宇都宮二荒山神社の鉄製狛犬/狛犬を楽しむ

20161208

所在地:栃木県宇都宮市「下野国一之宮・宇都宮二荒山神社」
参拝日:2016年8月16日
年代:建治3年(1277) 鎌倉時代
材質:鉄製
型式:はじめ型
国指定重要美術品

宇都宮二荒山神社に参拝したときに、事前の調査で存在がわかっていたので、写真でもいいから載っているパンフレットをと、社務所に尋ねたら、見ることができました(嬉)

宇都宮二荒山神社の記事を読む


「宇都宮二荒山神社」の鉄製狛犬
161207utsumiya01.jpg


161207utsumiya02.jpg


161207utsumiya03.jpg


背に「建治三年丁丑二月 吉田直連施入」の溶鋳銘がある。
161207utsumiya04.jpg


陳列されている向きから、顔が見えなかった。
わからないかと探して、「宇都宮の歴史と文化財ホームページ」から写真を拝借しました。
161207utsumiya05.jpg



・高さ約36cm、重さ約22㎏、鋳鉄製の狛犬
・口を結び、吽形のほうである。一双であったが、もう片方はうしなわれたと説明がある。
・耳の垂れ下がった日本犬が坐った姿。
・背をいくぶん丸め、尾を付け、後ろ足を揃えている。
・体は左右2つに割った型を用いていることが、体の中心部を通るバリからわかる。
・足は棒状で別の体とは別の型を用いて後に接合したもの。
・左前足を失っているのは、火災にあったためであると伝えられている。
・顔や胸のはりや後ろ足に弧状の隆起線を鋳出すなど、鉄という鋳造には難しい素材を用いながらもその技術は巧みである。
・本狛犬は日本犬を表現しており、大変珍しいものであり、「はじめ型」と考える。


「はじめ型」:
初期に、「狛犬というものがあるそうだ」と全国に話がひろまったとき、各地の職人が自由な発想で製造したものをいう。造形的には「和犬」を参考にしたものが多い。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

なるほど、鉄製の狛犬が残っているのですか! それも鎌倉時代のものとは驚きました。ただし、形は狛犬と言うより普通の犬と言う感じですね。割れた所を見えますが、ムクではなく、中空のようですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
私も、事前に調べて鉄製だとは知っていた
のですが、説明に鎌倉時代とあって
驚きました。
「はじめ型」は、型にとらわれずに
自由で、面白いです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop