新宿・西向天神社の狛犬

20170812

所在地:東京都新宿区新宿6-21-1 西向天神社拝殿前
撮影日:2017年7月27日

都営大江戸線「東新宿」駅下車、A3出口から地上に出て「新宿イーストサイドスクエア」を抜けると、50mほどで到着した。
170812nishi01.jpg


この神社には、江戸時代の狛犬二組が居るが、そのうち古い方が拝殿前の狛犬である。
170812nishi02.jpg


年代:宝暦12年(1762)
材質:石造
型式:宝珠・角型

右側が阿形獅子、頭に宝珠を載せている。
170812nishi03.jpg


170812nishi04.jpg


170812nishi05.jpg


170812nishi06.jpg


170812nishi07.jpg


左側が吽形獅子、頭に角がある。
170812nishi08.jpg


170812nishi09.jpg


170812nishi10.jpg


170812nishi11.jpg


特徴:
・右は口を開き阿形、たてがみが巻き毛で獅子。宝珠を載せている。
・左は吽形、たてがみが巻き毛で獅子。角がある。
・顔は、耳が垂れ、眉は巻き毛が横に並んで、その奥に目があり。
・歯は綺麗に並び、牙はかなり長く強調されている。顎髭は扇状に広がっている。
・いかめしい顔が笑っているような表現で、親しみを感じる。
・前足は、太く真っ直ぐ。付け根の筋肉が強調されている。爪は立派で甲には巻き毛がある。
・前足の後ろに羽根上の毛が全体にある。
・後足は蹲踞。筋肉が強調されている。甲からずっと巻き毛が続いている。
・後肢の間の彫りは省略。
・尾は、タケノコ形の「尾立ち」。全体に巻き毛が覆っている。


耳が垂れ、眉は巻き毛が横に並んで、顎髭は扇状に広がっている。
歯は綺麗に並び、牙はかなり長く強調されている。
170812nishi12.jpg


前足は、太く真っ直ぐ。付け根の筋肉が強調されている。爪は立派で甲には巻き毛がある。
前足の後ろに羽根上の毛が全体にある。
170812nishi13.jpg


170812nishi14.jpg


尾は、タケノコ形の「尾立ち」。全体に巻き毛が覆っている。
170812nishi15.jpg


170812nishi16.jpg


後肢の間の彫りは省略。
170812nishi17.jpg


年代は、宝暦12年(1762)の奉納。
170812nishi18.jpg


宝珠が大きめで、角も太くて立派なのが、とてもいい。
たてがみや顎髭などはシンプル、足の巻き毛の表現が豊かで、筋肉の付け方もたくましく、顔がちょっと異形で親しみやすい狛犬である。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

ここは勿論、行っています。大抵は、このそばにある新宿文化センターでのコンサートがある時に、早めに着いた時に、ここで過ごします。このそばに写真撮影モデルのスタジオがあるようで、ここでモデルさんを撮影している人を何回か、見かけたことがあります。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
私は、この辺はそれまで入って来たことが
ありませんでした。
この神社には、狛犬の情報から訪ねることに
しました。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop