FC2ブログ

王子稲荷神社・本宮前の狛狐

20170903

所在地:東京都北区岸町 王子稲荷神社・本宮参道
撮影日:2013年6月30日

王子稲荷神社については、既に記事にしています。

その記事を見る


本殿の、向かって右側を進むと本宮があるが、その参道には二組の狛狐が居る。
170903ouji01.jpg


今回の狛狐は、奥の本宮側のものである。

年代:明和元年(1764)
材質:石造
型式:他眷属型-狐(宝珠)

この狛狐は、普通稲穂、巻物、鍵、玉を咥えたり、持っているのだが、それがない。
その代わりに頭に玉のようなものを載せている。
おそらく宝珠だろう。
狛犬に、阿形が宝珠を載せ、吽形の頭に角がある、神仏習合の型があるが、この狛狐の場合は両方とも宝珠のようだ。
お稲荷さんには宝珠はつきものなので、相応しい形ではあるが、珍しい。

右の狛狐は阿形、尾は丸い尾が立っている。
170903ouji02.jpg


170903ouji03.jpg


風化が激しく、表情はわからないが、頭に宝珠を載せている。
170903ouji04.jpg


左の狛狐は吽形。
170903ouji05.jpg


こちらは、まだ風化は激しくなく、眉とか髭はわかる。
目が小さく、鋭い表情である。
頭に宝珠を載せている。
170903ouji06.jpg


年代は、明和元年(1764)。
170903ouji07.jpg


面白いのは、先にアップした「いなり坂側入り口」の狛狐が「宝暦14年(1764)と刻まれているが、この年の6月に改暦されて明和元年(1764)となっている。
同じ年に造立されているが、改暦前と改暦後の年号が同じ神社の中で見られるのは珍しい。


まだ、狛犬を追求しようと思っている時期では無かったので、データが不足しています。
例えば尾の形とか。
機会を見て、再訪して撮り加えるつもりです。


狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

狛犬って、結構、長生きですよね。やはり、建物は木造ですが、狛犬は石造りのためだと思います。と言っても、首の所が弱いので、頭が無いものが置かれている所もありますが。

そう言えば、昨日は御岳山の武蔵御嶽神社に行ったので、社殿の後にある末社の狛犬も撮影してきました。四季歩さんも撮られていた駒猪も勿論、撮影してきました。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
狛犬でも、お地蔵さまでもそうですが、あとは
石の材質ですね。
江戸城の石垣に使われたという「伊豆石」は見事で、
いまでもほとんど風化してませんね。
武蔵御嶽神社には、とても狛犬が多いですね。
近々、きちんと撮り直しに行きたいと思っています。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop