目黒不動尊の狛犬

20170119

所在地:東京都目黒区下目黒・目黒不動尊参道石段上
撮影日:2017年1月12日

年代:承應3年(1654)、石造では都内最古
材質:石造
型式:はじめ型

目黒不動尊には、江戸時代造立で左右揃ったものは三組あり、その中でこれが一番古い。
今まで何度も目黒不動には行き、この狛犬も撮ってあったが、満足できる撮れ方ではなかったので、今月12日に目黒に行く用事があったので、撮って来た。

目黒不動尊については、「関東36不動めぐり」で参拝した時の記事があります。

その記事を見る


参道の男坂を上がりきったところに置かれています。
これは、本堂側から撮ったもの。
170119meguro01.jpg


右側の阿形獅子
170119meguro02.jpg


170119meguro03.jpg


170119meguro04.jpg


170119meguro05.jpg


170119meguro06.jpg


左側の吽形獅子
170119meguro07.jpg


170119meguro08.jpg


170119meguro09.jpg


170119meguro10.jpg


170119meguro11.jpg


特徴:
・右側が阿形、左側が吽形で、両方ともたてがみが巻き毛なので獅子。
・大きな眉も含めて、顔の周囲を巻き毛が回っていて、獅子らしい顔
・顔はいかめしいが笑っていて親しみやすい。
・前足は太くてたくましいが、肘が曲がっていて動きがある。足の付け根に小さな翼あり。
・後足は蹲踞。膝に渦巻き模様。
・足首から毛が流れているが、右は巻いており、左は流れている。
・尾は付き尾だが、古代ギリシアのコリント式柱頭の装飾に使われた植物のようなデザイン。

足と胸のところに銘が刻まれている。
胸 : 奉献 不動尊霊前 唐獅子二匹
右足: 亀岡久兵衛正俊
左足: 承應三甲午三月廿二日
170119meguro12.jpg


「はじめ型」によく見られるが、足の間の彫りを省略している。
170119meguro13.jpg


足首から毛が流れていて、ちょっと見は尾にも見える。
これが右は巻いており、左は流れているのが面白い。
「右獅子、左狛犬」のたてがみの特徴と同じ。
170119meguro14.jpg


170119meguro15.jpg


尾は付き尾だが、古代ギリシアのコリント式柱頭の装飾に使われた植物のようなデザインで面白い。
170119meguro16.jpg



「はじめ型」の年代だが、唐獅子として造られたので、大きさがあり、彫りも立派で、尾のデザインなども装飾的。
「はじめ型」と呼んでいいのかとも思うが・・・・・・
しかし、その後一世を風靡する江戸獅子や、古くからある正統派神殿型狛犬とも明らかに違っていて、非常に貴重な存在だと思う。

後世の唐獅子型と比較すると、デザインがシンプルで、なによりもユーモラスな笑い顔がなんともいえず、親しみがあって、私にとって大好きな狛犬の一つだ。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

おお、この狛犬は勿論、私も撮影していますが、光の当たり方が悪い時でした。この狛犬、そんなに古いものとは思ってもみませんでした。

そう言えば、別な話ですが、1/17(火)から東京国立博物館で始まった「春日大社 千年の至宝」展には、鎌倉時代の狛犬が展示されているようです。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
東京国立博物館の「春日大社 千年の至宝」展は、
私もぜひ見に行くことにしています。
今回の式年造替に併せて、狛犬を新たに、
現代のものを作って、置き換えるということを、
テレビのドキュメンタリーでやっているのを
見ました。
今回の出展されるものは、今まで置かれていたもの
と思われます。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop