FC2ブログ

弥豆麻岐神(みづまきのかみ)/日本の神々の話

20171212

『古事記』において、 「大国主神」巻、 「大年神の神裔」の段に登場する。
(現代語訳)
さて、かの大年神が神活須毘神の娘、伊怒比売を妻として生んだ子は・・・・・・・
また、天知迦流美豆比売(あめちかるみずひめ)を妻として生んだ子は・・・・・・
次に羽山戸神、次に・・・・・・・。
上に挙げた大年神の子の大国御魂神から大土神まで、合わせて十六神である。
羽山戸神が大気都比売神を妻として生んだ神は、若山咋神、若年神、妹若沙那売神、弥豆麻岐神、夏高津日神(夏之売神)、秋毘売神、久久年神、久久紀若室葛根神。

ここで、羽山戸神は山のふもとをつかさどる神。
大気都比売神は食べ物をつかさどる神。

よって、羽山戸神と大気都比売神との間に生まれた八神は、植物(特に稲)の成育を示すと思われる。

その中で、弥豆麻岐神は水撒き神であるから、田に水を引くことの神格化であり、灌漑の神といえる。


日本の神々記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop