば、四季歩さんは、「若冲展」は行かれないのですか。これ、もうすぐ終わりですが、ものすごい混み方で、昨日(5/20)、開場の10分前の9:20に上野公園を通ったら、既に行列の最後尾は3時間半待ちとなっていました。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
「若冲展」は、昨年だったか見たばかりなので、
割愛しました。
なにしろ、5/8の記事を今日アップしているくらい、
忙しくて・・・・・(泣)
それでも、たまには女房孝行しないと家を追い出されるので(笑)
安田靫彦展をカミさんが希望したので行ったというわけです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop