都怒我阿羅斯等(ツヌガアラシト)/日本の神々の話

20160809

気比神宮摂社「角鹿神社」の祭神
「天日槍」と同一の神とする説もある。

『日本書紀』に伝わる古代朝鮮の人物。
『日本書紀』では「都怒我阿羅斯等」、他文献では「都怒賀阿羅斯止」「都怒何阿羅志止」「都奴加阿羅志等」とも表記される。また『日本書紀』では別名を「于斯岐阿利叱智于岐(うしきありしちかんき)」とする。
意富加羅国(大加耶/大加羅)の王子で、地名「敦賀(つるが)」の由来の人物といわれる。

氣比神宮(福井県敦賀市)の社伝では、都怒我阿羅斯等は敦賀の統治を任じられたとする。また、氣比神宮境内摂社の角鹿神社(式内社)はその政所跡であるとし、現在は都怒我阿羅斯等が祭神とされている。

『日本書紀』では垂仁天皇2年条の分注として2つの所伝が記載されている。1つ目として崇神天皇の時、額に角の生えた都怒我阿羅斯等が船で穴門から出雲国を経て笥飯浦に来着したという。そしてこれが「角鹿(つぬが)」の語源であるとしている(角鹿からのちに敦賀に転訛)。また垂仁天皇の時の帰国の際、天皇は阿羅斯等に崇神天皇の諱(御間城<みまき>天皇)の「みまき」を国名にするよう詔した(任那(弥摩那)の語源)。その時に阿羅斯等に下賜した赤絹を新羅が奪ったといい、これが新羅と任那の争いの始まりであるとする。

2つ目の所伝では、都怒我阿羅斯等は自分の牛に荷物を背負わせて田舎へ行ったが、牛が急にいなくなってしまった。足跡を追って村の中に入ると、その村の役人が、「この荷の内容からすると、この牛の持ち主はこの牛を食べようとしているのだろう」と言って食べてしまったという。都怒我阿羅斯等は牛の代償として、その村で神として祀られている白い石を譲り受けた。石を持ち帰って寝床に置くと、石は美しい娘になった。
都怒我阿羅斯等が喜んで娘と性交しようとしたが、目を離したすきに娘はいなくなってしまった。都怒我阿羅斯等の妻によれば、娘は東の方へ行ったという。娘は難波に至って比売語曾社の神となり、また、豊国の国前郡へ至って比売語曾社の神となり、二箇所で祀られているという。

なお2つ目の所伝の関連伝承が、『古事記』の天之日矛(天日槍)・阿加流比売神説話や、『摂津国風土記』逸文(『萬葉集註釈』所引)に見える。

Wikipediaに載っている考証は以下の様である。
名の「つぬが」については、新羅や加耶の最高官位「角干(スプルカン)」を訓読みしたことに由来するとする説が有力であり、またこの「つぬが」が転訛して地名「敦賀」が生まれたともいわれる。また「あらしと」とは、朝鮮語の「閼智(アルチ/アッチ)」に見えるように、新羅・加耶における貴人への敬称と考えられている。敦賀には式内社として白城神社・信露貴彦神社といった新羅(白城/信露貴)系の神社も分布しており、「都怒我阿羅斯等」の名やその説話と合わせ、朝鮮半島南部から敦賀周辺への相次ぐ渡来人の来訪と定着が示唆される。ただしその所伝に関しては、説話の時期・内容の類似性から蘇那曷叱知(任那からの朝貢使)と同一視する説がある。

また、2つ目の所伝に見える「比売語曽社」のうち、難波の社は比売許曽神社(大阪府大阪市東成区、式内名神大社)、豊国国前郡の社は比売語曽社(大分県東国東郡姫島村)に比定される。この2つ目の所伝は天日槍伝説と同工異曲とされ、同一の神に関する伝承と見られている。「天日槍」の名称自体、上述の「ツヌガ(角干:最高官位)アラシト(閼智:日の御子の名)」の日本名になるとする指摘もある。そしてこれらの伝説において天日槍は新羅王子、都怒我阿羅斯等は大加羅王子とされているが、これは朝鮮由来の蕃神伝承が日本側で特定の国に割り当てられたに過ぎないとされる[8]。

谷川健一氏が『青銅の神の足跡』において、ツヌガアラシトについてどう書いているかを紹介しておく。
「垂仁紀」の記事によると、ツヌガノアラシトという渡来人が、日本国に聖皇がいますと聞いて帰化しようとしてやってきたとき、穴門の国、つまり長門国の西南部で、そこの国の王と称する伊都都比古と呼ばれる人間から、とどまることをすすめられた。しかしそれをことわって、島や浦をつたい、北海をめぐり笥飯(けひ)の浦まできた。北海というのは出雲の国以北の海岸一帯を指す。
ここにいう「額に角有ひたる人」という奇怪な表現をどのように理解すればよいのだろうか。
例えば本居宣長は、「実の角には非じ、頭に冠りたりし物の角と見えたるなるべし」としている。
谷川健一氏は、額に角の生えた人間というのは、銅や鉄の精錬技術をもたらした大陸系の渡来人にほかならぬ。そう推測するのは、兵器の生産神として古代中国の神話に登場する蚩尤(しゆう)は、銅頭鉄額にして、鉄石を食うとあり、またその耳ぎわの毛は剣戟のようにするどく、頭に角があって、それでたたかうとされているからである。
同様の根拠は、『今昔物語』巻十七、 『宇治拾遺物語』 にみられるとしている。

敦賀駅前に立つ、「都怒我阿羅斯等」の像
160809tunuga.jpg



日本の神々記事一覧に飛ぶ


スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

なるほど、鬼がいたのは大江山だけではなかったのですね。大江山の鬼から推測すると、やはり、軍隊を引き連れて朝鮮から渡ってきたと言うのが妥当なところだと思います。敦賀駅前の銅像も軍隊の格好ですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
渡来民族は、何度も何度もやってきたが、来るときは
軍勢として征服するようなかたちではなかったと
思いますね。
そうなら伝承として、記紀にも反映されたと思います。
そのなかで、覇権争いが当然生じたと思います。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop