十二社熊野神社境内社・大鳥神社の狛犬

20170619

所在地:東京都新宿区西新宿 十二社熊野神社境内社・大鳥神社前
撮影日:2017年6月18日

新宿十二社(じゅうにそう)熊野神社は、JR新宿駅から都庁に向かって歩き、都庁のすぐ先にある新宿中央公園に隣接してある。
新宿駅から歩き始めた時にボツボツと雨が降り出したが、小雨にもいかない感じなのでそのまま歩いていった。
熊野神社に着いて撮影を始めたら、いきなり土砂降りとなり雨宿り。
雨が小雨になったので、撮影を再開した。
樹が多いので狛犬はほとんど濡れていないが、場所によってまだらに濡れた写真となってしまった。

年代:享保12年(1727)
材質:石造
型式:はじめ型

はじめ型で、四肢の間をまったく彫っていない箱状の狛犬を、写真では見ていたが実物に初めて対面した。
感激である。

境内社大鳥神社と狛犬
170619shinjuku01.jpg


右側の阿形獅子。
170619shinjuku02.jpg


170619shinjuku03.jpg


170619shinjuku04.jpg


笑い顔なのだが、口と歯がすごいので、ちょっとギョツとする。
170619shinjuku05.jpg


上から見ると可愛い。
170619shinjuku06.jpg


左側の吽形獅子。
170619shinjuku07.jpg


170619shinjuku08.jpg


歯が乱杭状で迫力ある。
170619shinjuku09.jpg


はじめ型に珍しく、牙がある。
170619shinjuku10.jpg


特徴:
・右は阿形、たてがみが巻き毛で獅子。
・左は吽形、こちらもたてがみが巻き毛で獅子。角あり。
・顔は、ユーモラスな笑い顔だが、口が極端に大きいので迫力がある。
・耳は伏せ、鼻はつぶれて横にひろがり、口は大きい。歯並びが乱杭状で牙もある。
・表情は笑い顔だが、ちょっとグロテスク。
・前足は、直立。後足は蹲踞。
・脚の間がまったく彫りこまれておらず、箱状になっている。
・尾は、植物上の巻き毛で、背中に付いている。


四肢の間がまったく彫りこまれておらず、箱状になっている。
170619shinjuku11.jpg


年号は前足の間に彫りこまれている。
170619shinjuku12.jpg


吽形の角は、もともと二本あったようだが、傷んでいるようだ。
170619shinjuku13.jpg


尾は、植物状の巻き毛で、背中に付いている。
170619shinjuku14.jpg


170619shinjuku15.jpg



はじめ型では脚の間を彫りこんでいないものが見られ、後足の間を彫っていないのはよく見られるが、四肢の間がまったく彫られていないのは珍しい。
その貴重な例である。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

おお、雨の中、ご苦労様です。

十二所熊野神社ですか、都庁は仕事で何回か行き、新宿中央公園は2回、行ったことましたが、その隣の神社は行ったことがありません。

なるほど、ここにも私の好きな形の狛犬がいるのですね。この形のもの、私は滅多にいないのではと思っていましたが、意外にいるのですね。

新宿と言えば、駅の東側は新宿御苑と新宿文化センター、西側はヨドバシカメラや新宿中古市場等の中古カメラ店しか行きませんが、今度、高層ビル街に行った時に、寄って、狛犬を撮影したいと思います。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
神社がものすごく多いですからね。
必然的に狛犬も多いです。
私が収集しているのは、江戸時代まで
ですが、多いですね。
楽しんでやっています(笑)
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop