健田須賀(たけだすが)神社(延喜式内社)/ 茨城県結城市

20161030

鎮座地:茨城県結城市結城195
参拝日:2016年9月23日

下総国式内社参拝は、前回6社に参拝し、この日残る5社に参拝しましたが、茂侶(もろ)神社、蛟蝄(みずち)神社、桑原神社に続き当社に参拝しました。

社号標
社格等:下總國結城郡式内社(小)健田神社、県社
161029takeda01.jpg


当神社は明治3年に健田神社と須賀神社が現在の地に合祀になったもの。

神社由緒:
健田神社の創建は大変古く、もとは結城本郷健田に鎮座していた(現在の地より2キロ程東南)。この地は古代より現在に至るまで、霊峰筑波山を拝するのに素晴らしい地にあり、古代人はここで祭りを行い、日の出から暦を察した場所と考えられる。やがて神社の様相を呈し、竹田臣一族・結城の国造が祖神武渟川別命(たけぬなかわわけのみこと)を祀ったといわれている。『延喜式』には下総国11社の1つに記されている。以後、宝暦14年(1764)乗国寺と習合し境内に遷座、徳川幕府より祀田9石の寄進あり(朱印状現存)。明治3年神仏分離により、須賀神社と合祀された。

須賀神社は古くは天王宮と称し、結城家初代朝光公が鎌倉初期仁治3年(1242)尾張国津島神社よりご神霊を勧請し結城城の鬼門除け、結城家第一の氏神として手厚く祀られ結城家はもとより広く民衆に信仰され結城の産土神として崇敬された。特に康永2年(1343)結城家7代直朝公が「結城七社」を定め結城108郷の総社として盛観を極めた。結城家18代秀康公(徳川家康次男)福井移封後も家臣を遣わし崇敬した。昭和5年茨城県々社に昇格した。祭神は須佐之男命を祀り、夏祭り(祇園祭)は市中挙げて行われ、神輿担ぎは勇壮で日本一のあばれ神輿として有名。

牛頭天王と須佐之男命:
須賀神社は、ご祭神が牛頭天王であったから江戸時代まで天王宮といった。
牛頭天王はインドの祇園精舎の守護神。牛頭天王は丑寅すなわち鬼門をにらむ邪気よけの強い神であることから、当神社は結城城の鬼門除けの社として歴代の城主より崇敬された。10世紀より始まる祇園御霊会(現在の祇園祭、夏祭り)は牛頭天王の防疫神、天道神、糺(ただ)しの神、方位の神としてのご神徳からきている。
『薮内佐斗司作品集大博物誌』求龍堂によれば、「鬼どもの統率者たる牛頭天王は、館の鬼門に陣取り丑寅の方を睨みすえ、あらゆる邪気を退散せしむ」とある。

入り口
161029takeda02.jpg


一の鳥居
161029takeda03.jpg


手水舎
161029takeda04.jpg


161029takeda05.jpg


二の鳥居
161029takeda06.jpg


明治32年造立の狛犬
161029takeda07.jpg


161029takeda08.jpg


161029takeda09.jpg


161029takeda10.jpg


拝殿
161029takeda11.jpg


161029takeda12.jpg


161029takeda13.jpg


社額
161029takeda14.jpg


参加者が代わるがわる覗き込んでいると、宮司さんがやってきて、拝殿に上げてくれた。
拝殿の内部には、たくさんの絵馬が掛けられていた。

山岡鉄舟筆扁額
161029takeda15.jpg


谷文晁画の絵馬
161029takeda16.jpg


素晴らしい絵馬がたくさんあった。
161029takeda17.jpg


161029takeda18.jpg


161029takeda19.jpg


161029takeda20.jpg


161029takeda21.jpg


本殿
161029takeda22.jpg


ご祭神:
旧健田神社祭神:武渟川別命(たけぬなかわわけのみこと)
旧須賀神社祭神:須佐之男命(すさのおのみこと)

神紋は「右三つ巴」
161029takeda23.jpg


神楽殿
161029takeda24.jpg


続いて、境内社に参拝。
十二社(じゅうにしゃ)
161029takeda25.jpg


161029takeda26.jpg


甲子稲荷神社(きのえねいなりじんじゃ)
ご祭神:大国主命(おおくにぬしのみこと)、倉稲魂命(うかのみたまのみこと)
161029takeda27.jpg


猿田彦神社
161029takeda28.jpg


これで当社の参拝を終え、続いて高椅神社に向かいました。


歴史クラブ行事記事一覧に飛ぶ



神社巡拝記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

拝殿に上がることができて良かったですね! ここ、インターネット上で調べたら、「あばれ神輿」として有名なのだそうですが、どのような担ぎ方か、Youtubeを調べたのですが、見あたりませんでした。

浅草橋駅近くに御祭神が素盞鳴尊の須賀神社があり、以前も書きましたが、会社の同僚に「須賀」と言う人がおり、「須賀くんの神社にお参りしてきたよ」とからかったことを思い出しました。でも、この浅草橋の須賀神社の神輿は普通の担ぎ方だったと思います。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
「あばれ神輿」については、うっかりしていて、
まったく調べていませんでした。
どういう荒事を行うのか、私も今になって
気になってきました(笑)

須賀神社については、私は出雲の須賀神社が
素晴らしかったことにつきますね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop