FC2ブログ

青面金剛庚申塔/狭山市・入間川

20171103

所在地:埼玉県狭山市入間川富士浅間付近

この庚申塔は、石無坂(いしんざか)を上がっていき、入間川富士浅間付近の十字路にある。
現在この付近が大規模な道路拡幅工事中で、庚申塔は今まであった場所から斜め向かいに移設されている。

大事に覆い屋に安置されている。
171103ishin01.jpg


庚申塔全身
171103ishin02.jpg


銘文詳細
171103ishin03.jpg


塔身:駒形
主尊:一面六臂青面金剛
日月:浮彫瑞雲付き
主尊の特徴:一面六臂、頭蛇、三眼
本手:剣と羂索
他の手が持つ法具:法輪、弓、矢、三叉矛
脇侍:左向一邪鬼、ニ鶏、三猿
造立年代:寛政元年(1789)

日月瑞雲付き
171103ishin04.jpg


頭に蛇、三眼
171103ishin05.jpg


中央の本手が「剣と羂索」を持っているのが珍しい。
狭山市では、これ一つだけ。
171103ishin06.jpg


他の手が持つ法具は、法輪、弓、矢、三叉矛。
171103ishin07.jpg


一邪鬼を踏み、脇にニ鶏が刻まれている。
171103ishin08.jpg


台座の三猿は、両側の猿が横向き。
171103ishin09.jpg


(了)


「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

やはり、このように上屋の中に入っている方が、信仰のために大切にされていると言う感じがしますね。

と言っても、写真を撮る方からすると、撮れるのは前だけですので、横とか後ろとかを撮ろうとすると大変ですが。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
庚申塔の場合は、前からの写真で、ほぼ
像容がわかるので助かります。
横に彫られている、銘文とか造立年月なども、
今はネットで調べるとたいてい判るので、助かります。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop