賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)・八咫烏(やたがらす)/日本の神々の話

20170420

賀茂御祖神社(下鴨神社)のご祭神である。

記紀神話にはこの名で登場しないが、記紀神話に登場する「八咫烏(やたがらす)」とは、『賀茂始祖伝』によれば、賀茂建角身命のことであるという。

『古事記』では、神武天皇の軍隊が熊野から奥地に進んで、荒ぶる神々に苦戦をしている時、高木大神が 「今、天より八咫烏を遣わす。この烏の先導によって軍を進めよ」といわれ、その導きによって大和国に入った。
『日本書紀』では神武天皇の夢枕に天照大神があらわれ「八咫烏を遣わす」と告げた。
夢の通り八咫烏に従って進み、宇陀にて兄宇迦斯、弟宇迦斯に出会う。 八咫烏が、天皇に仕えるか否かを問うと、兄宇迦斯は鳴鏑をもって八咫烏を射たが外れた。

『古語拾遺』は、この八咫烏が、京都地方の大豪族であった賀茂県主の遠祖とある。

『賀茂始祖伝』によれば、賀茂角身命一族は日向高千穂に住んでいたが、建角身命の代に神武東征の際、日向の山中で高皇産霊神からの天啓を受け、神武天皇の元に赴いて、紀州熊野から大和へ至る道を先導した。これにより天皇より八咫烏(やたがらす)の称号を得た。
神武天皇在位中は葛城にいて天皇を補佐し、天皇が亡くなられた後は岡田の賀茂に閑居したが、綏靖天皇に召しだされた。妻は神伊可古夜日女で、氷上町の神野社に祭られている。彼女との間に生まれた玉依姫は建角身命とともに京都下鴨神社に祀られ、その子賀茂別雷神は京都上賀茂神社に祀られている。

『新撰姓氏録』によれば、賀茂建角身命は神魂命(かみむすびのみこと)の孫である。神武東征の際、高木神・天照大神の命を受けて日向の曾の峰に天降り、大和の葛木山に至り、八咫烏に化身して神武天皇を先導した。

『山城国風土記』(逸文)によれば、大和の葛木山から山代の岡田の賀茂(岡田鴨神社がある)に至り、葛野河(高野川)と賀茂河(鴨川)が合流する地点(下鴨神社がある)に鎮まった。

賀茂建角身命と伊賀古夜比売命の間に建玉依比古命(たけたまよりひこのみこと)と建玉依比売命(建玉依姫命、たけたまよりひめのみこと)の2柱の御子神がいる。
建玉依比古命は後に賀茂県主となる。
建玉依比売命は、丹塗矢に化身した火雷神(ほのいかづちのかみ)を床の近くに置いていたところ、賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと、上賀茂神社の祭神)を懐妊し出産した。

調べていて、一書にこういうことが書かれていた。
越中国一之宮・高瀬神社(富山県南砺市井波町高瀬)及び能登国一之宮・気多大社(石川県羽咋市寺家町)に「天活玉命」が祀られている。
天活玉命-天神立命-陶津耳命(鴨建角身命)、となるそうである。
私には、この二社はなじみがあり、特に高瀬神社と私の富山の家との縁が深いので、
高瀬神社と賀茂建角身命の縁がつながったのが嬉しかった。



日本の神々記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

八咫烏って、どこかで見たと思って、調べてみたら、新宮市の「熊野速玉大社」の末社に「八咫烏神社」があったのを思い出しました。小さな朱色の社が2つ並んでいて、右側のものだったと思います。

でも、八咫烏って、今ではサッカーでの方が有名ですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
八咫烏が活躍したのが熊野、そして
天武天皇が熊野に通って蹴鞠をよくしたことにちなみ、
シンボルマークにしたみたいですね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop