琴御館宇志麿(ことのみたちうしまろ)・祝部希遠(はふりべまれとお)

20170621

記紀など神話に登場する神ではない。
比叡山坂本の日吉大社の社家(神職家)の祖先神である。

日吉大社の境内社、氏神社と氏永社にそれぞれ祀られている。
氏神社祭神:琴御館宇志麿
氏永社祭神:祝部希遠

琴御館宇志麿とは:
日吉大社の社家(生源寺家・樹下家)の始祖で、西本宮の祭神:大己貴神(おおなむちのかみ)を当地に奉斎した人物である。
大己貴神は、まず琵琶湖の漁船に顕れ、唐崎のウシマロのもとに至り、社殿を造営して自分を祀るようにとの神勅を下して、現在地に鎮まったという。
別伝によれば、琴御館家は、もと常陸国の国司だったが、舒明天皇の御代に唐崎に移った。天智天皇の御世、大己貴神が唐崎の松に顕現し、ウシマロに鎮座の地を尋ね、その導きで現在地に鎮座されたという。

祝部希遠とは:
祝部氏は、鴨建角身命(かもたけつぬみのみこと)にさかのぼるとされ、賀茂縣主の同族とされています。
そして、天智天皇の頃、(琴御館) 宇志麿の時に、"大比叡神"を祀り「祝部宿禰」を賜ったとされます。それ以後、その子孫が日吉社に奉仕したと伝えられる。
祝部氏は、10世紀(平安時代後期)、琴御館宇志丸から23代目の祝部希遠と弟の祝部成遠の時、"左方"と"右方"の二流に分かれ、それぞれ大比叡神、小比叡神の禰宜を勤めていくことになりました。その後、"左方"は生源寺を称し、"右方"は樹下(じゅげ)を称しました。
氏永社のご祭神・祝部希遠は、社家、生源寺家の"先祖神"である。

祝部行丸について:
"生源寺"の系統に、《日吉社中興の祖》と言われる祝部行丸がある。
元亀2年(1571)、織田信長の《叡山焼き討ち》の際、社殿や宝物などを焼かれ、壊滅的な打撃を受けた。坂本の里もほとんどが焼亡したという。
この時、祝部(はふりべ)行丸は、日吉社の総官として大宮(西本宮)に籠っていました。しかし、反撃する間もなく、社家に属する人々は、皆散り散りになってしまった。
祝部行丸は、裸同然で追われながらも、諸国の神社を巡り、日吉社の復興を祈願しました。時に、行丸は60歳だったといいます。
4年後、焼け野原に戻った行丸は、再建の志に燃え、復興のための活動を開始しました。あらゆる伝(つて)を頼り、「社頭再興の奏聞(天皇への奏上)」を重ね、戦国大名にも働きかけました。
織田信長が不慮の死を遂げると、行丸の努力は結実していきました。大宮(西本宮)の仮御所もでき、山王祭も復活しました。
行丸は、81歳で没しましたが、『日吉社神道秘密記』など貴重な著作を残している。
現在の主要な社殿は、行丸の働きにより、安土桃山時代に建立されたものなのです



日本の神々記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

なるほど、日吉大社の種々の建物、そんなに古いものでしたか! 私はてっきり、江戸時代末期から明治時代あたりだと思っていました。

「日吉」と言うことから、おそらく、秀吉が結構、頑張ったのでしょうね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
秀吉の幼名を「日吉丸」といい、あだ名が「猿」であることから、
日吉大社を特別な神社と考えたようですね。
家康もまた、山王信仰に篤かったようで、
赤坂山王日枝神社も立派ですよね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop