FC2ブログ

王子稲荷神社の狛狐

20170828

所在地:東京都北区岸町 王子稲荷神社いなり坂側入り口
撮影日:2013年6月30日

王子稲荷神社については、既に記事にしています。

その記事を見る


王子稲荷神社の正門は、幼稚園があるため平日は入れず、脇の「いなり坂」を少し上がったところに入り口があり、そちらから入ります。
170828ouji01.jpg


その、いなり坂側入り口を入ると、狛狐がいます。

年代:宝暦14年(1764)
材質:石造
型式:他眷属型-狐

ここの狛狐は、阿吽にはなっていない。

右の狛狐は、口に咥えていないが、台座に鍵が彫られている。
170828ouji02.jpg


170828ouji03.jpg


170828ouji04.jpg


左の狛狐の台座には、宝珠が彫られている。
170828ouji05.jpg


170828ouji06.jpg


170828ouji07.jpg


ちなみに、狐が咥えたり、持っている物に、稲穂、巻物、鍵、玉の4種類あるが、何を象徴としているか、ご存知ですか?
それは、下記のとおりです。
稲穂:五穀豊穣
巻物:知恵
鍵:霊徳を身につけようとする願望の象徴、商売繁盛(蔵の鍵)
玉:神さまの霊徳の象徴、宝珠、米倉


この狛狐の特徴は、何と云っても「表情」に尽きると思います。
とても柔和に笑った顔で、とてもいいですね。

年代は、宝暦14年(1764)と江戸時代のもので、まったく傷んでいない良いものです。
170828ouji08.jpg


まだ、狛犬を追求しようと思っている時期では無かったので、データが不足しています。
例えば尾の形とか。
機会を見て、再訪して撮り加えるつもりです。


狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

駒狐ですか、これは稲荷神社には必ずと言って良い程、あるものですね。この王子稲荷の駒狐は、確かに笑っているような感じで良いですね!

matsumoさん

コメントありがとうございます。
この狐の表情、いいですよね。
隅田の三囲神社にも、このような表情の
狐が居て、気に入っています。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop