河合神社

20170415

鎮座地:京都府京都市左京区下鴨泉川町59
別名:鴨川合坐小社宅神社(かものかわいにいますおこべそじんじゃ)
参拝日:2017年3月22日

青春18キップの旅の初日、比叡山坂本の日吉大社に参拝してから京都に出て、大田神社、山城国一之宮・賀茂別雷神社(通称上賀茂神社)に参拝し、その後、出雲路・幸神社に参拝した後、鴨川デルタから北上して当社に参拝しました。

糺の森に入ってすぐに、河合神社はあります。
170414kawai01.jpg


社号標
170414kawai02.jpg


賀茂御祖神社(下鴨神社)の摂社では一番大きく、第一摂社であるとされています。
境内の糺の森の中にある「瀬見の小川」の西側にあります。
.
創建年は定かではないが、神武天皇の頃と考えられている。
ご祭神は、賀茂別雷神社(上賀茂神社)の祭神・賀茂別雷命の母玉依媛命(たまよりひめのみこと)。
現在の社殿は、下鴨神社の1679年(延宝7年)の式年遷宮の際に、古殿舎を修造したもの。
美人の神として女性からの人気が高く、手鏡の形をした「鏡絵馬」に化粧を施したものが奉納されている。
170414kawai03.jpg


170414kawai04.jpg


鳥居を入るとき、美人祈願を終えた若い人たちとすれ違った。
170414kawai05.jpg


手水鉢
170414kawai06.jpg


神門
170414kawai07.jpg


神門を入ると、まず舞殿があり。
170414kawai08.jpg


拝殿
170414kawai09.jpg


本殿の回廊に、美しい獅子・狛犬が居た。
170414kawai10.jpg


170414kawai11.jpg


170414kawai12.jpg


170414kawai13.jpg


拝殿前から本殿を拝する。
170414kawai14.jpg


ご祭神は玉依比売命(たまよりひめのみこと)
神武天皇の御母神にあたります。
古くから女性の美の神様として信仰されており、安産・育児・縁結び・学業・長寿の神様ともいわれています。

依り代である鏡の下に白いものが見えていますが、これは「御白石」だそうです。
美肌になれるパワーストーンとして有名で、この石を触った手で顔をなでると、すべすべの色白肌になれるのだとか。
170414kawai15.jpg


河合神社の絵馬は、日本古来の柄鏡の形をしている珍しい「鏡絵馬」。
顔の描かれた表面を、自分の顔と見立てて、自分のメイク道具で願いを込めて化粧し、裏面には、願い事を書くのだそうです。
170414kawai16.jpg


奉納された絵馬
170414kawai17.jpg


本殿の左に、境内社貴布禰神社、更に左に境内社任部社(専女社)が並びます。

〇貴布禰神社(きふねじんじゃ)
御祭神: 高龗神 (たかおかみのかみ)
応保元年(1161)収録の「神殿屋舎等之事」に、河合神社の御垣内にまつられていたことが収載されている神社で水の神として有名。
鞍馬にある貴船神社がこの貴布禰神社の総本宮にあたる。
170414kawai18.jpg


ここにも、きれいな獅子・狛犬が居ました。
170414kawai19.jpg


170414kawai20.jpg


〇任部社(とうべのやしろ)又は専女社(とうめのやしろ)
御祭神:八咫烏命(やたがらすのみこと)
河合神社創祀のときよりまつられている社である。
古名「専女」とは、稲女とも書き食物を司る神々がまつられていたことを示している。
のちに「百練抄」安元元年(1157)十月二十六日の条にある「小烏社」と合祀された。昭和六年(1931)、御祭神の八咫烏命が日本の国土を開拓された神の象徴として日本サッカー協会のシンボルマークとなって以来、サッカー必勝の守護神として有名である。
170414kawai21.jpg


サッカーボールなどの奉納品
170414kawai22.jpg


〇六社(むつのやしろ)
170414kawai23.jpg


170414kawai24.jpg


〇鴨長明が晩年に暮らした方丈の再現
当社は、鴨長明とのゆかりが深い神社。
鴨長明はもともと、下鴨神社の神事を司る禰宜の家系に生まれたものの、家系の争いに敗れて神職に就けず、失意の日々を過ごした後に随筆「方丈記」を完成させていく事になります。この河合神社は禰宜の欠員が出た際に、鴨長明がその候補となっていた、本人にとっては忘れ難い神社なのだそうです。
170414kawai25.jpg


170414kawai26.jpg


170414kawai27.jpg


河合神社の参拝を終え、糺の森を北上します。
時期が良ければ、青々とした木立の下を気持ちよく歩けるのですが、残念。
170414kawai28.jpg


「瀬見の小川」
170414kawai29.jpg


更に、糺の森を北上。
170414kawai30.jpg


根元をきれいな形で養生していた。
170414kawai31.jpg


170414kawai32.jpg


「あけ橋」まで来たら、もう下鴨神社の鳥居が見えます。
170414kawai33.jpg


170414kawai34.jpg


次回は、賀茂御祖神社(下鴨神社)の記事をアップします。



「神社巡拝」に飛ぶ


「お気に入りの場所一覧」に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

おっ、河合その子ちゃんの神社ですね(笑) ここは何回も行っていますが、木製の狛犬が2組もいるのですか! 全く気がつきませんでした。次回、行った時、気をつけて観ます。ここのものはいつの時代に造られたのかわかりませんが、結構、色彩が残っていますね。

糺の森と言うか、そのそばと言うか、この辺りには何本か、染井吉野がありますが、残念ながら、まだ、咲いていなかったようですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
ここの狛犬は、知らなかったので、
本当に拾い物でした。
彩色がのこっているので、いいですよね。
とてもいい出来のものだと思います。

桜については、わざと時期を外して、
早くいきました。
混雑を避けたかったので。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop