大山咋神(おおやまくいのかみ)/日本の神々の話

20170326

記紀神話に登場する神。
別名は、山末之大主神(やますえのおおぬしのかみ)。

日吉大社、赤坂日枝神社、根津神社、栃木県・村檜神社の祭神、狭山市・峰の愛宕神社の祭神。

須佐之男命と神大市比売との間には、宇迦御魂神(稲荷神社の祭神)と大年神が生まれる。その大年神と天知迦流美豆比売(アメノチカルミヅヒメ)との間に生まれたのが大山咋神です。
須佐之男命の孫ということになります。

『古事記』では、近江国の日枝山(ひえのやま、後の比叡山)および葛野(かづの、葛野郡、現京都市)の松尾に鎮座し、鳴鏑を神体とすると記されている。
なお、大山咋神は里山に鎮まるとされることから、『古事記』の「日枝山」とは、比叡山全体というより、里山である八王子山(比叡山の一部)を指すとする説もある。
「日枝山」には日吉大社が、松尾には松尾大社があり、ともに大山咋神を祀っている。日枝山と松尾については、共通の祭神を祀る社の存在だけではなく、八王子山と松尾山の両方に巨大な磐座と、古墳群(日吉社東本宮古墳群、松尾山古墳群)が存在し、共通点が多いことが指摘されている。特に、古墳群については、それらの古墳の埋葬者の勢力範囲と、大山咋神の神域とされる範囲の一致する可能性が指摘されている。
比叡山に天台宗の延暦寺ができてからは、最澄によって、天台宗および延暦寺の結界を守る守護神ともされた。

名前の「くい(くひ)」は杭のことで、大山に杭を打つ神、すなわち大きな山の所有者の神を意味し、山の地主神であり、また、農耕(治水)を司る神とされる。

大山咋神の別名山王(さんのう)は中国天台山の鎮守「地主山王元弼真君」に倣ったものである。なお、比叡山には、本来、山の全域において、大山咋神の他にも多数の神が祀られており、最澄が延暦寺の守護神として認識したのは、大山咋神だけでなく、その他の「諸山王」を含めた、比叡山の神々全体のことであったとも指摘されている。
天台宗が興した神道の一派を山王神道と言い、後に天海が山王一実神道と改めた。 太田道灌が江戸城の守護神として川越日吉社から大山咋神を勧請して日枝神社を建てた。江戸時代には徳川家の氏神とされ、明治以降は皇居の鎮守とされている。

『古事記』で「葛野の松尾に鎮座して、鳴鏑を神体とする神である。」と書かれていますが、これは京都の松尾大社のことで、渡来人の秦氏の氏神でした。秦氏は酒造の技術も日本に伝えたことから、中世以降、松尾神(大山咋神)は酒造の神としても信仰されている。


日本の神々記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

日本国内で酒を飲む話では、ヤマタノオロチに酒を飲ませて退治する話が有名ですね。と言うことは当時から、酒の効用と言うのを知っていたし、酒を造っていたのだと思います。歴史書では「魏志倭人伝」に倭人が酒を飲む旨が書かれていたと思いますので、少なくとも、九州や出雲では酒の製造・飲酒は行われていたのだと思います。と言っても、勿論、清酒ではなかった筈で、また、製造も、米あるいは他の穀物を女性に噛ませたものを吐き出し、それを保存して、造ってのではと思いますが。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
アルコールが入った甘酒がありますが、
最初は、ああいったものだったと思います。
酒の神様の「松尾神」は渡来民族・秦氏の
氏神ですから、まともな酒は秦氏が
持ち込んだと思われます。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop