FC2ブログ

彦主人王(ひこうしのおおきみ)/日本の神々の話

20171207

『日本書紀』継体天皇即位前条にある、継体天皇の父である。

滋賀県高島市安曇川町常磐木1239の、延喜式内社・三重生(みおう)神社に、振媛と共に祭神として祀られている。

系図
171207彦主人王


第15代応神天皇の四世孫で、第26代継体天皇の父である。
『上宮記』逸文[原 1]では「汙斯王(うしのおおきみ)」と表記される。
『釈日本紀』所引の『上宮記』逸文[原 1]によれば、汙斯王(彦主人王)は応神天皇(第15代)の四世孫である。父は乎非王(おひのおおきみ)で、母は牟義都国造伊自牟良君の女の久留比売命。
『上宮記』逸文と『日本書紀』によれば、妃は垂仁天皇七世孫の振媛(ふりひめ、布利比売命)で、その間の子に継体天皇(第26代)がいる。

『日本書紀』継体天皇即位前条によると、彦主人王は近江国高島郡の「三尾之別業」(現在の滋賀県高島市の安曇川以南域)におり、越前三国の坂中井(さかない:現在の福井県坂井市の旧三国町域)の振媛を娶った。
その後振媛は男大迹王(のちの継体天皇)を生んだが、その幼少のうちに彦主人王は死去。そのため振媛は高向(現在の福井県坂井市の旧丸岡町域)に帰郷して、男大迹王を養育したという。

三尾別業(みおのなりどころ、三尾之別業)は、彦主人王が拠点とした三尾にあったとされる別業。継体天皇の出生地ともされ、近江国高島郡三尾郷(現在の滋賀県高島市の安曇川以南域)と見られるが、具体的な比定地は未詳。

現在も水尾神社や「三尾里」の地名が残ることから、「三尾」とは高島市の鴨川下流域一帯を指す地名とされる。現在、同地には継体天皇出生に関する数々の伝承地が残っている。

彦主人王に関して、宮内庁による治定墓はない。ただし、滋賀県高島市安曇川町にある宮内庁の安曇陵墓参考地(あどりょうぼさんこうち、位置)では、彦主人王が被葬候補者に想定されている。

継体天皇は不思議な天皇で、ここからは岡谷公二氏の「神社の起源と古代朝鮮」から紹介しておく。

彦主人王が三尾別業に居たのは、三尾氏とのかかわりからであると考えられる。
近江の三尾氏に関しては、多くの製鉄遺跡が残っていることから製鉄の技術集団であったことがわかる。
このことから三尾氏は渡来系の氏族と考えられる。
鴨稲荷山古墳からは豪奢な副葬品が発掘されているが、その多くは朝鮮半島系である。

このことから継体天皇も、もしかしたら渡来人ではないかと指摘する人も多い。
継体天皇は謎の天皇と云われる。
記紀ともに応神天皇の五世の孫として、父の彦主人王以外中間の系譜に全く触れていない。
武烈天皇の死後、日嗣がないということで、畿内から遠く離れた越前三国から大伴金村によって迎えられ、しかし大和に入るのに20年もかかっている。
武烈でそれまでの皇統が断絶し、継体から新しい王朝が始まったと考える学者も多いようだ。


日本の神々記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop