浅草神社の夫婦狛犬

20170216

所在地:東京都台東区浅草 浅草神社境内
参拝日:2015年3月17日

年代:江戸時代(1600年代後半~1700年代前半)
材質:石造
型式:はじめ型

浅草神社については、既に記事にしています。

その記事を読む



浅草神社の参道には、天保7年(1839)奉納のものと、昭和36年奉納のブロンズの狛犬がありますが、境内の一角に、引退してのんびりと過ごしている「夫婦狛犬」が居ます。

しかも相合傘で(笑)
170216asakusa01.jpg


神社の説明
170216asakusa02.jpg


阿形、吽形がくっついて並んでいる。
170216asakusa03.jpg


阿形
170216asakusa04.jpg


吽形
170216asakusa05.jpg


斜め後ろから
170216asakusa06.jpg


特徴:
・右側が吽形、左側が阿形で、両方ともたてがみが巻き毛なので獅子。
・阿吽ともに頭に窪みがあるが、はめ込み式の角があったと説明あり。
・両方とも角だったのか、片方が宝珠で片方が角だったのか、興味をひくところである。
・顔は、実に親しみやすい笑顔。
・前足は太くたくましく、短い。
・後足は蹲踞。足の付け根の巻き毛から三本長く延びているのが特徴。
・尾は手のひらのように伸びた付き尾。根元のほうにわりと多い巻き毛あり。

頭の窪み
170216asakusa07.jpg


足の付け根の巻き毛と、付き尾。
170216asakusa08.jpg


神社の「夫婦狛犬」という演出と相まって、「はじめ型」の特徴である、小型で四つん這い、ユニークな笑い顔の親しみやすい顔によって、実に親しみやすい狛犬である。
彫りがシンプルなのも、親しみやすい印象を与えている。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

おお、浅草神社にこのようなものがあるのですか! 浅草寺には時々、行きますが、その時、浅草神社には寄ることはほとんどないので、気がつきませんでした。と言うか、そう言えば、前回、行った時に赤い傘を見た記憶がありますが、まさか、その下に狛犬がいるとは思ってもみませんでした。

次回、行った時に撮影したいと思います。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
この狛犬、かわいいですよね。
今度行かれたときに、可愛いがって
ください。
とてもいい狛犬だと思います。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop