馬力神(ばりきしん)/日本の神々の話

20170219

記紀などの神話に登場する神でなく、民俗信仰によるもの。

栃木県を中心とする北関東地方から南東北地方で江戸末期から昭和初期まで盛んだった風習で、愛馬の冥福を祈り石碑を建てるもの。
ネットで見つかる記事で推測すると、範囲は宮城県、茨城県、栃木県と思われる。
埼玉県、東京都では、私は見かけたことが無い。

『日本民俗大辞典』(福田アジオほか/編 吉川弘文館 1999)によると、「馬の守護神。自然石に馬力神と刻んだ石塔が栃木県や宮城県で見られるが、その大部分は愛馬の供養のために造立されたもので、神名のほか、紀年銘と造立者を記すだけのものが多い。馬力神の石塔は栃木県下都賀郡壬生町南犬飼北坪の1851年(嘉永4)例が現在知られる最古のもので、幕末に出現し、明治時代にもっとも多く造立された。」と説明があります。

たとえば栃木県では、『下野の野仏』緊急碑塔類調査報告 (栃木県教育委員会/編 1973)の塔碑類一覧で調べると県内に274の馬力神があることがわかります。

「馬頭観音」や「馬頭観世音」の石碑と同様の信仰心理に成り立っているものだろう。

「馬力神」の石碑
170217baryoku.jpg




日本の神々記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

馬力神ですか、初めて聞いた言葉です。

馬を持っている家はそれなりに裕福な家であったのかもしれませんが、それでも、石碑を建てるのはそれなりのお金が必要であったと思いますので、やはり、裕福な人が建てたのだと思います。

また、「明治時代にもっとも多く造立された」とのことですので、ふと、思ったことは軍馬として徴用あるいは買われた馬が結構、あったのではと言うことですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
私が育ったのは、信州の山村でしたが、
子供のころは、まだ「ばくろう」という人たちが、
山から木を運び出すのに、馬を使ってました。
午のシッポで顔をたたかれたり、色々な
想い出があります。
明治のころは、完全に馬しか無い時代
だったと思います。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop