六郷神社の狛犬/東京都大田区

20170130

所在地:東京都大田区東六郷・六郷神社境内
撮影日:2014年1月17日

年代:貞享2年(1685) 
材質:石造
型式:はじめ型

今から3年前、「武蔵国式内社めぐり」で六郷神社を訪ねた際にこの狛犬を見て、その「ブサカワ」ぶりにビックリして、それ以来狛犬を楽しむようになった。
いわば、狛犬の楽しさを教えてくれたのが、この狛犬である。

六郷神社については、既に記事にしています。

その記事を読む


境内の一角に、頼朝奉納の手水鉢などと一緒に、植木のなかにわりと無造作に置かれている。

説明
170130rokugou01.jpg


阿形獅子
170130rokugou02.jpg


170130rokugou03.jpg


170130rokugou04.jpg


吽形獅子
170130rokugou05.jpg


170130rokugou06.jpg


170130rokugou07.jpg


特徴:
・阿形、吽形両方ともたてがみが巻き毛なので獅子。
・吽形の頭に角らしき突起がある。
・顔は典型的な「ぶさかわ」で、ユーモラスな笑顔で、親しみやすい。
・前足は短くまっすぐ。付け根から長く毛が延びて翼のようになっている。
・後足は蹲踞。
・尾はシンプルな短い付き尾。毛先が背中に向けて巻いている。

「はじめ型」の特徴である、髪の毛先だけがカールしていて、尾が背中にくっついている。

髪の毛先だけがカールしている。
170130rokugou08.jpg


尾はシンプルな短い付き尾で、毛先が背中に向けて巻いている。
170130rokugou09.jpg


短い前足の付け根から長く毛が延びて翼のようになっている。
170130rokugou10.jpg


「はじめ型」の、小型で四つん這い、髪の毛先だけがカールしている、尾が背中にくっついている特徴を表わしていて、彫りが実にシンプルで、それが親しみやすい印象を与えている。
「はじめ型」の特徴である、ユニークな笑い顔の親しみやすい顔であり、とても可愛い狛犬だ。
「ぶさかわ」の典型的な狛犬で、私にとってはこれが一番好きと云ってもいいくらいだ。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

いやあ、いい狛犬ですねえ! 私は現代風の整ったものより、このようなダックスフント型の方が遙かに好きです。大田区はほとんど行く用が無い場所ですが、蒲田か川崎に行ったついでに寄りたくなりました。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
いわゆる「ダックスフント型」というのは、
狛犬の分類でいうと「はじめ型」ですね。
私も、このタイプが大好きです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop