FC2ブログ

川の博物館/「神になったオオカミ」展

20170814

所在地:埼玉県大里郡寄居町小園39

8月6日(日)に、表題の企画展に加え、「ニホンオオカミと三峰」という講演会があるので、訪ねました。

駐車場近くの入り口から入ると、巨大な水車に度肝を抜かれた。
170814kawa01.jpg


園内は広くて、川も流れている。向うに見えている円筒形の建物は、川の博物館の展望塔だ。
170814kawa02.jpg


川の博物館の近くには、水車が移築復元されていた。

東秩父村・精米水車
170814kawa03.jpg


皆野町・コンニャク水車
170814kawa04.jpg


川の博物館
170814kawa05.jpg


第1展示室は、広くて映像と様々な模型で川を利用した昔の暮らしの工夫を紹介している。
巨大スクリーンの映像の説明を生で学芸員の人が説明している。
170814kawa06.jpg


今回、「鉄砲堰」というものに関心を持った。

鉄砲堰は、川を利用した木材搬出方法のひとつで、源流域でも特に荒川支流の中津川で行われていた。
山間の∨字谷に堰を造って大量の水をため、人為的に鉄砲水を起こさせて材木を下流に流し送るというもの。
「鉄砲出し」とか「鉄砲流し」、あるいは単に「鉄砲」とも呼ばれていた。
谷が狭まり、両岸の岩が張り出して地盤のしっかりした場所に、大量の丸太で小さなダムを造る。
170814kawa07.jpg


丸太の透き間には水ごけや泥を詰めて、水がもれないようにしておく。中央部には水が流れ出る放出口を設ける。
170814kawa08.jpg


流す材木は、堰の下流にまとめて置いておき、堰に満々と水がたまるのを見計らい、ベラボウと呼ぶつつかい棒を動かすと、放出口をふさいでいたベライタがはずれ、水は轟音とともに一気に流れる。
この水流が数百本もの材木を押し流す。
こうして荒川本流まで流してから筏に組んで、江戸まで筏を運んで行くというもの。

狭山市でも、荒川支流の入間川で飯能からの筏を流していたので、その筏師が泊まった宿の存在がわかっている。

水車で臼を挽く木製歯車の構造も展示してあった。
170814kawa09.jpg


展望塔からの荒川方面の眺め。
170814kawa10.jpg


170814kawa11.jpg


170814kawa12.jpg


前述した水車が設置してあるところも見えた。
170814kawa13.jpg


博物館の屋上にこんなものを発見。
今は、こんなものがあるんですね。
170814kawa14.jpg



【神になったオオカミ展】
第2展示室で、「神になったオオカミ」展を開催。
170814kawa15.jpg


三峰神社、宝登山神社、武蔵御嶽神社では、いずれも日本武尊が甲斐から武蔵国に入ったときに山で迷うが、オオカミの先導で難を逃れたという伝承がある。

武蔵御嶽神社の奉納額
170814kawa16.jpg


前述三社では、オオカミが御眷属として信仰されている。
この三社は既に記事をアップしているので、それを見ていただければ、その様子はわかる。

三峰神社の記事を見る


宝登山神社の記事を見る
(奥宮の記事まで見てください)


武蔵御嶽神社の記事を見る



秩父地方では、オオカミの骨を、魔除け、お祓いに用いられていた。
170814kawa17.jpg


170814kawa18.jpg


前述の三社だけでなく、たくさんの神社から、火難防止、盗難防止、作物の災難防止のための護符が配られている。
170814kawa19.jpg


狭山市でも、玄関に貼ってあるとか、畑や田に立ててあるのを、けっこう見ることがある。

これは2016年3月に、北入曽の不老川近くの畑で撮ったもの。
170814kawa20.jpg


170814kawa21.jpg


オオカミの絵では、もともと好きな作家でもあり、河鍋暁斎が描いたものが良かった。
170814kawa22.jpg


秩父地方に伝わるオオカミ伝説が展示してあったが、なかなか面白かった。
その一つ、「のどに刺さった骨を抜いた話」を紹介しておく。
170814kawa23.jpg


 小前(現在の皆野町)というところに、駒井なにがしという強者がいました。
ある晩、この男が下吉田で用を済ませた帰り道、山中で1匹のオオカミに出くわしました。
そのオオカミは、大きくロを開き、「口の中を見てくれ」というように近寄ってくるのです。
男がよく見ると、のどに大きな骨が刺さっているのが見えたので、口の中に手を入れて骨を抜いてやりました。
数日たったある晩のこと、庭で「ドサッ!」と大きな音。
次の日、早起きして庭を見ると、大きなイノシシが投げ込まれていたのです。
「ははあ、これはこの間のオオカミからのお礼だな」
と家族を起こしたということです。
(山田英二著『秩父の民話と伝説』より)

13:30から、講演会を聴講した。

【講演会「ニホンオオカミと三峰」】
講師:秩父宮記念三峰山博物館 名誉館長山口民弥氏

〇三峰神社の紹介

〇オオカミ信仰
・三峰神社の「お犬様信仰」を確立したのは、江戸期の日光法印による。
・ニホンオオカミ=お犬様=山犬=大口真神(おおぐちまかみ)=御眷属様
・ニホンオオカミは「イヌ科」であり、人家への不審者や盗賊の侵入を防ぎ、火災の発生を知らせる本能を庶民は知っていた。
・農山村では田畑の作物を荒らす獣(猪など)を食し獣害被害から人間を守り、町では盗賊・火つけを防ぐ霊験の他、修験者が病気平癒・雨乞いなどの加持祈祷・薬学・天文学などで多くの信仰者を増やすとともに、オオカミを身近な存在とし、神の使いとあがめるようになった。

〇県外の三峰神社
有名なところでは、東京・浅草寺境内、岩手県の中尊寺境内などに、火難防止として三峰神社が祀られている。

〇ニホンオオカミの絶滅?
・明治時代初期までは、日本の山間部には多数のニホンオオカミが居た。
・絶滅の原因はタイリクオオカミが疫病神扱いされていた考えが導入されたこと、狂犬病などの伝染病、明治政府が銃の貸与・毒薬の支給などで駆除を積極的に奨励したなどによる。
・ニホンオオカミは、明治38年(1905)奈良県東吉野村で捕獲されたのが最後の例。これは、イギリスから派遣されたアメリカ人が買い取り、現在大英博物館にある。
・世界で7例目と8例目が個人から寄贈されて三峰神社博物館にある。
この写真に写っているのが、講師の山口氏
170814kawa24.jpg


・国内外で、残っているニホンオオカミの剥製・毛皮は、①国立科学博物館、②東京大学農学部、③和歌山大学、
④イギリス・大英自然史博物館、⑤オランダ・ライデン自然史博物館、⑥ドイツ・ベルリン自然史博物館、⑦⑧三峰神社博物館

〇今でも居る?
 秩父地方には、オオカミの遠吠えを聞いた、写真を撮ったなどの情報が今でもあり、秩父の人で家財を傾けてまでもニホンオオカミの姿を追い求めている人が居る。

〇ちなみに
タイリクオオカミであれば、現在、国内の11の動物園で飼育されている。
近い場所では、多摩動物公園に9頭飼育されている。
(日本に存在したのは、ニホンオオカミとエゾオオカミのみ)

(了)


「お気に入りの場所」に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

なるほど、こんな博物館があるのですね。初めて知りました。水車小屋は良いですよね。川合玉堂の絵にもよく出てきますし。ここの博物館、屋外の親しみやすさと室内の展示と、所謂、「行動展示」の一種なのでしょうね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
ここを訪ねた目的は、講演会なんですがね。
なかなか楽しい博物館でした。
またゆっくりと訪ねたいと思っています。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop