高尾山火渡り祭

20170316

3月12日に行われた高尾山火渡り祭を、歴史クラブ行事として催行されたので、参加しました。

京王線高尾山口駅に11時半ころ到着、それから12時半まで自由行動ということで、まずは昼食。
幸い参加者全員が入れたお蕎麦屋さんがあり、そこでお蕎麦を食べたあと、門前市をぶらぶらしました。

不動院をのぞくと、修験道行者の方が集まっており、梵天札の差さった御輿も置かれていた。
修験道では御幣や幣束のようなものを梵天と呼びます。
山伏が梵天札の差さった御輿を担ぎ燃えさかる炎のまわりを、御加持して歩き、信徒の厄災を除き、1年間の家庭の安全を祈念してくださる。
特に火伏(ひぶせ)の御札として、火を扱う所にお祀りします。
170316takao01.jpg


170316takao02.jpg


時間少し前に会場に行くと、既に沢山の人が集まっていました。
170316takao03.jpg


参加者の中で、火渡り希望の人はさっそく列に並びました。

修験道には、山伏修行、水行、火行などがあるが、
火行は、毎年3月第2日曜日におこなわれる火渡り祭が火行の代表的修行である。
高尾山麓の祈祷殿前の広場でおこなわれる柴燈護摩(さいとうごま)奉修の後、残り火の上を素足で歩く「火生三昧(かしょうざんまい)」の荒行が、最大の火行として知られる。
柴燈護摩とは、修験道において野外で修される護摩修行のこと。
護摩とは、密教の代表的な修法の一つで、密教では火は如来の真実の智恵の標示であるとして、火中に投ずる供物を人間のさまざまな煩悩になぞらえ、これを焼き浄めて悟りを得ることを目的としている。

梵天が入場し、飯綱大権現の前に置かれます。
170316takao04.jpg


170316takao05.jpg


大導師入場。入り口を固めた山伏との問答があり、付添の僧が菅笠で地面を払いながら先導していきます。
170316takao06.jpg


吹奏貝が吹かれ、行者の祈祷が行われる。
吹奏貝はアジア・アフリカ・アメリカなどで広く用いられ、中国の敦煌(とんこう)の壁画中にも見られるという。
日本では平安時代以降に修験者・山伏の峰入修行や法会(ほうえ)の場の法具の一つとされた。
平安末期に後白河法皇によって集成された梁塵秘抄(りょうじんひしょう)に〈山伏の腰につけたる法螺貝の〉とあり、
先達は出寺・入宿・案内・応答などに法螺貝を吹き分けて、山伏の集団行動や日常の集団生活の合図とした。
法螺貝の音は悪魔や猛獣を恐れさせる呪力があると信じられ、山伏は法要の前や途中で法螺貝を吹く。

火打石で会場が浄められる。

斧、刀、弓でお払いがあります。
《秘密神力の斧にて一切の煩悩の賊を切り払う。》 いかにも力がありそうな弁慶のような斧先達(おのせんだつ)が渾身の力を込めて斧を打ち下ろす姿は、迫力満点です。
170316takao07.jpg


続いて刀でのお祓い。
170316takao08.jpg


《神力加持の法弓を持って生死の悪魔を破る。》 法弓先達が呪文を唱えながら道場の四隅から矢を放つ。弓を持つ左手は手っ甲をして手首に珠数を巻いています。
170316takao09.jpg


大導師が祭文を読み上げる。
170316takao10.jpg


いよいよ点火です。点火先達が祭壇前の浄火を点した松明から採火し、法螺貝が一斉に鳴り響く中、護摩壇の中央部に火がつけられます。
170316takao11.jpg


志納された「お壇木」が並べられます。
170316takao12.jpg


盛んに煙が上がり始める。
170316takao13.jpg


「梵天札」を差した御神輿を担ぎ、火が立ち上り始めた護摩壇を廻って火にあてます。
この後梵天札は道場の外に据えられ、祭神の加護を受けた魔除けの護符として信者や一般客に有償で分け与えられます。
この日この会場でだけ発行される「火伏せ」のお守りです。
170316takao14.jpg


火は燃え盛ります。
170316takao15.jpg


170316takao16.jpg


170316takao17.jpg


風向きによっては、火にあぶられて逃げ出す人も。
170316takao18.jpg


火は、ますます燃え盛る。
170316takao19.jpg


170316takao20.jpg



頃合いを見て、水をかけていく。
170316takao21.jpg


170316takao22.jpg


170316takao23.jpg


行者の人達の、ほら貝と真言が響き渡ります。
170316takao24.jpg


170316takao25.jpg


火を崩しはじめる。
170316takao26.jpg


170316takao27.jpg


それまで、斜面の高いところから望遠で撮っていたが、人垣もだいぶバラけてきたので、近くに寄って撮りはじめた。
170316takao28.jpg


170316takao29.jpg


燃え尽きるように、熊手でならしたり、大変です。
170316takao30.jpg


火渡りの準備ができ、大導師が場所を移動して、火渡りを待ちかまえます。
170316takao31.jpg


行者の人たちが、火渡りのために、はだしになります。
170316takao32.jpg


170316takao33.jpg


《火生三昧(かしょうざんまい)の功徳(くどく)》 
いよいよメインイベントの火生三昧といわれる山伏の火渡り(ひわたり)がはじまります。
山伏がこの行をおこなうのは、激しい不動信仰(煩悩を焼き尽くす不動明王を尊ぶ信仰)による菩提心(ぼだいしん)を表すためという。塩をまいたあと、先達が巻物を読み上げた。
1 火生: 不動明王が三昧に入って身から火焔を出し、その火で悪魔を焼滅すること。
2 三昧: 心が統一され、安定した状態。
3 菩提心: 悟りを求め仏道を行おうとする心。密教で、悟りの根源的な心。

《大菩提心を振い起こして火中に入り、自他一切の成仏を願う。》 
出発位置は、南にある二ヵ所の門で、紅白のテープが巻かれた2本の棒の間に、筵(むしろ)に盛られた塩が置いてある。
先達が塩が盛られた八方を持ち、先頭に立つ。渡火先達は一番大変な役である。
渡火先達が出発ゲートの塩を踏んだ後、前に進み、まだ煙と炎がくすぶる中を塩をまきながら渡火を始めた。
170316takao34.jpg


行者が次々に渡っていきます。
170316takao35.jpg


170316takao36.jpg


170316takao37.jpg


火渡りのあと、薬王院の大導師から祝福を受けます。
170316takao38.jpg


まだまだ、渡っていきます。

《大智火にふれることに依り一切の罪障を焼き滅ぼす。》 
山伏の渡火のあと参詣信徒一同の渡火が始まった。最初は白装束に身を固めた男女の信者たちである。
腰に手を当てて歩く者、合掌して歩く人など、様々である。
170316takao39.jpg


170316takao40.jpg


道場に入場を許されているのが白装束の信徒ですが、白装束の背中に南無大師遍照金剛・同行二人の文字とかがみえる。遍路装束のようであり、大師信仰と修験道が融合しています。

一般の信者や火行希望者の渡火がはじまった。
行者さんたちも応援します。
170316takao41.jpg


170316takao42.jpg


170316takao43.jpg


170316takao44.jpg


170316takao45.jpg


火渡りのあと、薬王院の大導師から祝福を受けます。
170316takao46.jpg


170316takao47.jpg


170316takao48.jpg


会場で梵天札が授与されます。
170316takao49.jpg


いただいてきた「梵天札」です。
170316takao50.jpg


170316takao51.jpg


(了)


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



「お気に入りの場所」を見る



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

これ、12日に行われること、先日、高尾梅郷に行った時にポスターで見て、行きたいと思っていたのですが、その後、スッカリ、忘れていました。

写真を見せていただいたおかげで、全容がわかりました。なるほど、人が沢山いても、斜面から撮影することができるのですね! 来年はぜひ見たいものだと思いました。

そう言えば、日吉大社に行かれるとのこと、ここ、数年前に行った時、8時過ぎに行ったら、料金所は無く無料で入れましたが、9時頃から有料になりました。

matsumoさん

高尾山の火渡り祭は、大変立派な祭り
なので、ぜひいらしてください。
満足されると思います。
日吉大社に行くのは、たぶん9時前に入ることに
なると思います。
期待しましょう(笑)
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop