FC2ブログ

穴師坐兵主(あなしにますひょうず)神社の狛犬

20170908

所在地:奈良県桜井市穴師1065 穴師坐兵主神社拝殿前
撮影日:2017年3月23日

青春18キップの旅で、奈良県を旅行していた時に、JR巻向駅から山の辺の道を歩いて、この神社まで来ました。
とても変わったところのある神社だったので。

穴師坐兵主(あなしにますひょうず)神社については、既に記事にしています。

その記事をみる


山の辺の道を歩いていくと、社号標と鳥居があり、山の辺の道が参道になります。
170908oohyouzu01.jpg


実は巻向の駅の近くに一の鳥居があり、そこからずっと山の辺の道はこの神社の参道とも言えるのですが。

しばらく行くと、道が分かれて右が山の辺の道、左に入ると社殿の前に出ます。
170908oohyouzu02.jpg


ここからの参道に、とても可愛い「浪花型」の狛犬が居て、更に拝殿前に居るのが今回の狛犬です。
拝殿前のが江戸狛犬だったので驚きました。
つまり、ここには江戸狛犬と浪花型の両方の狛犬が揃っていました。
今回は拝殿前のものです。
170908oohyouzu03.jpg


年代:明和8年(1771)
材質:石造
型式:江戸尾立ち型

右側が阿形の獅子
170908oohyouzu04.jpg


170908oohyouzu05.jpg


170908oohyouzu06.jpg


170908oohyouzu07.jpg


左側も吽形の獅子
170908oohyouzu08.jpg


170908oohyouzu09.jpg


170908oohyouzu10.jpg


特徴:
・ここは湿度が高いらしくて、苔の付着がひどい。
・右は口を開き阿形、たてがみが巻き毛で獅子。
・左は吽形、たてがみが巻き毛で獅子。
・耳は垂れ、口は大きく、阿形は舌をのぞかせ、顎髭は長くカールしている。
・いかつい顔だが、全てに丸みを帯びていて怖さは無い。
・前足は、前方に出して真っ直ぐ。脇に翼のような巻き毛の表現
・後足は蹲踞。巻き毛が長く伸びている。
・尾は、立っていて、炎型で巻き毛あり。

尾のかたち
170908oohyouzu11.jpg



ちなみに参道にあった、大正?年奉納の「浪花型」狛犬を紹介しておこう。
170908oohyouzu12.jpg


170908oohyouzu13.jpg


170908oohyouzu14.jpg




狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

やはり、コケが生えたものだと、汚らしく感じますね。おそらく、昔は本格的に生えてきて、緑色をしていたのでしょうね。こういうものって、少し、削るとか、あるいは化学薬品で脱色するとかできないのでしょうかねえ。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
本当に、こういうのを見るとガックリきます。
まあ、これもそのまま歴史だと受け入れざるを
得ないですが。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop