FC2ブログ

阿彌神社の狛犬

20170927

所在地:茨城県稲敷郡阿見町竹来1366 阿彌神社拝殿前
撮影日:2014年6月27日

ここには、常陸国の式内社を巡拝していたときに参拝しました。
阿彌神社については、記事があります。

その記事を見る


年代:安永6年(1777)
材質:石造
型式:宝珠・角型

拝殿前に、その狛犬は居ます。
170927ami01.jpg


これは最初からなのか、途中からそうなったのか不明だが、阿吽の位置が通常と反対となっている。

右が、通常と異なり吽形獅子。頭頂には角があったと思われる痕跡あり。
170927ami02.jpg


170927ami03.jpg


170927ami04.jpg


170927ami05.jpg


170927ami06.jpg


左が阿形獅子。頭に宝珠を載せている。
170927ami07.jpg


170927ami08.jpg


170927ami09.jpg


170927ami10.jpg


特徴:
・阿吽の位置が通常と反対となっている。
・右は吽形、たてがみが巻き毛で獅子。頭に角があったと思われる痕跡あり。
・左は口を開き阿形、たてがみが巻き毛で獅子。頭に宝珠を載せている。
・耳は大きく、垂れている。口は大きく半開き、顎髭は短く垂れている。
・牙は見当たらない。いかつい顔だが、愛嬌のある表情。
・前足は、前方に出して真っ直ぐ。全長にわたり炎のような毛が立って、付け根に巻き毛。
・後足は蹲踞。脚の間は彫られていない。脚に腹の毛が覆いかぶさっている。
・尾は、立っていて、タケノコ型。巻き毛は見当たらない。


吽形の頭に角があったと思われる痕跡あり。
170927ami11.jpg


前足は、前方に出して真っ直ぐ。全長にわたり炎のような毛が立って、付け根に巻き毛。
170927ami12.jpg


後足は蹲踞。脚の間は彫られていない。脚に腹の毛が覆いかぶさっている。
170927ami13.jpg


尾は、立っていて、タケノコ型。巻き毛は見当たらない。
170927ami14.jpg




狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

口が閉まっている方は面白い顔、開いている方は愛嬌のある顔ですね。また、四角い石を目一杯、使って彫ったような形が面白いですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
やはり、地方の方が面白いものが
多いですね。
自由に作れるからでしょうね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop