鎧神社境内・天神社の狛犬

20170305

所在地:東京都新宿区北新宿「鎧神社」の境内・天神社
撮影日:2016年2月6日

年代:享保6年(1721)
材質:石造
型式:はじめ型

庚申塔の調査をしていたときに、「狛犬型庚申塔」ということで、見に行きました。
狛犬を利用した庚申塔は、珍しく貴重なものなので、新宿区の文化財となっている。
それから雌雄を現している点でも、大変珍しい。

「鎧神社」については、既に記事にしています。

その記事を見る


天神社
170305yoroi01.jpg


社殿の直前に置かれている。
170305yoroi02.jpg


説明
170305yoroi03.jpg


右側の阿形狛犬
170305yoroi04.jpg


170305yoroi05.jpg


170305yoroi06.jpg


左側の吽形狛犬
170305yoroi07.jpg


170305yoroi08.jpg


170305yoroi09.jpg


170305yoroi10.jpg


特徴:
・右側が阿形、左側が吽形で、両狛犬型である。
・両方ともたてがみがながれているので狛犬。
・阿形の頭は埋められているが窪みがあったと認められる。吽形の頭には角があり。
・顔は、実にブサイクでユーモラス。表情は親しみやすい笑顔である。
・前足は、前足は短く直立している。
・後足は蹲踞。
・尾は、扇状に開いている「付き尾」である。
・雌雄の別を現している。


台座に「庚申供養」と刻まれている。
170305yoroi11.jpg


阿形の頭は埋められているが、窪んでいたことは確かである。
170305yoroi12.jpg


吽形のほうは、角がはっきりとわかる。
170305yoroi13.jpg


尾は、扇状に開いている「付き尾」である。
170305yoroi14.jpg


雌雄の別が現わされている。
阿形
170305yoroi15.jpg


吽形
170305yoroi16.jpg


大変なブサイクで、ユーモラスな笑顔をしているので実に親しみやすい狛犬なのだが、「狛犬型庚申塔」であり、雌雄の別ありで、大変貴重なものであることを知る人は少ないと思う。
大事に守っていきたいと思う。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

ここ、四季歩さんの書かれたのを読ませていただいて、狛犬が気に入ったので、新宿御苑に行った後に、撮影に行った所ですね。ですから、懐かしい思いで読ませていただきました。

この神社、拝殿前の狛犬も中々のものだったと思います。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
ほんとに、ここの狛犬はいいですよね。
拝殿前の狛犬は、昭和11年奉納の
もので、いわゆる「威嚇型」というもので、
ただ鎧神社のものは、堂々としている
けれど、ちょっとのびやかな顔をして
いるので、私も好きです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop