三囲(みめぐり)神社

20161111

鎮座地:東京都墨田区向島2丁目5−17
参拝日:2016年11月3日(10月2日、2012年4月24日)

3日に浅草寺で「白鷺の舞」を観たあと、吾妻橋から隅田公園を抜けていき、牛島神社に参拝した後、当社に参拝しました。

今回使用している写真は、当日幹事で思うように写真を撮れなかったため、10/2の下見の時、2012年に参拝したときの写真も使っています。

三囲神社に到着。
161111mimeguri01.jpg


社号標
161111mimeguri02.jpg


旧村社(現在はかつての小梅村にあたる地区にあるが、旧地は須崎村にあったと推測されている)。元、田中稲荷と称した。創立年代は不詳。
社伝によれば、近江国三井寺の僧源慶が当地に遍歴して来た時、小さな祠のいわれを聞き、社壇の改築をしようと掘ったところ、壺が出土した。その中に、右手に宝珠を、左手にイネを持ち、白狐に跨った老爺の神像があった。このとき、白狐がどこからともなく現れ、その神像の回りを3回回って死んだ。三囲の名称はここに由来するという。
元禄6年(1693年)、旱魃の時、俳人其角が偶然、当地に来て、地元の者の哀願によって、この神に雨乞いする者に代わって、「遊(ゆ)ふた地や田を見めくりの神ならは」と一句を神前に奉ったところ、翌日、降雨を見た。
三井家では、享保年間に三囲神社を江戸における守護社と定めた。理由は、三囲神社のある向島が、三井の本拠である江戸本町から見て東北の方角にあり、鬼門だったことと、三囲神社の“囲”の文字に三井の“井”が入っているため、「三井を守る」と考えられたため。

「江戸名所繪図」
161111mimeguri03.jpg


隅田川から随分離れています。
本来は牛嶋神社の隣にあったが、洪水で一度流され、河岸に堤が築かれることになった際に南へ少し移動した。
その堤のために、対岸から見ると、鳥居が堤から奇妙に頭だけ出しているように見え、浮世絵などに好んで描かれたそうです。

安政年間の「隅田川向島繪図」に描かれているのが、そうですね。
上が北の方向に置きました。
赤丸で囲ったのが三囲稲荷。
161111mimeguri04.jpg


ところが現在は、牛ノ御前(牛島神社)の位置が変わってしまって、水戸下屋敷跡が隅田公園ですが、そこにあります。

玉垣に、三越のマークが。
161111mimeguri05.jpg


鳥居脇に、百貨店生みの親である日比翁助氏の歌碑があり。
161111mimeguri06.jpg


161111mimeguri07.jpg


鳥居をくぐると、境内最古の三つ穴石灯篭があり。
161111mimeguri08.jpg


161111mimeguri09.jpg


延享2年(1745)奉納の狛犬。
161111mimeguri10.jpg


161111mimeguri11.jpg


161111mimeguri12.jpg


161111mimeguri13.jpg


161111mimeguri14.jpg


161111mimeguri15.jpg


161111mimeguri16.jpg


狛ライオン
かっては池袋三越店頭に設置されていたもので、同店の閉店に伴い、神社からの申し出により、三越と強い縁を持っている事から実現した。
大正の頃に三越呉服店を率いていた日比翁助氏がライオン好きで、三越本店にライオン像を置いたのが、三越のライオン像のはじまり。
161111mimeguri17.jpg


161111mimeguri18.jpg


目じりの下がった愛嬌ある狛狐「コンコンさん」
161111mimeguri19.jpg


161111mimeguri20.jpg


161111mimeguri21.jpg


161111mimeguri22.jpg


拝殿
161111mimeguri23.jpg


161111mimeguri24.jpg


161111mimeguri25.jpg


彫刻が良い。
161111mimeguri26.jpg


161111mimeguri27.jpg


社額
161111mimeguri28.jpg


とても良い音がする鈴緒だった。
161111mimeguri29.jpg


161111mimeguri30.jpg


拝殿内は伺えなかったが、沢山の奉納絵馬があるようだった。
161111mimeguri31.jpg


161111mimeguri32.jpg


本殿
161111mimeguri33.jpg


ご祭神は、宇迦御魂之命(うがのみたまのみこと)。

神紋は「抱き稲に三」
161111mimeguri34.jpg


社域の一角には没後100年を経た三井家当主たちを祀った「顕名霊社」がある。
161111mimeguri35.jpg


161111mimeguri36.jpg


陶製の狛犬
161111mimeguri37.jpg


161111mimeguri38.jpg


161111mimeguri39.jpg


161111mimeguri40.jpg


社殿の彫刻が素晴らしい。
161111mimeguri41.jpg


161111mimeguri42.jpg


161111mimeguri43.jpg


161111mimeguri44.jpg


161111mimeguri45.jpg


石造りの三柱鳥居
161111mimeguri46.jpg


161111mimeguri47.jpg


三柱鳥居の手前には三本柱の屋根を持つ手水鉢がある。
161111mimeguri48.jpg


老翁老女の石像
161111mimeguri49.jpg


161111mimeguri50.jpg


161111mimeguri51.jpg


161111mimeguri52.jpg


碑はないが、ここにも三囲を詠んだ其角の句があります。
「早稲酒や狐呼びだす姥が許(もと)」

其角の有名な句
「遊(ゆ)ふた地や田を見めくりの神ならは」
161111mimeguri53.jpg


161111mimeguri54.jpg


161111mimeguri55.jpg


境内には、其角の句碑がもう1基ある。
「山吹も柳の糸のはらミかな」
161111mimeguri56.jpg


社殿横に宗因白露の句碑
「白露や無分別なる置きどころ」
句碑は二つの石が合せられていて、右に「白露や」の句、左に芭蕉、其角、許六などの宗因を褒める文章が刻されている。
161111mimeguri57.jpg


161111mimeguri58.jpg


阪井久良伎の川柳
「広重の雪に山谷は暮れかかり」
161111mimeguri59.jpg



これで、当社の参拝を終え、今日の予定は終了です。
のんびりと、隅田川のテラスを歩いて吾妻橋に向かい、帰途につきました。

(了)


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



「神社巡拝」に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

三囲神社は「隅田川七福神」の1つですので、1回のみ行ったことがあります。ここは、大国神・恵比寿神を祭っているので、その社は拝殿に向かって左にあります。

そう言えば、当初は私のホームページにそれを間違えて「右」と書いてしまったので、それを見て七福神巡りをした人より、間違えている旨のメールをいただいたことがありました。当時は今より七福神の情報が少なく、私のページを見て、七福神巡りをしていた方もいたようです。


matsumo さん

コメントありがとうございます。
七福神めぐりも、matsumoさんは正月に
限らずに熱心にされていますよね。
今は、どこでも七福神めぐりをやっているので、
毎年どこにしようかと悩む状況です(笑)
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop