FC2ブログ

板碑庚申塔/埼玉県狭山市

20170831

所在地:埼玉県狭山市 個人蔵

これから、各地の庚申塔をアップしていきますが、最初は地元狭山市の庚申塔を古い順にアップしていきます。

狭山市で一番古い庚申塔は、天文3年(1534)に建てられたもの。
天文3年と云えば、織田信長が生まれた年である。

塔身:青色塔婆(板碑)
主尊:阿弥陀如来
造立年代:天文3年(1534)

庚申塔としては、江戸時代に三猿や青面金剛を主尊とする庚申塔が確立されるが、それまでは仏像から採られているものが多い。

この板碑は、個人のお宅の内に氏神様と共に丁寧に祀られている。
170831itahi01.jpg


庚申塔全身
170831itahi02.jpg


170831itahi03.jpg


主尊の阿弥陀如来
170831itahi04.jpg


「申待供養」と刻まれていて、庚申供養塔であることがわかる。
170831itahi05.jpg


像容と銘文
170831itahi06.jpg


種子は光明真言を刻す


ちなみに、現存最古の庚申板碑は、埼玉県川口市の実相寺にあり、文明3年(1471)造立のものであることがわかっている。

(了)


「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

これだけ、立派な板碑が個人の庭にあるのですか! まあ、単に外にあるよりは、きちんと保存してもらえるので、良いですが。でも、観るには、やはり、電話等でお願いしてからと言うことになるでしょうから、やはり、お寺や道ばたにあるものとは異なりますね。

matsumo さん

コメントありがとうございます。
おかげで、保存状態が良くてありがたいです。
こういうものは、大切に残していきたいものです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop