FC2ブログ

文字庚申塔(踊る三猿付)/狭山市・水野

20171119

所在地:埼玉県狭山市水野

入曽と藤沢を結ぶ道で、県道8号線と並行して一本南の道で、「三商自治会館」の近くにある。
文字塔なのだが、台座に彫られた三猿が秀逸。

庚申塔は生垣に守られて保存されている。
171118mizuno01.jpg


文字塔部分
171118mizuno02.jpg


銘文詳細
道しるべも刻まれている。
171118mizuno03.jpg


塔身:角柱
主尊:「庚申塔」文字
台座:三番叟を踊る三猿
造立年代:元治元年(1864)

台座に、三番叟を踊る三猿が彫られているので、とても貴重なものである。

ところが、私が昨年2月にちゃんと撮影しておこうと、訪れた少し前に変質者により痛められていた。
171118mizuno04.jpg


このようなことがあっていいものか(怒)
バチあたりもいいとこである。

私が手にいれてあった資料に写真があり、鮮明でないが判るので載せておく。
左が扇を持つ「言わざる」、中央が御幣を持つ「聞かざる」、右が鈴を持つ「見ざる」。
171118mizuno05.jpg


庚申塔のデータは、ずいぶんと集めたが、「三番叟を踊る三猿」は極めて稀で貴重なものである。


「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ



スポンサーサイト



コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

これはひどいですね!! 顔だけ、削り取られているところをみると、偶像崇拝を禁じている宗教の人達が、場所は覚えていませんが、アジアのどこかで、大きな仏像の浮き彫りの顔を削っていた話がありましたが、似ている感じがしますね。ともかく、悪い輩は無数にいますので、この手のことはまだまだ、続くと思います。

先日、行った役行者像は10年以上前に頭が盗まれ、その後、現在では再建されましたが、この庚申塔では無理でしょうね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
江戸時代からずっと大切に守られてきたのに、
こういうことで穢されてしまうのは、
本当にやりきれません。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop