天火明命(あめのほあかりのみこと)・火明命(ほあかりのみこと)/日本の神々の話

20160828

『古事記』には天火明命、『日本書紀』には火明命、天照国照彦火明命、また『先代旧事本紀』には天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやのみこと)と記されている。 
尾張氏(尾張連)、海部氏など多くの氏族の祖神であり、海部氏系図(あまべしけいず)にも始祖としてその名が記されている。

『古事記』によれば、天火明命はアメノオシホミミと高木神の娘ヨロヅハタトヨアキツシヒメとの間に生まれている。
『古事記』、「邇邇芸命」の巻「邇邇芸命の生誕」の段
(現代語訳)
 そこで天照大御神と高木神の仰せによって、日嗣の御子のマサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミノ命に対して、「今、葦原中国を平定し終ったと申して釆た。だから、先に委任したとおり、その国に天降ってこ統治なさい」 と仰せになった。
 ところが、その日嗣の御子のアメノオシホミミノ命が答えて申すには、「私が天降ろうと支度をしている間に、子が生まれました。名はアメニキシク二二キシアマツヒコヒコホノ二二ギノ命と申します。この子を降すのがよいでしょう」と申し上げた。この御子は、アメノオシホミミノ命が、高木神の女のヨロヅハタトヨアキツシヒメノ命と結婚なさって生んだ子で、アメノホアカリノ命と、次にヒコホノ二二ギノ命の二柱である。こういうわけで、オシホミミノ命の申されたとおりに、ヒコホノ二二ギノ命に仰せ言を下して、「この豊葦原の水穂国は、あなたが統治なさるべき国であると委任します。だから命令に従って天降りなさい」と仰せになった。

ニニギは弟だが、『日本書紀』の一書では子としている。 

また『先代旧事本紀』では、穂積臣、物部連の祖である饒速日命(ニギハヤヒノミコト)と同一神としている。 
一方、『播磨国風土記』ではオホナムチの子とする。

名前の「天照国照」「火明」からわかるように太陽の光や熱を神格化した神である。
また、本居宣長の『古事記伝』では「ホアカリ」は「穂赤熟」で、稲穂が熟して赤らむ意味としており、天皇に繋る他の神と同様、稲に関係のある名前でもあり、太陽神、農業神として信仰されている。 
このようなことから天穂日命の系譜、つまり天津神系の出雲神を源流としていることが伺える。
「天照」の名があるが「天照大神」とは別の神である。元伊勢の籠神社では、主祭神を「天照国照彦火明命」とし、相殿神に「天照大神」としてそれぞれ別の神としている。

祀る主な神社としては、
真清田神社(愛知県一宮市)
住吉大社(大阪市住吉区) - 住吉三神を祀る。住吉大社を創建した田蓑宿禰は尾張氏の一族であり、その子孫が住吉大社の歴代宮司家としての津守氏である。
また全国の天照御魂神社は天火明命を祀るところが多い。

始祖とする氏族:
『新撰姓氏録』では、天火明命の子孫を「天孫族」としている。天孫族は大和国葛城の高尾張から尾張国に移り、天火明命の御子「天香山命(あめのかぐやまのみこと)」の時に定住し、真清田神社(愛知県一宮市)に天火明命を祀ったとしている。
尾張氏(尾張連)・津守氏、海部氏など多くの氏族の祖神であり、海部氏系図(あまべしけいず)にも始祖としてその名が記されている。
穂積氏、物部氏の祖であるニギハヤヒと同一ともいわれる。


※「火明命」で注意することがある。
『播磨国風土記』に登場する「ホアカリ」である。
『播磨国風土記』には、出雲王国に属する神々の分裂や争いの話を多く載せている。オオクニヌシとその子、ホアカリのすさまじい争いの話がある。
そこには、多くの女性を魅了した美男子オオクニヌシの姿はなく、歳をとり、癇癪持ちとなった暴君オオクニヌシの姿がある。
オオクニヌシの息子ホアカリというのはニニギの兄弟と同名であるが、それとは異なる神であると思われる。
オオクニヌシの子にホアカリという神がいたことは記紀には語られていない。ホアカリは『播磨国風土記』にのみ出てくる神である。
ちなみに姫路という名は、オオクニヌシの乗った船がホアカリによって壊され、そこに積んだ「蠶子(ひめこ)」すなわち蚕(かいこ)が落ちたので、「姫路」と名付けられたという。
姫路は播磨の中心都市であり、当然、明治維新の際には、県庁所在地が置かれるはずの地であったが、姫路藩は彦根藩とともにあくまで薩長に抵抗した佐幕の藩であったので県庁の所在地を奪われ、名もない港であった神戸を国際港として開港し、県庁所在地としたのである


日本の神々記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop