高麗神社の狛犬

20170713

所在地: 埼玉県日高市・高麗神社
拝観日: 2015年8月23日(埼玉県立歴史と民俗の博物館)

この狛犬は、高麗郡建郡1330年記念に、埼玉県立歴史と民俗の博物館にて企画された「高麗郡1300年」展にて見たもの。

霊亀2年(716)に、駿河、甲斐、相模、上総、常陸、下野の高麗人1799人が武蔵国に移され、高麗郡が置かれた。
その多くは、668年の高句麗滅亡前後に難を逃れて日本列島に渡来した人達である。
その精神的支柱となったのが、天智5年(666)に高句麗からの使者として渡来したが、母国の滅亡により列島にとどまった「玄武若光」であり、大宝3年(703)に朝廷から「王(こしき)」姓を賜った。
その「高麗王若光」を祀っているのが高麗神社。

今回の狛犬は、高麗郡建郡1330年記念に復元彩色されたもの。

拝殿に安置されているもので、宝暦7年(1757)に日待講中が随身と一緒に奉納したもの。
作者は、「武陽住日本橋/大仏師埜村玄蔵」とあり、仏師の作とわかる。

年代:宝暦7年(1757)
材質:木製
型式:神殿型

右の阿形獅子
170713koma01.jpg


170713koma02.jpg


左の、角を持った吽形獅子
170713koma03.jpg


170713koma04.jpg


特徴:
・右は阿形、たてがみが巻き毛で獅子。
・左は吽形、こちらもたてがみが巻き毛で獅子。角がある。
・顔は、阿形が笑いかけてるような、吽形は済ましているようで、親しみやすい。
・耳は立っている。鼻は割と目立つ。眉が太い。
・牙は目立つ。
・身体には転々と台風の目のような巻き毛が描かれている。
・前足は、直立。後足は蹲踞。
・尾は、記憶になし。

彩色は、ビロードの布を貼り付けたかのように厚みのあるもので、とても綺麗だった。
基本的に茶と白の彩色で、一部金も使われているが、シンプルなのが、かえって親しみやすい好印象を与えている。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

復元された色、色彩としては暖かみがあって親しみやすい感じですが、信仰としては、金色の方が良い感じがします。塗り直す前のものがどのような色が残っていたのか、知りたいと思いました。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
復元彩色とありますから、もとの色の
とおりに彩色されたと思います。
この神社の由緒から、この感じは
いいなあと私は受け取っています。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop