白山比咩(しらやまひめ)神社の狛犬/狛犬を楽しむ

20161112

今まで、撮りためていた狛犬が相当の数になりました。
その魅力にハマッています。
これから、江戸時代以前のものに限定して、私が確認した狛犬を年代の古い順にアップしていきたいと思います。

最も古いのは、石川県白山市「加賀之国一之宮・白山比咩神社」の狛犬

所在地:石川県白山市「加賀之国一之宮・白山比咩神社」宝物館
参拝日:2014年8月3日
年代:平安時代末
材質:木製
型式:神殿型

白山比咩神社は、全国に三千余社あるという白山(はくさん)神社の本社にあたります。
161112koma01.jpg


白山比咩神社の記事を読む


この狛犬は、現在宝物館に置かれており、撮影禁止のため、画像は神社発行のガイドブックに記載のものしかありません。
161112koma02.jpg


161112koma03.jpg


161112koma04.jpg


・阿吽あり、ただし獅子と狛犬のセットとは云い難いが、頭には、吽形に角を取り付けたあとあり
・耳は、目立たない
・たてがみは、流れていて、獅子と狛犬の区別は無い
・胸の襟毛:無し
・顔の特徴:獰猛
・前足:細く、長く、直立している
・胸が張って堂々としている
・後足: 蹲踞(そんきょ)
・尾:付き尾
・特徴:精悍で獰猛で、今まさに飛びかからんとする力強さがある

狛犬のルーツは各説ありますが、日本でのルーツは、神聖な場所を守護するため、また宮中の調度品「鎮子(ちんす)」として、室内に置かれました。

「神殿型」というのは、主として木製で、神聖な場所を守護するため社殿内(回廊まで含む)に置かれたものをいう。
その説明によく引用されるのが、今回の「白山比咩神社」にある「絹本着色白山三社神像図」(鎌倉時代)です。
一番下に狛犬一対が描かれている。
161112koma05.jpg


狛犬の記事一覧を見る




スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

木造の狛犬ですか、いいですよね!

以前にも書かせていただきましたが、「坂本」の「日吉大社」には、少なくとも、3対の木造の狛犬が社殿の軒下に安置されています。ここ、緑が多い場所ですので、関西に行かれた時、ぜひ、行って下さい。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
どうしてか、わかりませんが、狛犬は
古いもののほうが、私は好きです。
坂本の日吉大社の社殿の回廊に置かれている
狛犬は、テレビで日吉大社を取り上げるたびに
見ています。
切実に見に行きたいと思っています。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop