上野国一之宮・貫前(ぬきさき)神社

20170711

鎮座地:群馬県富岡市一ノ宮1535
参拝日:2017年6月16日

この日は、午前中長野県佐久市で私の両親の墓参りをし、いつもならその後は軽井沢で遊ぶのだが、今回は富岡インターまで戻り、当社に参拝した。

車のナビの案内に従って進んでいくと、到着したのは総門の前だった。

大鳥居のところまで行って見ると、大鳥居の前は鏑川からけっこう上がってくる。
170711nukisaki01.jpg


石段を少し降りて大鳥居を撮った。
170711nukisaki02.jpg


大鳥居と総門は鏑川左岸の河岸段丘上「蓬ヶ丘」の上に同じ高さにあり、境内は正面参道からいったん石段を上がり、総門を潜ったところから石段を下ると社殿があるという、いわゆる「下り宮」と呼ばれる配置となっている。

当社は物部氏が祖神を祀ったことに始まり、古代には朝廷から、中世以降は武家からも崇敬された。

社伝によると、創建は安閑天皇元年(531年?)3月15日、鷺宮(現 安中市の咲前神社に比定)に物部姓磯部氏が氏神である経津主神を祀り、荒船山に発する鏑川の流域で鷺宮の南方に位置する蓬ヶ丘綾女谷に社を定めたのが始まりといわれる。その後、天武天皇2年(私年号では白鳳2年、673年)に最初の奉幣が行われた。
一方、室町時代成立の『神道集』には、安閑天皇2年(532年?)3月中頃に抜鉾大明神が笹岡山に鉾を逆さに立てて御座、白鳳6年(677年)[注 2]3月に菖蒲谷に社壇が建立されたと記載されている。

現在の社名「一之宮貫前神社」は旧社格廃止に伴い改称したものであり、六国史をはじめとする古書には、「抜鉾神社」(ぬきほこ-)と「貫前神社」(ぬきさき-)の2つの名で記される(詳細は後述)。この2社が現神社の前身であるとすると、最初に記録に登場するのは大同元年(806年)、『新鈔格勅符抄』の神封部にある「上野抜鉾神 二戸」の記述である。延長5年(927年)には『延喜式神名帳』に貫前神社が名神大に列格されている。
宇多天皇の代、仁和4年(888年)に一代一度の奉幣として大神宝使を遣わすこととしたが、当社へは寛仁元年(1017年)後一条天皇即位の際に遣わされている。
長元3年-4年(1030年-1031年)に成立したとされる『上野国交替実録帳』には「正一位勲十二等抜鉾大明神社」とあり、当時既に神階が正一位に達していたと思われる。
『本朝続文粋』の記述によれば、康和2年(1100年)4月に上野国目代平周真が降雨の祈願を行った時の奉献の文を国司上野介藤原敦基が執筆しており、当社が国司による特別の崇敬を受け、一宮的機能が12世紀初頭には確立したと考えられる。
中世において、当社は源頼義・義家父子を始めとする武家の崇敬を集め、室町時代末期に越後上杉・相模後北条・甲斐武田の各氏に支配された際も庇護を受け、特に武田氏は譜代家老の原昌胤が取次を務め、造替費用を棟別に課して、上野国を越えた策を講じたとされる。
江戸時代には徳川家の庇護を受け、現在の社殿が整えられた。江戸当時は「抜鉾神社」が一般名称であった。
明治4年(1871年)に近代社格制度において国幣中社に指定され、延喜式での表記に倣い「貫前神社」と改称した。戦後は神社本庁が包括する別表神社となっている。

【抜鉾神社と貫前神社】
明治以前の歴史書には、当社に関して「抜鉾神社」と「貫前神社」という2つの記載がある。また『和名抄』には甘楽郡に「抜鉾郷」と「貫前郷」の記載もある。それら「抜鉾」と「貫前」の関係については議論があり、以下の2説が存在する。

2神2社説
抜鉾神を祀る神社と貫前神を祀る神社は別々の神社であったとする説。
『日本の神々』では、「貫前」の社名は明治維新後に「抜鉾」から改められたもので、本来は「貫前」と「抜鉾」の2神2社であったものが「抜鉾」時代に2神1社となり、明治になって公式には1神1社になった、と述べている。さらに続けて、実際には現在も男・女2神を祀り、2神1社の形は残されている、とも述べている。同書では、朱雀天皇の承平年間(931年-937年)の『和名抄』上野国甘楽郡の項に「貫前郷」と「抜鉾郷」の名が見えることから、貫前神社と抜鉾神社は別地に建っていたと考察し、長元3年-4年(1030年-1031年)の『上野国交替実録帳』に「正一位勲十二等抜鉾大明神社」とあって「貫前」の名が無いこと、正一位で勲十二等と言う神階のおかしさ、この2点より『延喜式神名帳』成立後から『上野国交替実録帳』成立以前の間に「貫前」と「抜鉾」が混同されたと推測している。『群馬県の地名』でも、初め2神2社でのちに2神1社となったとしている。なお2神の説明で、貫前神は甘楽郡鏑川に居住した渡来人の神、抜鉾神は碓氷郡・甘楽郡にいた物部氏一族の神としており、これが混同されたとしている。

1神1社説
抜鉾神社も貫前神社も同じ神社を指す異なる名であるとする説。
『中世諸国一宮制の基礎的研究』では、「貫前」と「抜鉾」いずれの名も六国史に見え、神階に預かる霊験高い神であるが、『延喜式神名帳』には「貫前神社」を1座としているので両神は1神と見るべきであろう、と述べている。付け加えて、別々の2神であれば、官社の幣帛に預かる2座の神とされたはずであり、『延喜臨時祭式』の「名神祭二百八十五座」の1つに「貫前神社一座或作抜鉾」とある注記は同一神であることを示している、と述べている。さらに、『左経記』寛仁元年(1017年)10月2日条に記載の大神宝使に預かる「上野貫前」が、長元3年-4年(1030年-1031年)の国司交代時に作成した『上野国交替実録帳』の「抜鉾大明神」と別々であるとは考えられない、と述べている。


総門の前には、銅灯篭と狛犬が奉納されている。
170711nukisaki03.jpg


銅製燈籠
総門前両脇に立つ。慶応元年の作で、市指定文化財。
大東亜戦争中に於ける金属回収令の際危うかったが、貴重芸術品と算定された為に対象除外とされた。
170711nukisaki04.jpg


170711nukisaki05.jpg


170711nukisaki06.jpg


総門前の狛犬は、意外と新しく昭和2年奉納のもの。
近代に多い、岡崎型、護国型(威嚇型)とは違っていて、風貌には似合わず親しみやすい、独特の型である。
170711nukisaki07.jpg


170711nukisaki08.jpg


170711nukisaki09.jpg


170711nukisaki10.jpg


170711nukisaki11.jpg


170711nukisaki12.jpg


総門
170711nukisaki13.jpg


170711nukisaki14.jpg


総門の前に立つと、楼門の屋根がかなり下に見えるので、かなり降ることがわかる。
170711nukisaki15.jpg


総門の他に勅使門がある。
勅使門(不明門(あかずのもん)) 朱雀天皇の代(930年-946年)に勅使参向の際に設けられた。普段は開門されず、1年に3回、春・秋の御戸開祭と流鏑馬神事の時に開かれる。
170711nukisaki16.jpg


170711nukisaki17.jpg


勅額鳥居
名前は清和天皇筆の額が掲げられていたことに由来する。一ノ宮大字田島にあったが、寛永12年に現在の勅使門裏手に移築した。現在は有栖川宮幟仁親王の額が掲げられている。
170711nukisaki18.jpg


〇蛙の木
総門をくぐった右手に立つタブノキで、太平洋戦争末期、蛙に似たサルノコシカケが出現。祭神の経津主神が勇武に優れていたことから「勝って蛙」「勝ち蛙」として兵士・家族の信仰を集めた。現在は交通安全の守護「無事蛙」として信仰される。
170711nukisaki19.jpg


170711nukisaki20.jpg


170711nukisaki21.jpg


総門の下から見ると、かなりの下り勾配である。
総門を潜ったところから石段を下ると社殿があるという、いわゆる「下り宮」と呼ばれる配置である。
170711nukisaki22.jpg


参道をほとんど降りた横に月読神社があり。

末社・月読神社
社殿は、寛永十二年以前の本社拝殿。
こちらも、近在の神社を合祀しており、十七柱を祀る。
明治41年に近在の秋畑琵琶澤社久司神社、秋畑二ツ石雷電神社、秋畑裏根湯前神社、野上近戸神社を合祀し、月夜見命の他17柱を祀る。
170711nukisaki23.jpg


170711nukisaki24.jpg


月読神社ということで、月にまつわる神紋を期待したが、賽銭箱の神紋は「包み稲の穂」であった。
170711nukisaki25.jpg


ここから、もう少し降りると楼門である。
170711nukisaki26.jpg


楼門(重要文化財)入母屋造。
170711nukisaki27.jpg


左右には重厚な回廊が広がる。
170711nukisaki28.jpg


斗栱(ときょう)の「三手先」を大きく突き出している。珍しい。
170711nukisaki29.jpg


真ん中は止めてあり、左右から出入りする。
170711nukisaki30.jpg


随身
170711nukisaki31.jpg


170711nukisaki32.jpg


拝殿
170711nukisaki33.jpg


本殿、拝殿、楼門、回廊は、江戸幕府第3代将軍徳川家光による寛永12年(1635年)の造営。元禄11年(1698年)、第5代綱吉による大規模な修理で極彩色の漆が塗られ、現在の華麗な造りとなった。いずれも国の重要文化財に指定されている。

向背の屋根は唐破風。
170711nukisaki34.jpg


向背部
170711nukisaki35.jpg


170711nukisaki36.jpg


170711nukisaki37.jpg


拝殿右側面から。
170711nukisaki38.jpg


170711nukisaki39.jpg


170711nukisaki40.jpg


拝殿左側面から。
170711nukisaki41.jpg


170711nukisaki42.jpg


拝殿内部
170711nukisaki43.jpg


本殿
単層2階建てで「貫前造」と呼ばれる独特な造りである。
また、内部は2階構造になっていて上段に神座が据えられ、稲含山に向けて「雷神小窓」が設けられている。
170711nukisaki44.jpg


内部が二階になっているのがわかる、屋根の重厚さである。
170711nukisaki45.jpg


千木は内削ぎであり、ご祭神が女神を表している。
170711nukisaki46.jpg


当社の西方に荒船山(荒船神社)があり、東方には小舟神社がある。
小船神社は、当社の祓戸とされ、東西のライン、荒船-貫前-小舟が女神の系譜。

当社の本殿には「雷神小窓」という緑色の雷神を描いた窓があり、南方の稲含山(稲含神社)の方向を向いている。
また、北方には咲前神社があり、前宮・鷺宮とよばれている。
いずれも経津主神を祭神とし、南北に武神・雷神のライン、稲含-抜鉾-咲前が存在する。

「雷神小窓」という緑色の雷神を描いた窓がある。
170711nukisaki47.jpg


本殿の向背部分の装飾をうかがう。
170711nukisaki48.jpg


170711nukisaki49.jpg


本殿の側面
170711nukisaki50.jpg


左側に回って、本殿を仰ぐ。
170711nukisaki51.jpg


170711nukisaki52.jpg


170711nukisaki53.jpg


なんとか、覗けるところを探して、本殿正面を見ることができた。
170711nukisaki54.jpg


本殿の右袖障子。
「鯉の滝登り」が彫刻されている。
170711nukisaki55.jpg


本殿の左袖障子。
こちらも「鯉の滝登り」が彫刻されている。
170711nukisaki56.jpg


ご祭神:
・経津主神 (ふつぬしのかみ)
葦原中国(日本)平定に功績があったとされる神。当社では物部氏の祖神と紹介している。
・姫大神
祭神の名前は不詳。一説には、綾女庄(当地の古い呼称)の養蚕機織の神とされる。
なお、『一宮巡詣記』では「本尊稚日女尊、相殿経津主命」と記載され主神は女神とされているほか、本殿の千木も内削ぎ(女神の特徴)となっている。

中世以降、抜鉾明神と称される場合が多いが、貫前神とは、本来は別の神。
つまり、「抜鉾」「貫前」の二神を祀る神社だった。「抜鉾」が男神・経津主神、「貫前」が女神となる。

『神道集』では、当社・貫前神社の祭神は、女神であったとし、南天竺狗留吠国の長者・玉芳大臣の五女。

また、笹岡山(荒船山)の峯に船を逆さに伏せ、その船の中に保った河水は、火の雨が降るときにこの水で消すべしと誓ったという。水神・水源神、あるいは周囲の火山に対する対処神かもしれない。

また、一之宮であった赤城大明神が、財の君である、この女神を他国へ渡してはならないと、女神に一之宮を譲ったという。さらに、赤城神が絹機を織っていたが、絹笳が不足したが、この女神から借りて織り上げたとも。

ということで、当社の女神は、水神・財神・機織の神と実に多彩だ。

神紋は「右三つ巴」
170711nukisaki57.jpg


摂社・抜鉾若御子神社
ご祭神:本社祭神の御子神
本殿向かって左脇に鎮座する。元は一ノ宮字若宮に鎮座していた。安閑天皇の代(531年-535年)の創建とされ、『上野国神名帳』には「従五位抜鉾若御子明神」と記載されている。明治38年に現在地に遷座した。社殿は棟札によると文化12年の造営。
170711nukisaki58.jpg


170711nukisaki59.jpg


末社が、総門から入ってすぐ左にいくと広場があり、そこに鎮座している。
170711nukisaki60.jpg


170711nukisaki61.jpg


伊勢内宮・外宮
ご祭神:天照大神(内宮)、豊受大神(外宮)
仮殿敷地に隣接して鎮座する。両宮とも、天狗沢峰通り字伊勢屋敷に鎮座していたものを寛永12年に遷宮したと伝わる。

伊勢外宮
170711nukisaki62.jpg


伊勢内宮
170711nukisaki63.jpg


日枝神社社殿は、寛永十二年以前の本社本殿。
近在の神社を合祀しており、現在十七柱を祀る。
明治42年に近在の田島和合神社、宇田諏訪神社、坂井大臣神社を合祀し、大山咋神の他17柱を祀る。
170711nukisaki64.jpg


二十二社
仮殿敷地に隣接して鎮座する。社領内に祀られていた各社を、寛永12年の造営時に一棟にまとめたもの。
竈神社、菅原神社、沓脱神社、速玉男神社、粟島神社、春日神社、奇八玉神社、諏訪神社、八幡宮、事解男神社、咲前神社、浅間神社、高靇神社、少彦名神社、長田神社、伊邪那岐神社、八坂神社、白山比咩神社、熊野神社、水分神社、熱田神社、扣(こう)神社
170711nukisaki65.jpg


神楽殿
170711nukisaki66.jpg


寛保2年の神楽奉納額が掛かっていた。
170711nukisaki67.jpg


〇藤太杉
樹齢1200年といわれる大杉で、本殿の裏に立つ。平将門討伐のために出征した藤原秀郷が戦勝祈願として年齢と同じ36本の杉を奉納したうちの1本とされる。
残念ながら、枯れてしまったようだ。
170711nukisaki68.jpg


170711nukisaki69.jpg


170711nukisaki70.jpg


〇スダジイ
樹齢推定1000年。数本の枝幹が成長して重なり合う。樹高15メートル、根回り4メートル。富岡市指定天然記念物、富岡の名木10選の1つ。
170711nukisaki71.jpg


170711nukisaki72.jpg


170711nukisaki73.jpg


170711nukisaki74.jpg


〇銀杏
富岡の名木10選の1つ。
170711nukisaki75.jpg


170711nukisaki76.jpg


170711nukisaki77.jpg


神楽殿の横から、勅額鳥居に上がる時に、振り返って境内を眺めた。
170711nukisaki78.jpg


勅額鳥居に上がる石段。
170711nukisaki79.jpg


これで、参拝を終え、帰途につきました。



「神社巡拝」に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

初めて名前を聞いた神社ですが、一之宮と言うだけあって、さすがに立派な神社ですね。また、拝殿、その他も、保存状態や修理状態が素晴らしいですし。また、狛犬も愛嬌があって良いですね!

matsumo さん

コメントありがとうございます。
一ノ宮は、見ごたえがあっていいですね。
まだ関東に、未参拝の一ノ宮があるので、
楽しみです。
ここの狛犬は、気に入ってますね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop