市谷亀岡八幡宮の狛犬-2

20171221

所在地:東京都新宿区市谷八幡町15 市谷亀岡八幡宮参道拝殿前
撮影日:2015年10月6日

市谷亀岡八幡宮は、JR市ヶ谷駅から歩いて5分ほどのところにあります。
上り口の石段
171220kameoka01.jpg


市谷亀岡八幡宮については、既に記事があります。

その記事を見る


この神社の参道石段の途中には、享保14年(1729)造立の「はじめ型」狛犬があり、これは既に記事にしています。

更に石段を上がって、上がりきったところに今回の狛犬があります。
171220kameoka02.jpg


年代:文化元年(1804)
材質:石造
型式:宝珠・角型

右側に、阿形獅子。目立たないが頭に宝珠あり。
171220kameoka03.jpg


171220kameoka04.jpg


171220kameoka05.jpg


171220kameoka06.jpg


左側が吽形獅子。頭に角あり。
171220kameoka07.jpg


171220kameoka08.jpg


171220kameoka09.jpg


171220kameoka10.jpg


特徴:
・右は口を開き阿形、たてがみに巻き毛あり獅子。頭に目立たないが宝珠を載せている。
・左は吽形、たてがみに巻き毛あり獅子。頭に角あり。
・たてがみは長く流れて、足の付け根まで伸びている。非常に勢いを感じる。
・耳は横に広げ聞き耳を立てている感じ。目に眉がかぶさり、ほとんど目は見えない。髭も立派。
・牙は目立たないが、阿形は舌をのぞかせ獰猛な感じ。吽形も歯をのぞかせ獰猛な感じ。
・前足はやや前方に直立。後足は蹲踞。
・前足と後足共に筋肉が強調され、爪も大きく、たくましい。脚の毛の表現は控えめ。
・尾は立っていて、根元の三つの巻き毛から勢いよく炎が立つ。途中に二個の大きな巻き毛。


前足と後足共に筋肉が強調され、爪も大きく、たくましい。脚の毛の表現は控えめ。
171220kameoka11.jpg


171220kameoka12.jpg


尾は立っていて、根元の三つの巻き毛から勢いよく炎が立つ。途中に二個の大きな巻き毛。
171220kameoka13.jpg


171220kameoka14.jpg


良い石を使っていて、ほとんど風化や損傷が無いので、とても綺麗であり、たてがみが長い造型により、勢いの良い立派な狛犬です。


狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

来年は戌年で、来年の元旦にブログにupすることを考えて、ここのところ、方々の狛犬を撮影しています。

と言うことで、ここ、先日、新宿御苑に行った後で、新宿御苑より歩いてここに行き、更に、小石川後楽園に行きました。

ここの狛犬、良いですよね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
私も、こんどの年賀状は狛犬の写真を
使いました。
狛犬の表情には、それぞれ変化が
あって楽しいですね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop