意富多多泥古(おおたたねこ)命・大田田根子命/日本の神々

20170525

『古事記』では意富多多泥古、『日本書紀』では大田田根子。

『古事記』「崇神天皇」の巻、「三輪山の大物主神」の段
 (現代語訳)
 この天皇の御代に、疫病が大流行して、国民が絶滅しそうになった。そこで天皇は、これをご心配になりお嘆きになって、神意を請うための床にお寝みになった夜、オホモノヌシノ大神が御夢の中に現われて、「疫病の流行はわたしの意志によるのだ。だから、オホタタネコという人に、わたしを祭らせなさるならば、神の祟りは起こらなくなり、国内も安らかになるだろう」 と仰せになった。そこで急使を四方に分かち遣わして、オホタタネコという人を尋ね求められたところ、河内村の美努村にその人を見いだして朝廷にさし出した。そこで天皇が、「そなたはだれの子か」とお尋ねになると、オホタタネコが答えて、「私は、オホモノヌシノ大神が、スヱツミミノ命の女のイクタマヨリビメを妻としてお生みになった子の、名はクシミカタノ命という方の子の、イヒカタスミノ命の子のタケミカヅチノ命の子が、わたくしオホタタネコなのです」 と申し上げた。
 すると天皇はたいそう喜んで、「これで天下は穏やかになり、国民は栄えるであろう」と仰せられた。そして、ただちにオホタタネコを神主として、三輪山にオホミワノ大神を斎き祭られた。またイカガシコヲノ命に命じて、祭りに用いる多くの平たい土器を作って、天つ神の鋸ろ賊つ檻の社を定めてお祭りになった。また宇陀の墨坂神に赤色の楯と矛を献り、また大坂神に黒色の楯と矛を献り、また坂の上の神や河の瀬の神に至るまで、ことごとく漏れ残すことなく幣吊を献ってお祭りになった。これによって疫病がすっかりやんで、国内は平穏になった。
 このオホタタネコという人を、神の子孫と知ったわけは次のとおりである。上に述べたイクタマヨリビメは、容姿が美しく輝くほどであった。ここに一人の男がいて、その姿といい装いといい比類のない気高い男が、夜中に突然姫のもとに訪れて来た。そして愛し合って結婚して、ともに暮らしている間に、まだ時日もたたないのに、その少女は身ごもった。
 そこで父母は、娘が身ごもったことを不審に思い、その娘に尋ねて、「おまえはいつしか身重になっているが、夫がいないのにどういうわけで身ごもったのか」というと、娘が答えて、「たいそうりっぱな男の人で、その姓も名も知らない人が、夜ごとに通ってきて、ともに住んでいる間に、いつの間にか身ごもってしまったのです」といった。
 これを聞いて娘の父母は、その男の素性を知ろうと思って、その娘に教えていうには、「赤土を床の前に撒き散らし、糸巻きに巻いた麻糸を針に通して、男の着物の裾に刺しなさい」といった。で、教えのとおりにして翌朝見ると、針につけた麻糸は、戸の鍵穴から抜け通って出て、糸巻きに残っている麻糸はわずかに三輪だけであった。それで男が鍵穴から出ていったことを知って、その糸をたどって尋ねて行くと、三輪山に続いていて神の社で留まっていた。それで生まれる子が、三輪のオホモノヌシノ神の子であることがわかった。そして、その麻糸が三輪糸巻きに残っていたのにもとづいて、その地を名づけて美和というのである。
このオホタタネコノ命は神君(みわのきみ)・鴨君(かものきみ)の祖先である。

『日本書紀』では、崇神天皇7年(紀元前91年)に大物主神が倭迹迹日百襲媛命に神懸かりして、また臣下の夢に現れてした神託に従い、天皇が物部連の祖伊香色雄(いかがしこを)に命じ、三輪氏の祖である大田田根子を祭祀主として大物主神を祀らせた。その結果、疫病が収まり、国内はようやく鎮まり、五穀がよく稔るようになったと記載されている。
大田田根子を探した結果、茅渟の県(ちぬのあがた=和泉の国一帯の古称)の「陶邑」(すえむら)の人であった。
「陶邑」は古墳時代以降、須恵器生産の中心地として最大規模であったことは証明されています。
須恵器は、水を漏らさぬ故、神事の際の器として尊重された。
大田田根子は、須恵器を作る集団のリーダーだったのかもしれない。

そもそも大物主神が桜井市三輪山に鎮座するに至った経緯自体が、あまりにも不自然である。
大己貴神(大国主神の別名)の国造りの神話は、本来出雲地方で語り伝えられてきた伝承である。
自分を三輪山に祀ればその国造りに協力するとした大物主神の申し出は、記紀編纂時点で出雲地方を始めとする各地の伝承をうまく整理して系統立てて神話としてまとめたと考えられる。
天孫族が、この地に侵入してきたとき、三輪山をご神体とする先住の氏族がその麓に住んでいたが、天孫族はその祭祀権を取り上げてしまった。しかしその結果、天孫族が先住民と融合ができず、うまく治めることができなかった。そこで、いったん取り上げた祭祀権を返還して、出雲族の大田田根子に大物主神を祀らせることにした、とという説があり、私もまったく同感である。

大神神社摂社の大田田根子を祀る神社は「大直禰子(おおたたねこ)神社」と書く。
不思議に思って調べてみた。
「大直」については、「大直日神(オオナオヒノカミ)」がヒットし、「異常でけがれた状態をただしなおす神」だそうだ。
「禰子」とは禰宜の子孫であると解釈する。
大直禰子とは、つまり「異常でけがれた状態をただしなおす禰宜の子孫」のことである、となった。


日本の神々記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop