京都・河合神社の狛犬

20170416

所在地:京都府京都市左京区下鴨泉川町59
撮影日:2017年3月22日

年代:延宝7年(1679)
材質:木製
型式:神殿型

河合神社については、既に記事にしています。

その記事を読む


拝殿
170416kawai01.jpg


本殿の回廊に居ました。
170416kawai02.jpg


右側の阿形獅子
170416kawai03.jpg


170416kawai041.jpg


左側の吽形狛犬
170416kawai05.jpg


170416kawai06.jpg


特徴:
・身体が茶色、たてがみ・眉・顎鬚・尾は白に彩色されている。
・右側が阿形、たてがみが巻き毛なので獅子。
・左側は吽形、たてがみが流れているので狛犬。
・左側吽形の頭には角がある。角に節様のものがあり独特。
・顔は、眉&顎鬚がたてがみと同様白く塗られていて目立つ。
・眼は玉眼
・表情は厳めしいが、あまり顔がデフォルメされていないので、すっきりした印象。
・前足は、やや前方に出して真っ直ぐ。
・後足は蹲踞。
・尾は、やや炎様に扇形に広がって立っている。

尾は、やや炎様に扇形に広がって立っている。
170416kawai07.jpg


河合神社の境内社・貴布禰神社にも、狛犬が居た。

社殿の回廊に居た。
170416kawai08.jpg


年代:不明
材質:木製
型式:神殿型

右側の阿形狛犬
この角度でしか撮れなかった。
170416kawai09.jpg


左側の吽形狛犬
170416kawai10.jpg


170416kawai11.jpg


特徴:
・身体が茶色、たてがみ・眉・顎鬚・尾は白に彩色されている。
・右側が阿形、たてがみが流れていて狛犬。
・左側は吽形、たてがみが流れているので狛犬。
・左側吽形の頭には角がある。
・眉&顎鬚がたてがみと同様白く塗られている。
・眼は玉眼
・あまり顔がデフォルメされていなくて、表情もおとなしい。
・前足は、やや前方に出して真っ直ぐ。
・後足は蹲踞。
・尾は、一筋背中に沿って長く付いている。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

木製の狛犬って、着色してあることもあり、普通の石造のものと随分、感じが違いますね。それにしても、風にあたる場所にいるのに、これだけ色彩が残っていると言うことは、それほど古いものではないような気がします。京都では冬夏の人が少ない時に、普段、人が入れない所の公開が行われるので、もし、公開されたら、もっと、詳しいことがわかるのではと思いますが。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
神殿に置かれている狛犬は、年代が書かれて
いるものは、まず無いので、神社のほうに
問い合わせると、ほとんどの答えが、
本殿の造営年と同じに判断してください、
というものですね。
木製の場合の彩色は、補修を重ねますから、
それで新しい、旧いはわからないですね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop