庭高津日神(にわたかつひのかみ)・庭津日神(にわつひのかみ)

20170719

『古事記』に登場する神。
大年神の御子神である。
大年神は、須佐之男命と神大市比売との子である。

『古事記』によると、大年神と天知迦流美豆比売神が婚姻して以下の十人の御子神が生まれた。
『古事記』の「大国主神」の巻、「大年神の神裔」の段
 (現代語訳)
 さて、かの大年神が神活須毘神の女の伊怒比賣を妻として生んだ子は、大國御魂神、次に韓神。次に曾富理神、次に白日神、次に聖神の五神である。また香用比売を妻として生んだ子は、大香山戸臣神、次に御年神の二柱である。
また天知迦流美豆比賣(アメチカルミヅヒメ)を妻として生んだ子は、奥津日子神、次に奥津比売命、またの名は大戸比売神である。この神は、人々が大事にお祭りしている竈の神である。次に生まれたのは大山咋神で、またの名を山未之大主神という。この神は近江国の比叡山に鎮座し、また葛野の松尾に鎮座して、鳴鏑を神体とする神である。次に生まれたのは庭津日神、次に阿須波神、次に彼此岐神、次に香山戸臣神、次に羽山戸神、次に庭高津日神、次に大土神、またの名は土之御祖神の九神である。 上にあげた大年神の子の大國御魂神から大土神まで、合わせて十六神である。
(以下省略)

これらの神々は、竃や屋敷、庭、農地など、農業生活(稲作)のための神々だと思う。
庭高津日神と庭津日神は同じ意味の神で、 『古史伝』では奥津日子神と奥津比売命の二竃神と異名同神としている。
また『古事記伝』では庭は家庭で、日は産巣日のビと同じで屋敷の守護神としている。
あるいは、農業祭祀などを行う庭、家屋の前の広場を神格化した神であるとか、 庭を照らす太陽神とする説もある。

また、庭高津日神の名は、践祚大嘗祭に際して、斎郡の斎院に祭る八神として、阿須波神・彼此伎神とともにあげられている。
大嘗祭(だいじょうさい)は、天皇が即位の礼の後、初めて行う新嘗祭。大嘗祭は古くは「おほにへまつり」、「おほなめまつり」とも訓じたが、現在は「だいじょうさい」と音読みすることが多い。新嘗祭(にいなめさい)は毎年11月に、天皇が行う収穫祭で、その年の新穀を天皇が神に捧げ、天皇自らも食す祭儀であるが当初は「大嘗祭」とはこの新嘗祭の別名であった。後に、即位後初めての新嘗祭を一世一度行われる祭として、大規模に執り行うこととなり、律令ではこれを「践祚大嘗祭」とよび、通常の大嘗祭(=新嘗祭)と区別したものである。

「武蔵国式内社めぐり」で、東京都あきる野市にある「阿伎留神社(あきるじんじゃ)」に参拝した際に、その境内末社である「庭津日神社」に祀られていた。


日本の神々記事一覧に飛ぶ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop