神田・柳森神社

20171210

鎮座地:東京都千代田区神田須田町2丁目25−1
参拝日:2017年4月29日

JR秋葉原駅から、JR高架沿いの細い路地を入ると、神田川に架かる歩行者専用の「ふれあい橋」という鉄橋があり、そこから対岸に鎮座する柳森神社が見える。
171210yanagi01.jpg


171210yanagi02.jpg


入り口
171210yanagi03.jpg


石造明神鳥居
171210yanagi04.jpg


社号標
171210yanagi05.jpg


この東京が武蔵野の原と称し、足利時代の頃長禄2年(1457)太田道灌公江戸築城の時その東北方即ち此所に城郭鎮護鬼門除けとして京都伏見稲荷大明神を勧請して祀ったのが創始。
1659(萬治2)年、仙台藩による神田川の掘割工事が行われるのに伴い、現在地へ遷座した。
神田川土堤一帯に柳の木を多数植え繁茂したるに依り柳原の名と共に柳森神社の起源となった。
江戸時代においては徳川家より社殿造営の寄進を受けるなど大変栄え、烏森神社・椙森神社とともに江戸三森の一つとして崇敬された。
其の造営物は大正12年9月の関東大震災にて惜しくも烏有に帰した。
尚其頃迄には柳町小柳町元柳町向柳町柳原河岸などと柳に因んだ町名のあったことも此の柳の森より起因したものである。
1923(大正12)年9月の関東大震災において社殿等を焼失、1930(昭和5)年に復興した。
大東亜戦争末期の空襲では小破しながらも残存、1954(昭和29)年修理が完了、神楽殿も造営される。
1984(昭和59)年、二度の放火により神楽殿が全焼、社殿半焼の被害を被り、1986(昭和61)年春に修復が完了した。

鳥居から見た境内。
社殿が鳥居より下にある「下り宮」である。
171210yanagi06.jpg


入り口階段脇にある富士講関係石碑群は千代田区指定有形民俗文化財。
171210yanagi07.jpg


171210yanagi08.jpg


浅間神社(木之花咲耶姫命)が祀られている。
171210yanagi09.jpg


富士講関係石碑の主なもの
171210yanagi10.jpg


171210yanagi11.jpg


171210yanagi12.jpg


手水舎
171210yanagi13.jpg


手水舎で左に折れると、社殿に続く参道
171210yanagi14.jpg


昭和5年奉納の鉄製天水桶
171210yanagi15.jpg


狛狐は昭和6年(1931)奉納。
微笑を湛えた良い表情をしている。
171210yanagi16.jpg


171210yanagi17.jpg


171210yanagi18.jpg


171210yanagi19.jpg


171210yanagi20.jpg


171210yanagi21.jpg


拝殿
171210yanagi22.jpg


171210yanagi23.jpg


171210yanagi24.jpg


171210yanagi25.jpg


171210yanagi26.jpg


本殿
171210yanagi27.jpg


ご祭神は倉稲魂大神(うかのみたまのおおかみ)

神紋は「包み抱き稲」
171210yanagi28.jpg


柳森神社は小社ながら実に境内社が多いです。

まず、福寿神祠(徳川桂昌院殿)は通称「おたぬきさま」と呼ばれ有名。
鳥居付近のおたぬきさまが、目立つ。
171210yanagi29.jpg


171210yanagi30.jpg


171210yanagi31.jpg


171210yanagi32.jpg


171210yanagi33.jpg


五代将軍綱吉の生母・桂昌院により、江戸城内に福寿稲荷と称して創建された。
庶民の出ながら、他を抜いて(たぬき)玉の輿に乗った桂昌院にあやかろうと、大奥の女中達はこの社を崇敬したという。
後に旗本・瓦林邸内に遷座したのち、1869(明治2)年柳森神社に合祀されている。
開運、諸願成就、勝運、出世に御利益があるとされる。
171210yanagi34.jpg


171210yanagi35.jpg


ここにいる、神使の狸は可愛い。
171210yanagi36.jpg


171210yanagi37.jpg


171210yanagi38.jpg


171210yanagi39.jpg


明徳稲荷神社
171210yanagi40.jpg


秋葉大神
171210yanagi41.jpg


171210yanagi42.jpg


ここには、中国獅子が頑張っている。
171210yanagi43.jpg


171210yanagi44.jpg


水神厳島大明神・江島大明神
171210yanagi45.jpg


ここには、龍が居る。
171210yanagi46.jpg


171210yanagi47.jpg


金比羅宮(大物主命)。
171210yanagi48.jpg


神楽殿の奥に、青面金剛庚申塔がある。
171210yanagi49.jpg


境内に残された力石群は千代田区指定有形民俗文化財。
大正年間(1912~1926年)に神田川徳蔵こと飯田徳三とその一派が使っていたものの一部とされる。
171210yanagi50.jpg


171210yanagi51.jpg


境内には、このように木製ベンチが置かれていて、雰囲気が良かった。
171210yanagi52.jpg


(了)


「神社巡拝」に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

ここ、本来は稲荷神社なのに、駒狐以外は、稲荷神社っぽくないですよね。私の印象では、狸がメインだと思っていました。

また、富士塚ですが、以前は境内の別な場所にちゃんとした山の形であったようですので、おそらく、境内ももっと広かったのではと思います。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
私も、最初ここを訪れたのは、狸の狛犬が居るという
記事を見てきましたからね(笑)
なにしろ、五代将軍綱吉の生母・桂昌院が進行した
福寿稲荷がここに来ちゃったので、訳わからなく
なってしまいましたね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop