日吉大社の狛犬

20170330

所在地:滋賀県大津市坂本5−1−1
撮影日:2017年3月22日

青春18キップで旅をした際に撮影した、日吉大社の狛犬です。
本殿の回廊に置かれた狛犬は、他にも上賀茂神社、下鴨神社、春日大社などありますが、ほとんど見ることが出来ない状況です。
そのなかで、ここ日吉大社は本殿の回廊に近づけるため、間近に見ることができる貴重な場所となっています。

日吉大社については、既に記事にしています。

その記事を見る


日吉大社には、東本宮、西本宮、樹下宮、宇佐宮、白山宮と5つのお宮があり、それぞれの本殿の回廊に狛犬が居ます。
この記事で、一挙に5組の狛犬を紹介します。

【西本宮】
年代:天正14年(1586)
材質:木製
型式:神殿型

本殿
170330hiyoshi01.jpg


本殿の回廊に置かれている。
170330hiyoshi02.jpg


右の阿形獅子
170330hiyoshi03.jpg


170330hiyoshi04.jpg


左の吽形狛犬
170330hiyoshi05.jpg


170330hiyoshi06.jpg


170330hiyoshi07.jpg


特徴:
・右側が阿形、たてがみが巻き毛であるので獅子。
・左側が吽形、たてがみが流れているので狛犬。頭に角を備える。
・眼は玉眼、顔はいかめしいが親しみやすい表情をしている。
・前足はたくましく、翼のような毛を持つ。
・後足は蹲踞。
・尾は、阿形獅子のは先端が巻き毛の太い毛が扇状に広がっていて、吽形狛犬のは真っ直ぐの太い毛が扇状に広がっている。


【東本宮】
年代:文禄4年(1595)
材質:木製
型式:神殿型

本殿
170330hiyoshi08.jpg


本殿の回廊に置かれている。
170330hiyoshi09.jpg


右の阿形獅子
170330hiyoshi10.jpg


170330hiyoshi11.jpg


左の吽形狛犬
170330hiyoshi12.jpg


170330hiyoshi13.jpg


170330hiyoshi14.jpg


特徴:
・右側が阿形、たてがみが巻き毛であるので獅子。
・左側が吽形、たてがみが流れているので狛犬。頭に角を備える。
・眼は玉眼、顔は丸くて、眼が中央に寄り目で、人なつこい表情をしている。
・前足はたくましく、翼のような毛を持つ。
・後足は蹲踞。
・尾は、先が丸く太い棒状の毛が扇状に広がっている。


【樹下宮】
年代:文禄4年(1595)
材質:木製
型式:神殿型

本殿
170330hiyoshi15.jpg


本殿の回廊に置かれている。
灯篭が下がっていて、灯篭が邪魔して正面からの狛犬を撮れない。辛うじて顔を撮れただけ。

右の阿形獅子
170330hiyoshi16.jpg


170330hiyoshi17.jpg


170330hiyoshi18.jpg


左の吽形狛犬
170330hiyoshi19.jpg


170330hiyoshi20.jpg


170330hiyoshi21.jpg


特徴:
・右側が阿形、たてがみが巻き毛であるので獅子。
・左側が吽形、たてがみが流れているので狛犬。頭に角を備える。
・眼は玉眼、顔は四角くて、いかめしい。獅子舞の獅子にこの顔が多い。
・前足はたくましく、延びている毛の先端が巻き毛。
・後足は蹲踞。
・尾は、中央に剣状に毛がスックと立ち、そこから他の毛が枝分かれして植物状に広がっている。


【宇佐宮】
年代:慶長3年(1598)
材質:木製
型式:神殿型

本殿の回廊に置かれている。
170330hiyoshi22.jpg


右の阿形獅子
170330hiyoshi23.jpg


170330hiyoshi24.jpg


左の吽形狛犬
170330hiyoshi25.jpg


170330hiyoshi26.jpg


170330hiyoshi27.jpg


170330hiyoshi28.jpg


特徴:
・右側が阿形、たてがみが巻き毛であるので獅子。
・左側が吽形、たてがみが流れているので狛犬。頭に角を備える。
・眼は玉眼、顔は比較的獰猛な顔。
・前足はたくましく、延びている毛は剣のように鋭い。
・後足は蹲踞。
・尾は、扇状に広がって、背中に付いている。


【白山宮】
年代:慶長3年(1598)
材質:木製
型式:神殿型

本殿
170330hiyoshi29.jpg


本殿の回廊に置かれている。
170330hiyoshi30.jpg


右の阿形獅子
170330hiyoshi31.jpg


170330hiyoshi32.jpg


170330hiyoshi33.jpg


左の吽形狛犬
170330hiyoshi34.jpg


170330hiyoshi35.jpg


特徴:
・右側が阿形、たてがみが巻き毛であるので獅子。
・左側が吽形、たてがみが流れているので狛犬。頭に角を備える。
・眼は玉眼、顔は四角くて、いかめしい。
・前足はたくましい。
・後足は蹲踞。
・尾は、阿形獅子は扇状に広がって立ち、吽形狛犬は扇状に広がって背中に付いている。


彩色がほとんど剥げているのは残念だが、このように本殿の回廊に置かれた状態で、間近に見ることが出来るのはとても貴重なこと。
間近に見える位置に置かれているせいか、いずれも人なつこい姿である。
風雨にさらされているので、大変だが、いつまでも元気で居てほしい。

(了)

狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

これらの狛犬、そんなに古いものだったのですか。回廊の下とは言え、風が吹けば雨ざらし状態になる場所に置いてあるので、私はてっきり第二次世界大戦後に造られたものだと思っていました。

ううん、そんなに古いものだったら、博物館に保存すべきものだと思います。ただし、レプリカを現在の場所において欲しいですが。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
春日大社が、昨年の式年造替の際に新しい狛犬を
制作して、それまで置かれていたものを春日大社展で
見ることが出来ました。
春日大社のものは鎌倉時代との説明でした。
同じような条件なので、日吉大社のものも同様な
外観なのは、うなずけます。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop